中小企業向けパワポ感覚の動画制作を可能にする「STEPVR」

SHARE:
STEPVR 社長で博士の Cheng Guo(郭成)氏
Inage credit: STEPVR

STEPVR によると、動画制作は、インターネットと短編動画の時代において、企業や専門家が情報を伝える上で極めて重要な役割を果たしている。しかし、既存の動画制作プロセスは、面倒でコストと時間がかかることが多く、中小企業には手が届かない。

AI を利用した動画作成ツールは、このような場合に役立つとされているが、課題も残されている。

STEPVR 社長で博士の Cheng Guo(郭成)氏は e27とのメールインタビューで次のように語った。

既存の AI 動画技術は、主に孤立した分野に秀でており、1枚の画像から短いダイナミックなシーンを生成したり、テキストの説明に基づいて創造的な動画を作ったりしている。残念なことに、これらの技術は〝斬新で興味深い〟ものにとどまることが多く、実用的なアプリケーションを見つけるのに苦労しています。

この問題に取り組むため、STEPVR は生成 AI を搭載した動画生成プラットフォームを開発し、企業向けのスライドプレゼンテーションを作成するのと同じくらい簡単に動画制作を行えるようにした。このプラットフォームは、東南アジアの言語で書かれたスクリプトを口頭で表現するデジタルアバターを作成することもできる。

私たちは、ビデオ制作に不可欠な AI 技術の全領域をリバースエンジニアリングし、真に実用的な製品にシームレスに連携することを約束します。他のソリューションとは異なり、当社の AI ビデオ生成ツールは軽量であり、ユーザは PowerPoint プレゼンテーションを作成するような容量で、話し手による説明動画を簡単に作成することができます。

STEPVR は現在、AIプロジェクトに10人のコアメンバーを擁しており、さらにチームを拡大する予定だ。

シンガポールの情報産業大臣 Josephine Teo 氏、Google Cloud 関係者、AI Trailblazers に採択されたスタートアップの皆さん
Image: Google Cloud

同社は、シンガポールのイニシアチブ/アクセラレータ「AI Trailblazers」に採択された。このイニシアチブは、組織の現実世界の課題に対処する生成 AI ソリューションの開発を加速するために設立された、シンガポール初の生成 AI イノベーション・サンドボックスで、シンガポールの国家 AI 戦略を強化するための MCI(情報通信省)、DISG(Digital Industry Singapore)、 Google Cloud の戦略的協力の一環である。

STEPVR の詳細については、以下の Guo Cheng 氏へのインタビューの抜粋を参照してほしい。

製品開発の道のりについて少し教えてください。どのようにしてアイデアやコンセプトを思いついたのですか?

生成 AI 技術が急成長する中、STEPVR は AI 動画ビデオのソリューションを積極的に検討しました。しかし、大規模言語モデル(LLM)の開発には法外なコストがかかるため、チームは重要な気づきを得ました。汎用 AI 動画ツールは、スタートアップや中小企業には不向きな、業界大手が互いにしのぎを削り合う場になっていたのです。STEPVR が成功するためには、ニッチな需要を特定し、商業的実行可能性への道を切り開く必要がありました。

そのとき、チームが PowerPoint を使って製品情報を丹念に整理している中で、画期的なアイデアが浮かびました。同じような手法でプロモーションビデオを作ったらどうだろう? これなら、台本作成、撮影、録音、編集、ポストプロダクション効果といった従来のプロセスを回避でき、生産性が完全に解放されます。

しかもこの需要は、スタートアップ、営業職、経営者、会社員にとって必要なものでした。AI が生成する高品質な動画は、彼らの製品や企業を際立たせる可能性を秘めており、そのようなサービスにお金を払う強い意欲がありました。

STEPVR は驚くほど短期間で、web ベースの AI 動画ツールを確立しました。このツールは、デジタル広報担当者、素材画像や動画、コピーライティング、ロゴ、AI 生成画像などの要素をシームレスに連携し、エンタープライズレベルのプロモーションビデオや自己紹介ビデオの制作に特化しています。

数年後、御社の製品はどのようになっているとお考えですか?

私たちのビジョンは、中小企業や個人のブランディングニーズに純粋に応え、高い評価を得て、将来的に世界的な有料ユーザの基盤を構築することです。同時に、より多くのビデオ制作者の生産性を解放し、より広いコミュニティに価値あるサービスを提供することを目指しています。

ユーザは誰ですか? どのように獲得するのですか?

初期段階では、STEPVR は数百人のユーザベースを持つ中小企業をターゲットにしており、法人顧客とのコラボレーションを通じて初期資金を確保することを目指しています。同時に、個人向け製品の開発を進める計画もあります。

STEPVR の親会社は、メタバース VR、ウェアラブルデバイス、ロボティクスを主な事業としており、世界的な営業チームと顧客とともに数年にわたる経験を蓄積しています。AI 製品ラインでは、STEPVR は既存のチャネルを活用して初期ユーザーベースを獲得する自信があります。

さらに、チームは主要なAIコンペティションやプレゼンテーションに参加し続けます。さらに、国内外のソーシャルメディアプラットフォームにおけるコミュニケーションマトリックスの確立に努め、より多くのユーザに STEPVR の製品を知ってもらい、その影響力を拡大していきます。

ビジネスモデルはどのようなものですか?

私たちは、B2B モデルで事業を開始し、その後、製品ラインを B2C へと発展させることを目指しています。さらなる開発と投資を促進するため、このプロセスを通じて資本注入に前向きです。

世界的に見て、シンガポールは AI の導入に関して最も有望な国のひとつです。ここで活用したい具体的な機会はありますか?

シンガポールは STEPVR の AI 動画製品の海外データセンターとして機能します。この地域はテック産業を助長し、潜在的なユーザの大きなプールを誇っています。チームは最初の市場調査段階で、大きなビジネスチャンスを特定しました。東南アジア諸国の多くの中小企業には、ローカライズされカスタマイズされたAIビデオ生成ツールがありません。

同時に、欧米市場から市販のAIツールを購入するのは困難であることも分かっています。これは STEPVR に大きなビジネスチャンスをもたらします。

ビジネスの成長を支援するパートナーシップの役割とは何ですか?

最近終了した、シンガポール政府と Google の共同イニシアチブ/アクセラレータプログラム「AI Trailblazers」の期間、STEPVR の製品は実質的な支援を受けました。

Google がクラウドコンピューティングサービスを提供し、技術チームから指導を受けることで、STEPVR は製品のユーザ体験を大幅に向上させました。今後、STEPVR はパートナーとの継続的なコラボレーションに尽力し、ユーザに改善されたサービスを提供するために製品を継続的に改良していきます。

2024年の主要計画は何ですか?

2024年までに企業レベルのユーザを100人にすることを目指しています。

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録