オートフォーカスグラスで眼の課題解決を目指すエルシオ、ANRIやわかさ生活らから7,000万円をシード調達

SHARE:
Image credit: Elcyo

液晶レンズを搭載したオートフォーカスグラスを開発するエルシオは25日、シードラウンドで7,000万円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、ANRI、わかさ生活、名前非開示のエンジェル投資家など。

エルシオは、液晶レンズ技術を活用したオートフォーカスグラス(自動でピント調節できるグラス)を開発する大阪大学発のスタートアップだ。オートフォーカスグラスは、眼をセンシングすることでリアルタイムかつ最適な視力補正が可能で、眼病による視力の問題を解決する。

同社はこれまで、NEDO の研究開発型スタートアップ支援事業(NEDO Entrepreneurs Program)の助成を受け、プロトタイプとしてオートフォーカスグラスの開発を進めてきた。今回調達した資金は、量産前製品の制作や次世代技術の開発に着手するために用いられるという。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録