THE BRIDGE

タグ Honda

3Dプリンターでホンダの「ものづくり」を体験、ホンダコンセプトカーの3Dデータをクリエイティブ・コモンズ 4.0のライセンスで公開

SHARE:

ホンダが、これまでに発表したコンセプトカーの外観デザインの3Dデータを「クリエイティブ・コモンズ 4.0」のライセンスをつけて特設Webサイト「Honda 3D Design Archives」で公開した。 この特設Webサイトからデータをダウンロードできるようになり、近年普及が進んでいる家庭用3Dプリンターを用いて簡単に、ホンダの歴代のコンセプトモデルをプリントすることが可能になる。ホンダがこれ…


honda-3d

ホンダが、これまでに発表したコンセプトカーの外観デザインの3Dデータを「クリエイティブ・コモンズ 4.0」のライセンスをつけて特設Webサイト「Honda 3D Design Archives」で公開した

この特設Webサイトからデータをダウンロードできるようになり、近年普及が進んでいる家庭用3Dプリンターを用いて簡単に、ホンダの歴代のコンセプトモデルをプリントすることが可能になる。ホンダがこれまで実施してきた「ものづくり」を疑似体験することができるというわけだ。

公開されている3Dデータ
公開されている3Dデータ

この3Dデータは「クリエイティブ・コモンズ 4.0」という新しい著作権基準に基づいて公開されている。「クリエイティブ・コモンズ 4.0」は、著作権のライセンスを策定する非営利団体Creative Commons(CC)が、昨年の11月25日に公開した最新のライセンス。

ホンダは、同社のリリースにおいて以下のようにコメントしている。

家庭用3Dプリンターの低価格化や技術革新などにより、社会における「ものづくり」の在り方は根本的に変化しつつあります。こうした背景のなか、Hondaは、従来の「メーカー」と「ユーザー」という枠組みを超えた新しいコミュニケーションの在り方を目指し、このプロジェクトを企画しました。(中略)このプロジェクトに触発されて、ユーザーのなかから、優れた未来の自動車デザイナーやエンジニアが生まれてくることを願っています。

先日本誌では、オープンソースフレームワークを活用して自動車を組み立てることが可能な、OSVehicleを紹介した。今回、ホンダがとったアクションはOSVehicleのような事例と、見ている世界は近いのではないだろうか。

ホンダは現在、ホンダのユニークな「ものづくり」への取り組み姿勢や思想を社内外で展開する、新しいグローバル・ブランディング・プロジェクトを推進している。Honda 3D Design Archivesは、2013年の東京モーターショーのプレスコンファレンスにおけるオープニング映像として公開されたブランドCM「Super ultra daydreams」に続く、このプロジェクトの第二弾。



----------[AD]----------

ホンダのショートムービー・アプリ「RoadMovies」がダウンロード数300万件を突破

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 8月にホンダのモバイルビデオアプリ「RoadMovies」を取り上げたが、その時点では日本の写真アプリカテゴリで、このアプリはダウンロード数一位だった。それ以降もこのアプリは、日本のみならず韓国でも躍進を続け、韓国では常に写真アプリトップ5にランクインしている。 日経ビジネスによると、RoadMovies は先頃、ダ…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

honda-roadmovies-icon8月にホンダのモバイルビデオアプリ「RoadMovies」を取り上げたが、その時点では日本の写真アプリカテゴリで、このアプリはダウンロード数一位だった。それ以降もこのアプリは、日本のみならず韓国でも躍進を続け、韓国では常に写真アプリトップ5にランクインしている。

日経ビジネスによると、RoadMovies は先頃、ダウンロード数300万件を突破したと発表した。個人的にも私はこのアプリのファンで、よく使っている。ホンダはこのアプリで、人々が道路を運転するビデオをダイジェストしてもらうつもりだったようだが、実際には多目的で利用されているようだ。例えば、私は自身の子供のショートムービーを撮影するのに使っている。

このアプリの機能を要約すると、短いビデオクリップを多数録画し、それを集め、フィルターや権利フリーのBGMをつけて、24秒間の動画を作成できる、というものだ。以下のサンプル動画のように(YouTube から)、出来上がりはレトロで、楽しいものになる。

RoadMovies を試したければ、AppStore から無料でダウンロードできる。

----------[AD]----------

ホンダがジャカルタで交通渋滞を緩和するアプリのテストを開始

SHARE:

日本の自動車メーカーホンダが、先日インドネシアでのAndroidアプリのトライアル版のテストを開始した。これは同国で問題となっている交通渋滞を減らすことを目指したアプリだ。同社はジャカルタ警官や、現地でのホンダ職員を含め100人に同アプリを配布した。ホンダは公道での3ヶ月間のテストの後、フィードバックを集める。 ジャカルタは経済と車利用が急速に伸びたことにより起きた交通渋滞のひどさで知られている。…

honda_trafficapp

日本の自動車メーカーホンダが、先日インドネシアでのAndroidアプリのトライアル版のテストを開始した。これは同国で問題となっている交通渋滞を減らすことを目指したアプリだ。同社はジャカルタ警官や、現地でのホンダ職員を含め100人に同アプリを配布した。ホンダは公道での3ヶ月間のテストの後、フィードバックを集める。

ジャカルタは経済と車利用が急速に伸びたことにより起きた交通渋滞のひどさで知られている。このトライアルより以前、ホンダはインドネシアの高速道路を普段走行している14車にアプリを搭載し、2012年の9月から2013年の2月までテストを実施した。このテストでは、交通状況を改善するための良い結果が得られ、いくつかのケースでは交通渋滞を6分軽減するポテンシャルがあることがわかった。

本田技術研究所四輪R&Dセンターでプロジェクトリーダーを務める越膳孝方氏は、このように語っている。

このアプリはドライバーに急な加速や減速をしなくて済むようにし、それゆえ他のドライバーが同じくらいの速度で運転することを可能にすることで、交通状況を改善します。

車の流れを改善することにより、このアプリ機能を使って運転すると、20%以上の燃料消費を抑えることができる。ジャカルタ警察は、このアプリにより多くの人々がよりよいマナーで運転するようになることも期待している。ホンダは、このアプリをインターナビというカーナビゲーションと統合することも視野に入れている。

(Via Nikkei IT Pro)

【原文】

----------[AD]----------