アイデア一文でアプリのプロトタイプ開発が可能に、セコイアやOpenAI重役も支援する「Sutro」

Image credit: Sutro

たった一文でアプリを作ることも夢ではない。

しかし、どんな人気アプリも、ユーザからのフィードバック、市場テスト、機能の最適化などをもとに、少しずつ修正していく必要がある。アプリを他から際立たせるこれら全てのことは、まず作ってみないと始まらない。

だからこそ Sutro は、「アプリのアイデアを一文記述するだけで基本的なプロトタイプを生成できるアプリ開発プラットフォーム」を立ち上げることで、基本的なアプリ機能の開発を効率化し、アプリ開発者の何千時間ものフロントエンド作業を短縮することに価値があると考えている。

Sutro のコンセプトは、OpenAI の幹部や Sequoia Capital などの投資家も魅了し、すでに資金調達に参加している。

アプリケーション開発プロセスを自動化

Sutro は2021年後半に Tomas Halgas 氏と Owen Campbell-Moore 氏によって共同設立された。2人が一緒に起業するのはこれが初めてではなく、2人が作ったグループチャットアプリ「Sphere」を2021年10月に Twitter が買収している。

Sutro のアイデアはシンプルだ。コンパイラ開発と機械学習のバックグラウンドを持つ Halgas 氏は、web サイトを作るのと同じくらい簡単にアプリを作りたかったのだ。

Sutro の共同創業者 Tomas Halgas 氏と Owen Campbell-Moore 氏
Image credit: Sutro

幅広い製品開発の経験を持つ彼らは、テクノロジーが絶え間なく変化しているにもかかわらず、アプリの開発プロセスにはまだまだ改善の余地があると考えている。「技術的な細部を詰めるよりも、開発者は市場との技術製品の差別化にもっと時間を費やし、先に述べたユーザからのフィードバック、市場テスト、機能の最適化に投資すべきだ」と彼らは言う。

「私たちは、R&Dスタッフのためのイネーブラーでありたいのであって、その代わりではありません。Sutro は、人工知能の導入により基本的なアプリ開発時間を自動化し、製品開発経験者が高度な機能の開発に時間を割けるようにします。」(Sutro の公式ブログ)

「Make an App in a Sentence(一文でアプリを構築)」

Sutro は、「GPT-4」などの大規模言語モデル(LLM)をプラットフォームに取り込み、ユーザが希望するアプリを簡単な文章で記述するだけで、iOS、Andriod、Web用の3つのバージョンのアプリを自動的に作成する。

Image credit: Sutro

Sutroは、「GPT-4」などの大規模言語モデル(LLM)をプラットフォームに連携し、プラットフォーム上で独自のコンパイラを起動するためのベースとして使用する。ユーザが希望するアプリケーションを簡単な文章で記述すると、プラットフォームは自動的にiOS、Andriod、ウェブ用の3つのバージョンのアプリケーションを作成する。

LLM の導入は、アプリ開発の初期段階における基本的な機能開発ステップを簡素化することを意図しており、Sutro は単なるコード不要のツール以上のものになることを期待している。ユーザがプラットフォームを通じてアプリを生成する際、Sutro は、ユーザがアプリの外観を変更したり、自由に追加したりできるバックエンドシステムも提供する。

Sutro のアプリ開発プラットフォームは、経験豊富なアプリ開発者の負担を軽減するだけでなく、「ワンセンテンスでアプリを作る」機能により、アプリ開発経験のない多くの企業が同社の製品を使えるようになる。

Sutro のビジネスモデルは、主にプラットフォームソフトウェアのサブスクリプション形式である。現在、企業は公式サイトでウェイティングリストに登録する必要があり、チームメンバーと連絡を取った後、Sutro チームはプロジェクトの規模と複雑さを考慮して企業とカスタマイズ契約を結ぶと、企業にはプラットフォーム利用権が開放される。プログラム開発経験のないスタートアップチームに対しては、Sutro チームも契約内容に基づいて対応するアプリ開発の提案と指導を行う。また、Sutro チームは契約内容に基づき、アプリ開発に関する助言・指導を行う。

Sutro チームは、今回の契約について具体的な契約内容は明らかにしなかったが、サブスクサービスは開発チームを雇う場合の数分の一のコストで済むと潜在顧客に保証している。Sutro の web サイトによると、同チームは設立以来、715人以上のクリエイターを結びつけ、950近いアプリケーションの構築を支援してきたという。

有名テクノロジー企業で経験を積んだ Sutro チーム

ジェネレーティブ AI とコンパイラを組み合わせてアプリ開発システムを作ることは、どのチームでもできることではなく、新しいSutro チームには、X(旧Twitter)、IBM、Uber、Google などのテック大手出身のメンバーがおり、製品開発をサポートする素晴らしいチームがあるのと同様だ。Sutro は有名開発者からも多くのサポートを受けており、950近いアプリの構築を支援してきた。

Sutro チームは、一流のテック企業や専門家からも支援を受けている。2023年3月、チームは OpenAI の製品・パートナーシップ担当副社長 Peter Welinder 氏や Sequoia Caoutal などの投資家から220万米ドルの資金を調達したと発表した。Sutro チームは、誰もが使えるアプリ開発環境を構築し、ソフトウェアエンジニアリングの未来に新たな変化を起こすことを楽しみにしている。

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録