元MSエンジニア創業のAI動画スタートアップCaptions、有名VC各社らから6,000万米ドルをシリーズC調達

SHARE:
Image credit: Captions

生成 AI 動画の需要が高まるにつれ、この分野のスタートアップはベンチャーキャピタルから大きな資金を集めている。最近では、RunwayML が大規模な資金調達を行うことが報じられた。そして今回、元マイクロソフトのエンジニア Gaurav Misra 氏が設立した AI 動画スタートアップ Captions がシリーズ C ラウンドで6,000万米ドルの資金を調達した。

2021年に設立された Captions は、ユーザがカメラと直接関わることで「トーキングビデオ」を録画するカメラアプリとしてスタートした。過去1年間で、同社は AI に焦点を移し、ユーザがゼロからアバター付きの動画を作成できるようにした。実質的には、動画クリエイターのための AI 搭載クリエイティブ・スイートとなっている。

Misra 氏は、Index Ventures がリードした今回の投資が、同社を5億米ドルと評価していると述べた。既存投資家の Kleiner Perkins、Sequoia Capital、Andreessen Horowitz、そして新たな投資家である Adobe Ventures、Hubspot Ventures、俳優で歌手の Jaredo Leto 氏(以前は Pika を支援していた)もこのラウンドに参加している。

Captions は、この資金でニューヨークの ML チームを成長させ、新たな生成イノベーションを立ち上げ、AI 動画分野のリーダーとしての地位を確立する。

Captions の AI 動画向け総合スイート

Captions は、ユーザが自分で話し、録音し、編集する必要があった手動動画作成のルーツから、ブランドや個人が高品質の動画を生成するために必要なすべてを提供する、総合的な AI 搭載スイートへと進化した。

このシフトを実現するため、同社はまず、アイコンタクトの修正、話者の言葉を別の言語にダビングする、人間のようなナレーションを実行する、長い動画から短いクリップを作成する(中略)など、さまざまな AI 支援ツールで編集機能を拡張した。

この機能は数百万人のユーザをCaptionsに引き寄せたが、本当のマイルストーンは、今年初めに発表された生成 AI ドリブンの機能「AI Creator」「AI Edit」だった。

「AI Creator」

前者では、ユーザは動画コンテンツにカスタム3D アバターを追加することができ、すべての動画で視聴者に手動で話しかける手間を省くことができた。一方、後者は、カスタムグラフィック、Bロール、トランジション、ズームなど、コンテンツをワンタップで微調整できる機能をユーザに提供した。

Misra 氏はブログ投稿で次のように述べた。

これらの革新的な機能は)クリエイティビティの新時代を促進し、録画や編集に伴う障壁に阻まれていたかもしれない、まったく新しいクリエイターグループに力を与え増ました。

さらに多くのプロジェクトが進行中

AI の賢さは、毎月300万本以上の動画を作成する1,000万人以上のユーザを Captions に引き寄せたが、Misra 氏は、これは同社にとって始まりに過ぎないと言う。

今回の資金調達により、同社は機械学習(ML)チームを拡大し、社内の研究と技術インフラにさらに投資して、動画プラットフォーム向けのAI機能をさらに立ち上げる予定だ。

将来を見据えて、我々はここニューヨークで生成動画研究を進めるために1億米ドルを投資する計画を共有することに興奮しています。我々は、ニューヨークが AI 研究の震源地として浮上していると信じており、ここで世界クラスのチームを構築することを楽しみにしています。(Misra 氏)

Captions が具体的に何を準備しているかはまだ不明だが、既存の機能を倍増させる動きは、同社のスイートをアバターベースの動画を制作するための統一プラットフォームへと強化する可能性がある。これにより、同社は ElevenLabsSynthesia のようなニッチプレーヤーにとって強力な競争相手となる可能性がある。

また、機能強化により、特にソーシャルメディア管理、広告、コンテンツマーケティング、グロースマーケティングに携わる企業にとって、Captions の価値はさらに高まるだろう。

HubSpot Ventures の責任者 Brandon Greer 氏次のように述べた。

Captions は、マーケターが動画を作成し、エンゲージメントを高める方法を変革するユニークな立場にあります。Captionsは、マーケティング担当者が動画を作成し、顧客とエンゲージする方法を変えるユニークな立場にあります。

現在、Captions のプラットフォームを利用している有名ユーザには、ディズニー傘下のスポーツネットワーク「ESPN」、テレビ番組「Shark Tank(編注:アメリカの「マネーの虎」のような番組)」で有名な「Mr. Wonderful」こと Kevin O’Leary 氏、Twitch 創設者 Justin Kan 氏、インフルエンサーの Unnecessary Inventions などがいる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Members

BRIDGEの会員制度「Members」に登録いただくと無料で会員限定の記事が毎月10本までお読みいただけます。また、有料の「Members Plus」の方は記事が全て読めるほか、BRIDGE HOT 100などのコンテンツや会員限定のオンラインイベントにご参加いただけます。
無料で登録する