THE BRIDGE

タグ Flare

バンコク拠点の自動車ラッピング広告運営Flare、スマホとAIで運転者の挙動を可視化する「Flare Analytics」をローンチ

SHARE:

バンコクを拠点に自家用車を活用したラッピング広告ネットワークシステム「Flare Ad(旧名:Flare)」を提供する Flare は12日、スマートフォンと AI を使ってドライバーの挙動を可視化する「Flare Analytics」をローンチした。急加速、急ブレーキ、U ターン、スピード違反など運転動態とドライバーの挙動を判定、クラウド上で管理することが可能となる。 Flare はスマートフォ…

Flare Analytics
Image credit: Flare

バンコクを拠点に自家用車を活用したラッピング広告ネットワークシステム「Flare Ad(旧名:Flare)」を提供する Flare は12日、スマートフォンと AI を使ってドライバーの挙動を可視化する「Flare Analytics」をローンチした。急加速、急ブレーキ、U ターン、スピード違反など運転動態とドライバーの挙動を判定、クラウド上で管理することが可能となる。

Flare はスマートフォンを使って、ラッピング広告を施した自動車が、どの場所をどの時間にどのように走行したかを捕捉する技術を開発している。今回ローンチした Flare Analytics はそれをエンハンスしたものだ。Flare Ad のドライバーの安全運転促進だけでなく、車両管理(Fleet Management)やテレマティクス自動車保険への応用を見込んでいるという。

ローンチから2年余りが経過した Flare Ad を使うドライバーは2万人を超えており、Flare では彼らの運転から得られたデータを AI データ分析・解析を行うことに成功、ドライバーがスマホをケースに固定して車載さえすれば、精緻な値が取得可能なサービスを実現することができたという。

「Flare Analytics」のダッシュボード
Image credit: Flare

タイ国内でも自動車保険を提供する損害保険会社は存在するが、Flare 代表取締役の神谷和輝氏によれば、タイでは日本のように共通のデータベースが無かったり、トップラインを伸ばすために被保険者となるドライバーに構わず保険を販売したりするため、運用状態が良くないのだという。Flare では自社開発、または、他の保険会社との提携でテレマティクス自動車保険の開発に注力する。

自動車管理については、例えば、自動車を使った外回り営業を展開する事業者が、社用車ドライバーの勤怠管理などにも応用できるという。すでに自社でスマホアプリを持っている企業には、Flare Analytics の機能を SDK として提供し、さまざまな事業で活用してもらうことも想定しているそうだ(Flare Analytics for Partners)。

Flare は2017年8月、バンコクを拠点に活躍する連続起業家の神谷和輝氏により創業。KLab Venture Partners、Framgia Holdings、VOYAGE VENTURES などから資金を調達している。累積調達金額は不明。今年5月には、豊田通商のタイ現地法人(以下、豊通現法と略す)から300万バーツ(1,000万円相当)を調達して資本業務提携しており、今後、Flare Analytics に関連する事業でも連携する可能性が見込まれる。

----------[AD]----------

バンコク拠点の自動車ラッピング広告ネットワーク「Flare(フレア)」、VOYAGE VENTURESなどから資金調達——登録ユーザは約15,000人に

SHARE:

バンコクを拠点に自家用車を活用したラッピング広告ネットワークシステム「Flare(フレア)」を提供する Flare は16日、VOYAGE VENTURES やエンジェル複数から資金調達したことを明らかにした。調達金額、および、エンジェル全員の氏名は非開示。調達ラウンドは不明だが、前回のシードラウンドに続くラウンドで、シリーズ A ラウンドではないことから、プレシリーズ A ラウンドに相当するアー…

Flare の広告をラッピングした車
Image credit: Flare

バンコクを拠点に自家用車を活用したラッピング広告ネットワークシステム「Flare(フレア)」を提供する Flare は16日、VOYAGE VENTURES やエンジェル複数から資金調達したことを明らかにした。調達金額、および、エンジェル全員の氏名は非開示。調達ラウンドは不明だが、前回のシードラウンドに続くラウンドで、シリーズ A ラウンドではないことから、プレシリーズ A ラウンドに相当するアーリーラウンドとみられる。

Flare は、連続起業家の神谷和輝氏により2017年8月にローンチ。神谷氏は2013年11月のタイ移住以降、これまでにオンラインのタイ語学校、翻訳・通訳のクラウドソーシング事業、タイのビジネスポータルサイト運営などを手がけてきた。Flare としてはこれまでのエンジェルラウンド、シードラウンドを経て、3度目の資金調達となる。

Flare では自家用車を持つオーナーがモバイルアプリからログインし、広告主が提示しているキャンペーンの中から参加したいものを選択。自分の車と免許証の写真をアップロードして応募すると、ラッピング業者がオーナーのもとまで広告をラッピングしに来てくれる。広告をつけた状態で、その車がどのように道路を走行したかは、アプリを通じて Flare に転送され、オーナーはその距離や経路に応じて収入が得られるというものだ。

2017年8月のローンチ段階で500台とされた登録台数は、サインアップ殺到により一時的に登録を制限したものの、2018年5月に約6,000台、2019年4月現在で登録ドライバー15,000人(登録車数とほぼ同義とみられる)と順調に成長を続けており、登録車数10万台の達成を将来目標に掲げている。Flare を通じてラッピング広告を出稿する広告主は、タイ・外資・日系企業のコスメ、食品、アプリケーション、商業施設など、累積で数十社に上るという。

Flare は先月、タイで自動車販売のほか、スマートリビング、高齢化社会、MaaS(Mobility as a Service)への投資を積極化させつつある豊田通商のタイ現地法人(以下、豊通現法と略す)と資本業務提携している。Bangkok Post の報道によれば、これは豊通現法がタイ国内に持つ自動車販売拠点を活用して Flare を共同キャンペーンすることを意図しており、豊通現法は Flare 現法に対し、300万バーツ(1,000万円相当)をプレシリーズ A 出資したことが明らかになっている(なお、今回発表の出資は、Flare の日本法人に対する出資である)。

Flare では今回調達した資金を使ってプロダクト開発と体制の強化を実施し、自動車ラッピング広告を軸に、自動車オーナーとの接点を活用した事業拡大を行うとしている。

以下は、タイのテレビ局「Channel 5」の番組で放映された、豊通現法と Flare が提携した際の記者会見の様子。

----------[AD]----------

バンコク拠点の自動車ラッピング広告ネットワーク「Flare(フレア)」、KLab Venture PartnersとFramgia Holdingsからシード資金を調達

SHARE:

【15日15時更新】Framgia Holdings に関する説明を修正。 バンコクを拠点に自家用車を活用したラッピング広告ネットワークシステム「Flare(フレア)」を提供する Flare は15日、シードラウンドで KLab Venture Partners と Framgia Holdings から資金調達したことを明らかにした。Framgia Holdings は、日本に拠点を置くシステム…

Flare のチーム
Image credit: Flare

【15日15時更新】Framgia Holdings に関する説明を修正。

バンコクを拠点に自家用車を活用したラッピング広告ネットワークシステム「Flare(フレア)」を提供する Flare は15日、シードラウンドで KLab Venture Partners と Framgia Holdings から資金調達したことを明らかにした。Framgia Holdings は、日本に拠点を置くシステム開発会社フランジア・ジャパンの持株会社のアジア向け投資会社。調達金額は明らかになっていない。Flare は今回得た調達資金により、システム強化や国際展開を実施するとしている。

Flare では自家用車を持つオーナーがモバイルアプリからログインし、広告主が提示しているキャンペーンの中から参加したいものを選択。自分の車と免許証の写真をアップロードして応募すると、ラッピング業者がオーナーのもとまで広告をラッピングしに来てくれる。広告をつけた状態で、その車がどのように道路を走行したかは、アプリを通じて GPS 情報が Flare に転送される。

Flare のラッピング広告をつけた自家用車
Image credit: Flare

キャンペーンには広告主があらかじめ予算を設定しているが、当該の広告をつけた車が交通量の多い週末の大通りを走行すれば予算が多く消費され、逆に交通量の少ない地方では予算が消化されにくいシステムとなっている。広告主はダッシュボードにログインして、予算の消化状態やキャンペーンの進捗状態を確認できるしくみだ。

2017年8月サービスをローンチ後、登録自動車の殺到により一時的な登録制限を実施したものの、その後も順調に成長を続け現在の登録台数は約6,000台。また、Flare を利用する広告主の数も増え続けているそうだ。

<関連記事>

----------[AD]----------

バンコクで活動する連続起業家の神谷和輝氏、乗用車オーナーがラッピング広告でお金を稼げるサービス「Flare(フレア)」を正式ローンチ

SHARE:

バンコクには日本人起業家のコミュニティが存在する。彼らは、自らのスタートアップに傾倒する傍ら、タイと日本のスタートアップ・コミュニティの橋渡しにも余念が無い。神谷和輝氏は、そんなコミュニティで以前からコアとなる存在だ。神谷氏は2013年11月にタイに移住し、2014年5月に Skype で学べるタイ語学校を立ち上げ。その後、翻訳・通訳のクラウドソーシング事業、タイのビジネスポータルサイト運営を経て…

バンコクには日本人起業家のコミュニティが存在する。彼らは、自らのスタートアップに傾倒する傍ら、タイと日本のスタートアップ・コミュニティの橋渡しにも余念が無い。神谷和輝氏は、そんなコミュニティで以前からコアとなる存在だ。神谷氏は2013年11月にタイに移住し、2014年5月に Skype で学べるタイ語学校を立ち上げ。その後、翻訳・通訳のクラウドソーシング事業、タイのビジネスポータルサイト運営を経て、今回新たに立ち上げるのはオンデマンド型のリアルビジネスだ。

神谷和輝氏

神谷氏が運営するバンコク拠点のスタートアップ Flare は14日、自分の車のボディにラッピング広告を貼ることでお金を稼げるサービス「Flare(フレア)」を正式ローンチした。当面はタイ国内でサービスを提供し、事業の成長に合わせ他市場への展開を検討するとしている。

Flare では乗用車を持つオーナーがモバイルアプリ( iOS / Android )からログインし、広告主が提示しているキャンペーンの中から参加したいものを選択。自分の車と免許証の写真をアップロードして応募すると、ラッピング業者がオーナーのもとまで広告をラッピングしに来てくれる。広告をつけた状態で、その車がどのように道路を走行したかは、アプリを通じて GPS 情報が Flare に転送される。キャンペーンには広告主があらかじめ予算を設定しているが、当該の広告をつけた車が交通量の多い週末の大通りを走行すれば予算が多く消費され、逆に交通量の少ない地方では予算が消化されにくいシステムとなっている。広告主はダッシュボードにログインして、予算の消化状態やキャンペーンの進捗状態を確認できるしくみ。

15年位前からBTS(スカイトレイン)や地下鉄が走るようになり、公共交通機関を使うことの多い筆者は、バンコクが渋滞の多い街だと感じることはさほどなかったのだが、オランダのカーナビ会社 TomTom が毎年発表する世界の都市別交通渋滞ランキングでは、バンコクが世界の2位の座に君臨。渋滞を緩和することも大事だが、ここは現状を逆手に取った発想で「世界2位の渋滞都市で、運転中のストレスを軽減できるサービスが欲しい」というアイデアから Flare が生まれたのだそうだ。2017年7月にプレリリースしてからの1ヶ月で、既に500台以上の車が Flare のラッピング広告をつけて走るまでに登録するまでに成長しているそうだ。

キャンペーンラッピングカー その1
キャンペーンラッピングカー その2

さらに興味深いことに、Flare は意外に稼げるのである。平均的に車を運転するユーザだと、Flare から1ヶ月に得られる報酬は3,000バーツ〜5,000バーツ(1万円〜1.6万円程度)。タイの1人あたり月間 GDP は490ドル程度(5.4万円)なので、実に月の平均報酬の5分の1〜4分の1が稼げてしまう計算だ。この金額は、タイでアパートに相応の住居で暮らすのに十分な1ヶ月の家賃に相当し、車の維持費に充当してもお釣りがきてしまうほどのものだ。Flare を使えば、市民が本業を日常通りこなしつつ、追加の労力無しで生活を豊かにすることができるわけだ。

今は、Grab や UberX のドライバーもうちのアプリを利用しています。今後は、乗用車だけでなく、トゥクトゥクやバイタク(バイクタクシー)版もリリースしていきます!(神谷氏)

広告主向けのダッシュボード

世界を見てみると、Flare と似たようなサービスは、いくつか存在する。アメリカの10都市でサービス展開する Wrapify、デラウェア州最大の都市ウィルミントンを拠点に展開する Carvertise、インドネシア・ジャカルタを中心に展開する Sti-car などだ。タイ国内には今のところ競合は存在しないが、Grab や Uber などのカーシェアリング大手が、ドライバーへの追加的収入源の提供を意図して、同様のサービスを始める可能性は否めない。Flare がどれくらい市場を先取りできるかが見ものだ。

Flare はエンジェルラウンドで、日本人エンジェル投資家数名から資金調達を実施しているが、タイのスタートアップは、国内市場規模から言って、タイ国外のアジア諸国にサービス拡大することはデフォルトのコースなので、Flare が市場拡大のために追加の資金調達を実施するのはそう遠くない将来のことだろう。現状、ラッピング広告の掲出先はタイ国内を走行する乗用車が対象となるが、Flare ではタイ国内向けにサービスを営業展開している日本企業からも、積極的に広告出稿を募っていきたいとしている。

----------[AD]----------

簡単お手軽で安価だが、高機能なホームセキュリティシステム「Flare」

SHARE:

ホームセキュリティシステムと聞くと、導入には大がかりな設置作業や、たいそうな金額がかかってしまう…というイメージは、大きく間違ってはいないだろう。ところがこの「Flare」は、そうしたホームセキュリティシステムのイメージを覆してしまうほど、簡単かつ安価に導入ができるという。 「Flare」の導入は非常にシンプルで、本体を壁に取り付け、スマートフォンに「BuddyGuardアプリ」をインストールし、…

6cee6be4d8cd9329271831c9dc4ab2ee_original

ホームセキュリティシステムと聞くと、導入には大がかりな設置作業や、たいそうな金額がかかってしまう…というイメージは、大きく間違ってはいないだろう。ところがこの「Flare」は、そうしたホームセキュリティシステムのイメージを覆してしまうほど、簡単かつ安価に導入ができるという。

3cffadb918e4c7edc58716b8bb2b19e0_original

「Flare」の導入は非常にシンプルで、本体を壁に取り付け、スマートフォンに「BuddyGuardアプリ」をインストールし、連携させるだけ。あとはスマホの機能とFlareの機能が連携して、様々な機能を発揮してくれる。

具体的には顔認証/記録用のHDカメラ、動きを感知する赤外線センサー、セキュリティ危機への驚異を感知する加速度センサー、部屋の状況を監視する温度センサー、人がいるように振る舞うためのスピーカー、アラーム用のサイレン、バックアップ用の電池、そしてクラウドやスマートフォンと通信する機能などが備えられている。

f5e28e7c0c016714fc6002bd44e0d3b5_original

本人認証に関しては顔認識、音声認識を採用している。スマートフォンのGPSと連動し自動で不在を感知してセキュリティをかける機能や、ペットを家族と誤認しない機能なども備えており、すぐに想像できそうなセキュリティ機能は全て入っていると言えそうだ。

ユニークなことに、IFTTT のレシピにも対応していて、各人が好きなデバイスとの連携を生み出す余地が提供されている。本ガジェットは Kickstarter にてすでにプロジェクトを達成。年末の出荷を予定しており、小売価格は245ユーロとされている。

----------[AD]----------