OpenAI混乱の中、競合のAnthropicが「Claude 2.1」を公開

SHARE:
Image credit: Anthropic

大手 AI スタートアップの OpenAI が、Sam Altman(サム・アルトマン)氏の突然の更迭により先行き不透明な状況に直面する中、競合の Anthropic はこの機会を捉え、独自の大規模言語モデル(LLM)「Claude 2.1」をリリースした。

この発表により、Anthropic は安定した代替手段として自らをアピールし、業界のリーダーである OpenAI を取り巻く混乱に乗じている。

OpenAI は今週、同社の理事会が17日に Altman 氏を突然解雇し、従業員のほぼ全員が Altman 氏や他の幹部とともに Microsoft に移籍すると脅したことで動揺している。ChatGPT のローンチで急成長を遂げた OpenAI だけに、このニュースはテック業界に衝撃を与えた。

Anthropic は、主要競合の不安定さを利用しようと躍起になっているようだ。ChatGPT の主要な代替手段の1つである「Claude 2.1」は21日に導入展開を開始し、精度、誠実さ、技術的能力を大幅に改善する。これらのアップグレードは、OpenAI の内部対立を警戒する企業にアピールすることを Anthropic は期待している。

OpenAI の混乱は、安全性や倫理といった問題をめぐる人工知能の分裂の拡大を浮き彫りにしている。OpenAI は、責任ある人工知能(AGI)を開発するために設立されたが、一部の内部関係者は、利益と急成長を追求するために安全性を犠牲にしていると懸念していた。

Anthropic は、AI の安全性に厳格にフォーカスすることで差別化を図っている。Claude 2.1をリリースしたことで、OpenAI の混沌とした権力闘争に比べ、より信頼できる技術であるとアピールできるようになった。

今回の発表は、Anthropic の CEO Dario Amodei 氏による戦略的な動きである。この AI のパイオニアは、自然言語システムを展開する組織にとって、よりドラマの起こりにくい選択肢として自社を宣伝するために、この瞬間を捉えているのだ。

20万トークンのコンテキストウィンドウ

最も重要な進歩は、20万トークンのコンテキストウィンドウで、Claude は最大15万ワード、500ページの長さの文書を処理できる。これにより、コードベース全体、長い財務報告書、研究論文、その他の複雑な文書の分析が可能になる。このような大規模な入力から要約し、重要な洞察を抽出し、質問に答えることは、これまで AI システムでは不可能だった。

Claude 2.1 はまた、幻覚や虚偽の請求の割合を50%削減する。これは、顧客向けアプリケーションに責任ある AI を導入する企業にとって重要な優先事項だ。Anthropicの研究者による評価では、Claude 2.1は事実の質問に対して誤った答えを提供するよりも、不確実性を認める可能性の方が有意に高かった。

Image credit: Anthropic

新しいツール使用機能により、Claude 2.1 は API を介して社内システムと連携し、ナレッジベースを検索することができる。また、ユーザに代わってソフトウェアツールを使ってアクションを起こすこともできる。これは、Claude をビジネスプロセスとの相互運用性を高めることを目的としている。

Claude 2.1では、指定されたタスクを一貫して処理するために、ユーザが Claude への指示をカスタマイズできるシステムプロンプトを導入しています。このチューニング機能は、Claude がユーザのニーズに合わせてパフォーマンスを調整するのに役立つ。

Claude 2.1では、長く複雑なドキュメントの要約と理解が大幅に改善された。Anthropic のテストでは、不正解が30%減少し、文書からの不正確な結論の割合が3-4倍減少した。

Image credit: Anthropic

開発者はまた、Claude が使用するツールのセットを定義することができ、モデルはタスクを完了するために必要なツールを決定する。複雑な数値推論のための電卓の使用から、データベースの検索やウェブ検索APIの使用による質問への回答まで、想定される用途は多岐にわたる。

企業にとって、これらのアップグレードは新たなユースケースと価値の解放を約束する。Claude 2.1は、リリースノート作成や規制分析のようなプロセスを自動化するために、エンジニアリング仕様書、財務書類、ユーザマニュアルのような長い入力を確実に解析できるようになりました。

拡張されたコンテキストウィンドウとツールの連携は、Claude が主要なテーマを要約し、改善を提案するために広範な製品フィードバックをアップロードするような、顧客のための新しいセルフサービス能力を開く。

自然言語 AI を導入しているどの組織にとっても、Claude の精度と誠実さの向上は、より大きな自信につながるはずだ。以前のバージョンと比較して、複雑な企業タスクで具体的に強い精度を示した。

エンタープライズ AI への影響

ChatGPT が OpenAI の年商を数十億米ドルも稼ぐ中、Anthropic はより優れた精度と安全性を誇るモデルでその需要の一部を吸い上げようとしているのは間違いない。そして、今回の騒動で、企業は OpenAI の安定性を疑っているかもしれない。

Claude 2.1のローンチは AI 軍拡競争をエスカレートさせる。Anthropic は、OpenAI の混乱と、この急成長分野で覇権を争う Google や Microsoft のようなテック大手との競争激化の中で、リーダーとしての主張を貫いている。

Anthropic にとって、今回のリリースはこれ以上ないタイミングだ。主要競合が混乱している今、企業が自然言語 AI を業務に連携する際、より信頼できる選択肢を顧客に売り込むことができる。今後数カ月で、企業がこの餌に乗るかどうかが決まるだろう。しかし今のところ、Anthropic は OpenAI の不運をうまく利用できる立場にあるようだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録