タグ Sequoia Capital(セコイアキャピタル)

インドネシアのTokopediaはいかにして第2のAlibaba(阿里巴巴)になれるか?

SHARE:

昨日Tokopediaはインドネシアのスタートアップ史上最大の資金調達ラウンドの記録を樹立し、人々を驚かせた。ソフトバンクとSequoia Capitalから1億米ドルの資金を調達したというニュースが発表された直後、ジャカルタのソーシャルメディアはこぞってTokopediaに問い合わせやコメントを求め、同社にスポットライトが浴びせられた。 しかしこのビッグニュースには憶測の余地があり、インドネシア…

william-tokopedia

昨日Tokopediaはインドネシアのスタートアップ史上最大の資金調達ラウンドの記録を樹立し、人々を驚かせた。ソフトバンクとSequoia Capitalから1億米ドルの資金を調達したというニュースが発表された直後、ジャカルタのソーシャルメディアはこぞってTokopediaに問い合わせやコメントを求め、同社にスポットライトが浴びせられた。

しかしこのビッグニュースには憶測の余地があり、インドネシアのテックシーンが直ちに確実に自問することが2つある。まず、これはインドネシアのインターネット市場が中国やインドに匹敵する成長を見せることを意味するのか。次に、ソフトバンクとSequoiaの目的は、Alibaba(阿里巴巴)のサクセスストーリーをTokopediaになぞらせようとしているのかという点だ。その問いに答えるには、いくつか検討するべき点がある。

Tokopediaのビジネスモデル多様化の可能性

現時点では、Tokopediaのビシネスモデルはコンシューマー・ツー・コンシューマー(C2C)に限られている。つまり一般消費者間の物品を売買するマーケットプレイスだ。これはEbayを抜き中国一のeコマースサイトとなったAlibabaのTaobao(淘宝)と同様のモデルだ。しかしAlibabaは、数年後には中規模ビシネスや有名ブランドに対しTmall(天猫)のローンチによってバーチャルストアをオープンできるようにし、ビシネス・ツー・コンシューマー(B2C)市場にビシネス領域を多様化させた。

B2Cのeコマースショップには間違いなく未来がある。私たちの多くは大企業や有名ブランドから物を買うからだ。このことはC2Cのショップのマーケットは最終的にニッチなサイズにまで縮小するということを意味しており、ちょうど先進国でのショッピングモール対家族経営の小規模店舗の関係に似ている。この現象は、すでに非常に成熟したeコマースマーケットである中国で起きている。Tmallの成長によってTaobaoが縮小しているのだ。B2Cサイトは、バーチャルショップのためにこのような開放的なプラットフォームを運営するeコマースサイトがより多くの売上、強力な収益力を得られるということを示しているとも言える。

短期的には、Tokopediaはインドネシア版Taobaoの座を狙えるだろう。Alexaは昨年、最も訪問されたウェブサイト世界トップ10の中にTaobaoの名を挙げた。数百万におよぶTaobaoの販売店が、7億6000万点の商品リストを公開した後のことだった。

しかし、TokopediaのCEO、William Tanuwijaya氏は自身のビジョンに従って会社の多角化を進め、できるだけ多くのバイヤーの役に立つよう開放したいようだ。結局、AlibabaのJack Ma(馬雲)氏に触発されたことで、TokopediaのマーケットプレイスにB2C(そしておそらくはB2B)オプションを組み込むか、あるいは企業向けに(Tmallのような)スピンオフサイトを立ち上げる、ということなのかもしれない。

jack_ma

Tokopediaのグローバル展望

インドネシアは、2億5,000万人の人口を持つ世界第4位の人口大国で、インターネット普及率は20%程度である。Financial Timesによれば、群島からなるこの国におけるeコマースの売上は年に10~30億米ドルにおよぶと見積もられている。また同紙は、オンラインでの消費額は2015年末までに100億米ドルに達すると予測している(この予測についてはTokopediaが以前に公表していた)。それによれば、インドネシアのeコマース市場規模は急速に成長し、投資家にとってはアジアでもっとも有望な投資先になるとしている。このデータは非常に興味深いのだが、まずはインドネシアの市場を中国、インドのものと比べてみよう。

中国市場はその膨大な人口の47%にインターネットが普及している。中国のeコマース消費額は2015年までにAlibabaのTmallやAmazonといったサイトだけで3600億米ドルに達すると予想されている。KPMGは2020年には中国のローカルeコマース市場がアメリカ、イギリス、日本、ドイツ、そしてフランスを全て足し合わたものよりも大きくなると予想している。

インドの人口は12億人強で世界第2位である。インターネット普及率は現在約20%だ。eコマース市場は来年200億米ドルに達する予定で、これは同国の2013年の統計のほぼ倍である。KPMGとInternet and Mobile Association of India共同報告書によると、インドのeコマース市場は2020年までに500~700億米ドル程度になると予想されている。

インドネシアのローカル市場は相当の規模があるが、TokopediaがAlibabaやAmazonと肩を並べようと望むのなら自国以外の市場へ浸透するグローバル戦略を策定する必要がある。インドに拠点を置くSequoia Capitalと日本のソフトバンクをパートナーとして持つことはTokopediaにとって戦略的なアドバンテージである。なぜなら同社は新しい市場に進出し近隣諸国の規制を紐解くにあたって必ず手助けが必要だからだ。

desktop-product-directory-720x532

Sequoiaとソフトバンクがもたらす戦略的価値

SequoiaにとってTokopediaへの投資はインドネシア市場で最初のものとなった。

インドSequoiaのマネージングディレクターを務めるShailendra Singh氏は、声明の中で提携への熱意とSequoiaのインドネシア市場への参入への期待感を語った。Sequoiaは、Steve Jobs氏、PayPal創業者のほぼ全員、GoogleのLarry Page氏、YahooのDavid Filo氏とJerry Yang氏をはじめ、数多くの世界有数の起業家たちとの緊密な関係を高く評価されている。

eコマース業界でソフトバンクやSequoiaほどグローバルにリスクをとった勝負をかけられる企業を探すのは難しいだろう。Tanuwijaya氏は賢明に投資家を選んだのだ。Tanuwijaya氏はTech in Asiaに対して、Tokopediaが投資家を選ぶことができたのは幸運なことであったと語った。だが、1億米ドルの投資という点を差し引いても、Tokopediaは今Alibabaのような軌跡をたどる理想的なポジションにあると言える。これは注目に値することだ。ジャカルタ発の巨大企業が、インドネシア市場は見掛け倒しだという声を一蹴しようとしているのだ。

softbank-720x406

Tokopediaの今後にとって鍵となるのは、ソフトバンクとSequoiaがともにAlibabaの起業当初から投資したということだ。Jack Ma氏に対する敬意を公言しているTanuwijaya氏はこう語った。「ソフトバンクとAlibaba間の緊密な関係と、両社がもつ世界で最も高い評価を受けるeコマース市場を構築した経験はTokopediaにとって計り知れないものになるでしょう」。

なぜSequoia Capitalが特にTokopediaにとって有利かを尋ねたところ、Tanuwijaya氏はApple、Yahoo、Google、Linkedin、Zappos、Airbnb、WhatsAppそしてInstagramの全てが世界クラスのプロダクトを届け、時代を築いてきたと説明する。彼らは、初期段階当時Sequoiaに支援されたからだ。

Tech in AsiaはTanuwijaya氏の意見に同調したい。新たに手を組んだこの3社がインドネシアのインターネット市場を成長させる起爆剤になるか、証明してくれることだろう。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia
【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


インドネシア史上最大の資金調達——ソフトバンクとSequoiaが、マーケットプレイスTokopediaに1億ドルを出資

SHARE:

公の記録としては、インドネシアのスタートアップにとって、史上最大の調達になると思われるが、オンライン・マーケットプレイスのスタートアップ Tokopedia は、約1億ドルの資金調達を行ったと発表した。日本のソフトバンク・インターネット・アンド・メディア(SIMI)がリード・インベスターを務めた。Sequoia Capital もこのラウンドに参加した。今回の出資に伴い、ソフトバンクと Sequo…

tokopedia-softbank-sequoia

公の記録としては、インドネシアのスタートアップにとって、史上最大の調達になると思われるが、オンライン・マーケットプレイスのスタートアップ Tokopedia は、約1億ドルの資金調達を行ったと発表した。日本のソフトバンク・インターネット・アンド・メディア(SIMI)がリード・インベスターを務めた。Sequoia Capital もこのラウンドに参加した。今回の出資に伴い、ソフトバンクと Sequoia Capital は役員を Tokopedia に派遣する。今回の出資は、Sequoia Capital にとっては、インドネシアで初の投資となるものだ。

2009年に創業した Tokopedia は急速に成長を遂げ、インドネシア最大のオンライン・マーケットプレイスの一つになった。今回の投資を受けて、Tokopedia は顧客獲得、人員雇用、インドネシア市場でのポジションを強化する対策に注力するとしている。インドネシアでナンバーワンのオンライン・マーケットプレイスになったとされる。

Tokopedia との提携を受けて、ソフトバンクは東南アジアにおいて、インターネット企業への投資会社としての認知を上げ、成長を加速させたいとしている。

Tokopedia の CEO William Tanuwijaya 氏は、ステートメントの中で次のように述べている。

SIMI と Sequoia Capital を新しい株主に迎えられてうれしい。今回の調達を受けて、Tokopedia はベストチームを作り、店舗を支援し、ユーザにベストな買い物体験を届けられる世界クラスの技術が開発できるリソースが整えられるようになる。我々は常にユーザを重視し、ユーザがよりよい体験を得られるよう注力している。これこそが、我々のビジネスモデルにおいて、最も重要な部分だ。

ソフトバンクのバイスチェアマンで SIMI の CEO である Nikesh Arora 氏は、次のように付け加えた。

Tokopedia と密接に協働できることをうれしく思う。アジアでは、オンライン・マーケットプレイスが成長する可能性は、特にインドネシアで際立っている。創業以来、Tokopedia はイノベイティブなビジネスモデルで、注目に値する成長を見せてきた。

東南アジアは、スタートアップや海外の投資家にとって、活気に満ちた地域となっている。マレーシアの GrabTaxi は昨日、アメリカの Tiger Global Management のリードにより、6,500万ドルの調達を発表した。ソフトバンクは初期のAlibaba(阿里巴巴)にも投資をしている。

2009年の創業以降、Tokopedia はインドネシアのEコマース・リーダーとしての地位を確実なものにしてきた。営業開始4年目で、毎月約1,000万人のユーザがサイトを訪れ、これまでに販売した製品数は2,400万個に上る。今回の投資は、2014年12月中旬にクローズする予定だ。

【via Tech in Asia】@TechinAsia

【原文】


10月22日更新:ある読者から、海外の投資家がインドネシアの地元小売業への投資を規制する Negative Investment List が、今回の投資に影響を与えたのかどうかを尋ねるツイートを受けとった。William Tanuwijaya によれば、Tokopedia はオンライン小売には分類されておらず、ウェブポータルに分類されているため、この規制対象にはならないとのことだ。同氏によれば、Tokopedia は在庫の確保や直販をしていない。Tokopedia のマーケットプレイスのビジネスモデルは、地元の小売店やバイヤーを消費者につなぐ形となっている。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


YC出身のデータプラットフォームComprehend Systems、Sequoia Capitalらから2100万ドル調達

SHARE:

<ピックアップ> Comprehend Systems raises $21M for clinical-trials data platform ビッグデータプラットフォームComprehend Systemsが8月18日、Lightspeed Venture Partnersをリードインベスターに、2100万ドルの資金を調達しました。 医療機器や製薬企業、医療系スタートアップが医療サービスを提…

Comprehend Systems

<ピックアップ> Comprehend Systems raises $21M for clinical-trials data platform

ビッグデータプラットフォームComprehend Systemsが8月18日、Lightspeed Venture Partnersをリードインベスターに、2100万ドルの資金を調達しました。

医療機器や製薬企業、医療系スタートアップが医療サービスを提供するには、FDAの承認を得る為に臨床試験が必要です。Comprehend Systemsは、企業がプロダクトを臨床試験する際の情報管理を綺麗に整理できるプラットフォームを提供しています。

今回の調達には2013年のシリーズAでも出資した、Sequoia Capitalも参加。CrunchBaseによると、同社は2010年創業、2011年のシードにはY CombinatorやSV AngelといったVCと、Yuri MIlner氏などの個人投資家から資金調達を実施。今回で三度目の資金調達となり、総額3060万ドル調達したことになります。

via VentureBeat

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


院内システムのAirStrip、セコイアキャピタルらから2500万ドル調達

SHARE:

<ピックアップ>AirStrip raises $25 million from West Health, Dignity Health and more 病院内のリアルタイム医療を実現するAirStrip社が8月26日、Gary and Mary West Health Investment Fundのリードで2600万ドルの資金調達を実施しました。これまでにもAirStripに出資している、セ…

airstrip

<ピックアップ>AirStrip raises $25 million from West Health, Dignity Health and more

病院内のリアルタイム医療を実現するAirStrip社が8月26日、Gary and Mary West Health Investment Fundのリードで2600万ドルの資金調達を実施しました。これまでにもAirStripに出資している、セコイアキャピタルとWellcome Trustも今回のラウンドに参加しています。CrunchBaseによると、AirStripeは2010年、セコイアキャピタルからシードで3000万ドル調達しています。

AirStripが提供する病院内システムは、医師や看護師がスマートフォンやタブレットからリアルタイムに患者のバイタルデータをモニタリングできたり、電子カルテにもアクセスできるというもの。今回の調達で、患者が退院した後の、在宅医療におけるサービスを展開する計画とのことです。

via MobiHealth News

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


次の10億ドル企業の見つけ方:セコイアキャピタルが切り取るモバイル業界の「断面図」

SHARE:

<ピックアップ> For Sequoia Capital, ‘mobile tectonics’ is how it’ll find its next billion dollar company 老舗VCのセコイアキャピタルが「Mobile Tectonics」と題するモバイル業界を分かりやすく整理したインフォグラフィックを発表しています。 インフォグラフィックは大きく3階層で構成さ…

mobile tectonics

<ピックアップ> For Sequoia Capital, ‘mobile tectonics’ is how it’ll find its next billion dollar company

老舗VCのセコイアキャピタルが「Mobile Tectonics」と題するモバイル業界を分かりやすく整理したインフォグラフィックを発表しています。

インフォグラフィックは大きく3階層で構成され、ユーザーから距離が最も遠い最下層としてOSやネットワーク等インフラのレイヤ、その上がアドネットワーク、ゲームエンジン、アクセス解析ツール、決済サービス等の主に開発者が利用するサービスのレイヤ、最上層がカテゴリごとのコンシューマ向けアプリといった構成になっています。

この図はセコイアキャピタルにて10億ドルビジネスのチャンスを見つけ出すために利用しているとのこと。今後登場するモバイル系スタートアップも、こんな視点で誰に何を提供するサービスなのかを自分なりに整理してみるのもよいかもしれません。

via VentureBeat【G翻訳】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


アプリケーションの利用状況が分析できる開発者向けプラットフォームKeen IOがセコイア・キャピタルなどから1,130万ドル調達

SHARE:

<ピックアップ> Custom Analytics Startup Keen IO Raises $11.3M Round From Sequoia And Others データ分析プラットフォームのKeen IOがシリーズAでセコイア・キャピタルなどから1,130万ドルを調達しました。開発者はイベントのログなどをKeen IOに格納し、プラットフォームでビジュアライズすることで直感的…

Keen_IO_-_Analytics_for_Developers

<ピックアップ> Custom Analytics Startup Keen IO Raises $11.3M Round From Sequoia And Others

データ分析プラットフォームのKeen IOがシリーズAでセコイア・キャピタルなどから1,130万ドルを調達しました。開発者はイベントのログなどをKeen IOに格納し、プラットフォームでビジュアライズすることで直感的に自分たちのアプリケーションの分析をおこなうことができます。

CEOであるWild氏のブログ投稿によると、取り扱うデータ量が直近1年間で300%増加したとのこと。調達した資金はマーケティングとプロダクトの開発費用に当てられるようです。

via TechCrunch【G翻訳】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


クロス・スクリーン広告テクノロジーのAppierがセコイヤ・キャピタルから600万ドルを調達

SHARE:

<ピックアップ> Cross-Screen Ad Tech Startup Appier Raises $6M Series A From Sequoia Capital クロス・スクリーン広告テクノロジーのAppierがセコイヤ・キャピタルから600万ドル(100円換算で6億円)を調達しました。「クロス・スクリーン」と聞くとなかなか馴染みがないですが、要はスマートフォンやタブレット、…

Appier-Welcome_to_Appier

<ピックアップ> Cross-Screen Ad Tech Startup Appier Raises $6M Series A From Sequoia Capital

クロス・スクリーン広告テクノロジーのAppierがセコイヤ・キャピタルから600万ドル(100円換算で6億円)を調達しました。「クロス・スクリーン」と聞くとなかなか馴染みがないですが、要はスマートフォンやタブレット、PCにウェアラブルと多様化する「スクリーン」に対してワンストップで広告配信しましょう、というものだそうです。アドテクもデバイスの多様化に合わせて進化している、ということですね。台北拠点でシンガポールとサンフランシスコにオフィスを構えるそうです。

via TechCrunch 【G翻訳】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


ID管理サービスのOktaがSequoia Capitalなどから7,500万ドル調達

SHARE:

<ピックアップ> Sequoia to Lead $75 Million Round for Cloud Software Startup Okta SFA、勤怠管理、ファイル管理等々、企業が導入し社員が使う様々なサービスのIDを統合的に管理できるOktaがSequoia Capitalなどから7,500万ドルを調達しました。 業務システムのIDやパスワードの管理がユーザーとシステム管…

Okta__Secure_Identity_Management_and_Single_Sign-on

<ピックアップ> Sequoia to Lead $75 Million Round for Cloud Software Startup Okta

SFA、勤怠管理、ファイル管理等々、企業が導入し社員が使う様々なサービスのIDを統合的に管理できるOktaがSequoia Capitalなどから7,500万ドルを調達しました。

業務システムのIDやパスワードの管理がユーザーとシステム管理者双方の悩みですが、Oktaを利用すると、連携しているSalesforceやWorkday、Goolge Apps等のシステムを簡単かつセキュアにログインできるようです。ちなみに、CEOであるMcKinnon氏はSalesforceの出身で、数年以内のIPOへの意欲を公言しています。

via Re/code【G翻訳】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


韓国のEコマース・プラットフォーム「Coupang(쿠팡)」が、Sequoia Capitalから1億ドルを調達

SHARE:

韓国のソーシャルコマース・プラットフォーム Coupang(쿠팡)は今日、Yahoo、Google、Apple などへの投資で知られる Sequoia Capital から1億ドルを資金調達したと発表した。TechCrunch の報道によれば、今回の資金調達における Coupang のバリュエーションは、10億ドルに達すると推定される。 今回の出資には、Sequoia Capital の会長 Mi…

coupang_featuredimage

韓国のソーシャルコマース・プラットフォーム Coupang(쿠팡)は今日、Yahoo、Google、Apple などへの投資で知られる Sequoia Capital から1億ドルを資金調達したと発表した。TechCrunch の報道によれば、今回の資金調達における Coupang のバリュエーションは、10億ドルに達すると推定される。

今回の出資には、Sequoia Capital の会長 Michael Moritz 氏がリードし、Greenoaks Capital Management、Rose Park AdvisorsLaunch Time などが参加した。

Sequoia Capital はシリコンバレーで最も影響力のあるVCの一つで、Apple、Google、Cisco、Oracle、PayPal、YouTube などへの投資実績がある。今回の Coupang への投資は、特に Michael Moritz 氏直々にリードされた点において、シリコンバレー現地でも多くの関心を集めている。これまでの Sequoia Capital のアジア地域への投資は中国向けが多く、韓国国内向けでは Coupang が最初のスタートアップとなる。

今回の投資について、Coupang のキム・ポムソク(김범석)氏は次のようにコメントしている。

Coupang が Eコマースのパラダイムを変えて成長する重要な時期に、心強いサポーター/パートナーに出会うことができて大変うれしい。急激に成長する Eコマース市場で、今回の資金調達を通じて Coupang をより使われるサービスにしたい。

一方、今回のラウンドをリードした Sequoia Capital の Michael Moritz 氏は、投資に至った理由を次のように述べている。

韓国のEコマース市場には多くの特徴があり、成長潜在力が非常に高い。韓国市場で新しいイノベーションを試みながらも、安定的に事業を運営する Coupang の姿が印象的だった。Coupang は韓国のEコマースをリードする企業で、世界的にも魅力的な企業の一つだ。

【原文】

【via BeSuccess】@beSUCCESSdotcom

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Sequoia Capitalの輝かしい主要な投資先ポートフォリオをインフォグラフィックで【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします Sequoia Touch ( Forbes Campaign ) GoogleにYahoo、Paypal、それからCiscoにOracle、Apple。YouTubeもあるし、LinkedInに最近だったらAirbnbからWhatsAppも話題になりました。そう、これは全て世界的投資ファンドSequoi…

Midas__Sequoia__Touch_-_Forbes

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Sequoia Touch ( Forbes Campaign )

GoogleにYahoo、Paypal、それからCiscoにOracle、Apple。YouTubeもあるし、LinkedInに最近だったらAirbnbからWhatsAppも話題になりました。そう、これは全て世界的投資ファンドSequoia Capitalの輝かしい投資先ポートフォリオのほんの一例です。興味ある方はCrunch Baseの一覧を舐めてみるといいでしょう。楽しくなって妄想が広がります。

CrunchBaseが味気ないという方にはぜひこちらのForbesの特集をどうぞ。昨晩、EastVenturesの松山太河さんがシェアしていたのをこっそり保存しておりました。かっこいいインフォグラフィック形式で、主要な投資先を年代順に並べてくれています。日本版を作るとしたらどこのを作ればいいのでしょうか。悩みます。

via Frobes

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録