BRIDGE

タグ Intel Capital

組込み向けディープラーニングソリューション開発のLeapMind、シリーズBラウンドでインテルキャピタルなどから11.5億円を調達

SHARE:

19日(日本時間20日)にインテルキャピタルが発表したニュースリリースによると、ディープラーニング技術を活用した企業向けのソリューションを提供する LeapMind は、シリーズ B ラウンドで約11.5億円を調達したことが明らかになった。このラウンドをリードしたのはインテルキャピタルで、GMO Venture Partners、NTT データ(東証:9613)、イノベーティブ・ベンチャー(NEC…

11日に東京で開催された Intel FPGA Technology Day で。左が創業者で CEO の松田総一氏
Image credit: LeapMind

19日(日本時間20日)にインテルキャピタルが発表したニュースリリースによると、ディープラーニング技術を活用した企業向けのソリューションを提供する LeapMind は、シリーズ B ラウンドで約11.5億円を調達したことが明らかになった。このラウンドをリードしたのはインテルキャピタルで、GMO Venture Partners、NTT データ(東証:9613)、イノベーティブ・ベンチャー(NEC キャピタルソリューションと SMBC ベンチャーキャピタルによるファンド)、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、孫泰蔵氏がチェアマンを務める Visionnaire Ventures、アーキタイプベンチャーズの7つの企業およびファンド。

LeapMind にとって、今回の調達は3.4億円を調達した昨年8月のシリーズ A ラウンドに続くものだ。伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、Visionnaire Ventures、アーキタイプベンチャーズはシリーズ A ラウンドに参加しており、今回のシリーズ B ラウンドで2度目の出資参加となる。

LeapMind が開発するソフトウェア/ハードウェア技術
Image credit: LeapMind

LeapMind は2012年12月、松田総一氏らにより設立(設立時の名前は AddQuality)。エッジコンピューティングに必要不可欠な、組込み向けのディープラーニングソリューション「JUIZ(ジュイス)」を開発しているほか、今年8月にはエッジコンピューティング向けディープラーニング開発環境「Blackstar(ブラックスター)SDK」をリリースしている。

AddQuality の時代には画像認識して類似商品を検索する「Ingram」で KDDI ∞ Labo の第7期に採択、LeapMind に社名改称後も、今年2月には世界的半導体メーカー NVIDIA のスタートアップ支援プログラム「Inception Program」のパートナー企業に選ばれたほか、EY Innovative Startup 2017 の AI 部門に採択された。

LeapMind では今回調達した資金を、ソフトウェアとハードウェアの両領域におけるソリューションの研究開発、世界中からの従業員の雇用、海外を含めた事業開発や営業基盤の拡大に充当するとしている。

----------[AD]----------

B2BマーケットプレイスのIndiaMART、シリーズCでAmadeus Capitalらから資金調達

SHARE:

オンライン B2B マーケットプレイスのトップ企業としてバイヤーとサプライヤーを結び付けている IndiaMART が Amadeus Capital 主導による額面非公開のシリーズ C ラウンドで資金を調達した。 共同投資を行ったのは、Westbridge Capital、Accion Frontier Inclusion Fund(Quona Capital 傘下)、そして以前から同社に出資し…

f0e3d26f3f240ff650628dc1782139e9

オンライン B2B マーケットプレイスのトップ企業としてバイヤーとサプライヤーを結び付けている IndiaMARTAmadeus Capital 主導による額面非公開のシリーズ C ラウンドで資金を調達した。

共同投資を行ったのは、Westbridge Capital、Accion Frontier Inclusion Fund(Quona Capital 傘下)、そして以前から同社に出資している Intel Capital である。

IndiaMART はこの資金を、同社のビジネス用品及びサプライ向け e コマースである Tolexo 等の成長のために活用する予定である。

IndiaMART の設立者兼 CEO である Dinesh Agarwal 氏はこう語る。

インドの中小零細企業には、IndiaMART を通して購買業務を統合する大企業のバイヤーと同じくらい、未開拓の巨大なビジネス機会が眠っています。インドでは特にそうですが、インターネットの導入が後手に回っている B2B 業界は、世界的に見ても大きなビジネスチャンスです。インドの B2B セクター自体は2020年までに2.5倍に成長し、7,000億米ドルに達するとみられています。社会的、政治的そして環境保護に向けての後押しを生かして、ここ数年のうちに中小企業はさらに躍進するとみています。

1996年に設立された IndiaMART は、中小企業、大企業、または個人も含めたバイヤーに購買プラットフォームを提供することに注力している。バイヤーはより大規模のマーケットプレイスで、より広範囲の品揃えから高品質の製品を選ぶことができ、ここでのワンストップショッピングはバイヤーのすべての個別ニーズに応えることができる。

同社が提供するプラットフォームとツールにより、2,400万人のバイヤーが、3,000万以上の製品を検索し、210万以上のサプライヤーとつながることができる。IndiaMART によれば、63%以上のトラフィックがAndroid、iOS、Windows、BlackBerry といったモバイルアプリからであるという。

同社にはインド国内60近くのオフィスに3,000人以上の従業員がいる。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

2014年1Qで最も積極的に活動したCVCとは

SHARE:

Image by Flickr <ピックアップ> The Most Active Corporate Venture Capital Investors in Q1 2014 海外でも活動が積極的になっているCVC(=Corporate Venture Capital)ですが、2014年1Qでは合計で約30億ドルの投資がCVCにより実行されたようです。 CB insightsのレポート…

7408506410_715acb5f6f_z

Image by Flickr

<ピックアップ> The Most Active Corporate Venture Capital Investors in Q1 2014

海外でも活動が積極的になっているCVC(=Corporate Venture Capital)ですが、2014年1Qでは合計で約30億ドルの投資がCVCにより実行されたようです。

CB insightsのレポートによると、2014年1Qで最も活発に投資したCVCはGoogle Venturesで、2位はIntel Capital、3位は三井物産グローバル投資とのこと。さらにSAP Ventures、Cisco Investmentと名だたる大企業のCVCが続きます。三井物産グローバル投資はエネルギー寄りで投資領域が他社と若干異なりますが、こういったランキングに日本企業が食い込んでいると少し嬉しくなりますね。

via CB insights【G翻】

----------[AD]----------