BRIDGE

タグ Appier(沛星互動)

ソフトバンクが支援する台湾のAIスタートアップAppier(沛星互動)、世界展開加速に向けシリーズDラウンドで8,000万米ドルを調達

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 台湾の AI スタートアップ Appier(沛星互動) は、世界展開計画の推進のためシリーズ D ラウンドで8,000万米ドルを調達したと発表した。 このラウンドには、TGVest …

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


台湾の AI スタートアップ Appier(沛星互動) は、世界展開計画の推進のためシリーズ D ラウンドで8,000万米ドルを調達したと発表した。

このラウンドには、TGVest Capital、Hopu-Arm Innovation Fund(厚安基金)、Temasek の Pavilion Capital、Insignia Venture Partners、JAFCO Investment、UMC Capital(宏誠創投)などが参加し、Appier の累積調達金額は1億6,200万米ドルとなった。

Appier は新たに調達した資金を使って、世界展開に加え、グローバル人材を魅了し、製品群をさらに開発・拡張し、デジタルマーケティングを超えた新しい産業を模索するとしている。

Appier(沛星互動)のチームメンバー
Image credit: Appier(沛星互動)

ソフトバンクの支援を受ける同社は、2017年のシリーズ C ラウンド以来、リーチ、サイズ、製品提供の点で「例外的な成長を達成した」と述べている。声明によると、Appier の成長は、ビジネスリーダーに対して、AI を実装・活用した Relevancy(編注:もらう情報の自分に関連する要素の高さ)の維持を支援する需要が増したことに深く起因している。

同社はこれまでに、12市場の14事業で400人以上の従業員を擁し、1,000を超える企業にサービスを提供している。

最近、中核製品の範囲を広げるべく、いくつかのスタートアップを買収した。 Appier は去る10月、東京拠点の行動データプロバイダ Emotion Intelligence(emin)を買収し、複数チャネルでの消費者エンゲージメント促進を目的として、AI を活用したマーケティングツールをユーザを提供している。2018年8月には、Appier のマーケティング自動化プラットフォーム「Aiqua」とブランド統合した、バンガロールに本社を置く Qgraph を買収した

<関連記事>

2012年に設立された Appier は、AI ベースのソリューションで企業の問題解決を支援している。これまでの投資家には、Sequoia Capital、ソフトバンク、LINE などがいる。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

ソフトバンクが支援する台湾のAIスタートアップAppier(沛星互動)、インドのコンテンツマーケティングスタートアップQgraphを買収

SHARE:

台湾の AI ソリューション企業 Appier(沛星互動) が、インド・バンガロールを拠点とするコンテンツマーケティングスタートアップの Qgraph を買収したことが本日(8月7日)明らかになった。 金額は非公開ながら今年実施されたこの買収により、Appier は最新自動化コンテンツマーケティングプラットフォーム Aiqua の構築につなげられたことも明らかにされた。 Qgraph は単独のブラ…

Image-1_Appier-acquired-QGraph-and-launches-AI-driven-proactive-marketing-automation-platform-AIQUA.
QGraph 共同設立者 Sachin Bansal 氏(左), Appier(沛星互動)CEO 兼共同設立者 Chih-Han Yu(游直翰)氏(中央), QGraph 共同設立者 Vivek Pandy 氏(右)
Photo credit: Appier

台湾の AI ソリューション企業 Appier(沛星互動) が、インド・バンガロールを拠点とするコンテンツマーケティングスタートアップの Qgraph を買収したことが本日(8月7日)明らかになった。

金額は非公開ながら今年実施されたこの買収により、Appier は最新自動化コンテンツマーケティングプラットフォーム Aiqua の構築につなげられたことも明らかにされた。

Qgraph は単独のブランドとしては提供されず、Aiqua に統合される。この B2B プラットフォームは、ウェブサイト上のマーケティングコンテンツを個人仕様にして、それを Android や iOS のアプリ内通知で配信している。顧客には e コマースポータルやウェブサイト、広告デベロッパーなどがある。

Appier はこの機能を自社の製品パッケージに加えるために今回 Qgraph を買収したのだと同社設立者で CEO の Yu Chih-Han(游直翰)氏は Tech in Asia に語ってくれた。

彼によると、Qgraph を買収した目的は Appier のインドにおけるプレゼンス拡大ではないという。同社はインドで2年半にわたりサービス展開している。

むしろ、インドにいる既存顧客へのサービス向上が目的です。(Yu 氏)

訪問状況をフォロー

e コマース企業は、サイトを訪問するのに複数のデバイスを使用する買い物客を見分けるのに苦労している。例えばあるユーザが1日の中で携帯電話、タブレット端末、デスクトップパソコンでブラウザにアクセスすると、異なる3人の訪問があったと認識される可能性がある。

Aiqua があれば、ウェブサイトの管理者やマーケターは、複数のユーザアクセスを一個人のものと認識することができるので、タイミングよく個人向けのメッセージを送ることでサイトへの再訪や商品購入を促すことができる。

データサイエンスプラットフォームの Aixon、広告パッケージの CrossX など Appier の既存製品と Aiqua とは「優れたシナジー」があると Yu 氏は話す。

例えば、Aixion を使う顧客はターゲットとなるオーディエンスの決定、ユーザパターンの把握に役立てられるほか、Aiqua を使って、市場に売り出したい特別なコンテンツでユーザにリーチすることができるようになります。

Yu 氏は Appier の財務実績についての具体的な言及を避けたが、同社は「急速な勢いで成長している」と述べた。

これまでの調達総額は8,200万米ドルを超える。昨年には、ソフトバンク、LINE、その親会社の Naver のほか、シンガポール経済開発庁の投資部門 EDBI が参加するシリーズ C ラウンドで3,300万米ドルを確保した

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

台湾発の人工知能スタートアップAppier(沛星互動)、シリーズCラウンドでソフトバンクやLINEなどから3,300万米ドルを調達

SHARE:

人工知能スタートアップの Appier(沛星互動)は今日(8月30日)、シリーズ C ラウンドでソフトバンク、LINE、EDBI(シンガポール経済開発庁傘下の企業投資部門)から3,300万米ドルを調達したことを明らかにした。 台北を拠点とする Appier は声明の中で、グローバルでの成長を念頭に、調達した資金を新たな社員の雇用、中でもエンジニアリング や R&D の人員確保に使うとしてい…

台北の Appier(沛星互動)のチーム
Photo credit: Appier.

人工知能スタートアップの Appier(沛星互動)は今日(8月30日)、シリーズ C ラウンドでソフトバンク、LINE、EDBI(シンガポール経済開発庁傘下の企業投資部門)から3,300万米ドルを調達したことを明らかにした。

台北を拠点とする Appier は声明の中で、グローバルでの成長を念頭に、調達した資金を新たな社員の雇用、中でもエンジニアリング や R&D の人員確保に使うとしている。グローバル展開で対象となる市場は、オーストラリア、中国、インド、日本、韓国、東南アジア数カ国など。資金のうち一部は、製品ポートフォリオの拡充や機能向上にも使われる。

Appier は、広告主がより公開的に対象をターゲティングできるよう、スマートフォン、タブレット、ラップトップ、デスクトップなどウェブにつながる全デバイス横断で、個人ユーザの行動をトラッキングする技術をもとに、多くのプロダクトを提供している。

Appier のプログラマティックプラットフォームは、あるタイミングでどのデバイスのどのユーザをターゲットにすればよいかを決定するため、AI テクノロジーによって集められたユーザの行動情報やデバイス所有情報を用いる。同社の2つ目のプロダクト Aixon はマーケティングの洞察を得るため、人工知能を用いて、Appier のデータベースから集めたアプリやウェブサイトのユーザデータを分析する。

Appier の共同創業者で CEO の Chih-Han Yu(游直翰)氏は、同社が現在、世界中の1,000社以上の企業にサービスを提供していると Tech in Asia に語った。Appier がサービスを提供する有名ブランドには、アウディ、Tokopedia、エスティローダー、ミニッツメイド、Taj、香港エクスプレスなどがある。

我々の目標は、ビジネス課題の領域で、さまあまなエンタープライズソリューションを提供することです。マーケティング領域やデータインテリジェンス領域でもソリューションも既に開発しており、さらに拡大する計画です。(Yu 氏)

Appier(沛星互動)の共同創業者で CEO の Chih-Han Yu(游直翰)氏
Photo credit: Appier

シリーズ C ラウンドで調達した資金は、この点において大きな助けとなるだろう。しかし資金以外にも、今回のラウンドに参加した投資家らは専門知識や市場への影響力を Appier にもたらしてくれる。

今回のラウンドの投資家には、世界で最もビジョナリーなインターネット企業含まれます。(Yu 氏)

Yu 氏は、Appier とシリーズ C ラウンドの支援者が製品開発で協業し、それぞれが提供するサービス間で技術連携などシナジーを見つけられる可能性があると付け加えた。

支援者には有名企業

今回の調達は、Appier が昨年12月、シリーズ B2 ラウンドで、シンガポールの政府ファンド Temasek の一部である Pavilion Capital、WI Harper Group、FirstFloor Capital、Qulgro などから1,950万米ドルを調達したのに続くものだ。

UOB Venture Management や MediaTek Ventures らも、かつての Appier の支援者に含まれる。Appier は Sequoia Capital がリードしたシリーズ A ラウンドで600万米ドルを調達しているが、これは Sequoia Capital にとって初の台湾企業への出資となった。

Appier はこれまで、企業投資家を相応に集めてきたのは明らかだ。今回のシリーズ C ラウンドで、そのリストに多くの企業が加わった。EDBI や AMTD Group といった投資会社に加え、LINE、NAVER、ソフトバンクもこの機会に Appier に資金を注入した。

Photo credit: moovstock / 123RF

ソフトバンクの出資参加は特筆に価する。ソフトバンク CEO の孫正義氏は、今後30年の間にシンギュラリティ(技術的特異点)が起こると予測し人工知能を主要な成長領域として捉えており、人工知能は930億米ドルに及ぶソフトバンクの Vision Fund の主要テーマの一つである(Yu 氏は、Appier への出資がソフトバンク自体——Vision Fund からではなく——からのものであることを認めている)。

ソフトバンクと同社関連企業は今年初めから、デジタルアバター制作会社の Oben、オンライン貸金業の Kabbage、サイバーセキュリティの Cybereason、ロボットインテリジェンス企業の Brain など、多くの人工地のスタートアップに投資している。

LINE の出資参加

日本のメッセンジャーアプリ LINE は、Appier のシリーズ C ラウンドで、もう一つの特筆すべき投資家である。その背景は、人工知能が大きな理由としてあるようだ。LINE の CEO 出澤剛氏は今年初め、人工知能を「LINE にとって最も重要なプロジェクト」だと述べ、「十年前にスマートフォンが普及し始めたときと同じくらいドラマティックなパラダイムシフト」だと表現した。

また、主要市場のいくつかでユーザが大量に流出している LINE は、昨年の IPO 以降、M&A 活動を積極化させてきた。出澤氏は昨年のインタビューで、LINE がニューヨーク証取上場で調達した13億米ドルの一部は、LINE がメッセージやモバイルゲームから、フードデリバリ、職探し、旅行予約などに領域拡大をすべく買収に使われるだろうと語っていた。出澤氏は、ビジネスモデルや人材の条件が適切でさえあれば、買収対象の企業に規模や場所にはこだわらないと語っていた。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

台湾発のデバイス横断アドテクスタートアップAppierが新たに資金を調達、シリーズBラウンドでの調達額は合計4,250万ドルに

SHARE:

企業のマルチスクリーン時代への対応を支援する、台湾の人工知能スタートアップ Appier は今日、シリーズBラウンドに追加で1,950万ドルを調達したと発表した。シリーズBラウンドでの同社の調達合計額は、4,250万ドルに達したことになる。 今回の追加調達に参加したのは、シンガポール Temasek Holdings の子会社 Pavilion Capital International、WI H…

appier-ceo-chin-han-yu
Appier 共同創業者兼 CEO(游直翰)氏

企業のマルチスクリーン時代への対応を支援する、台湾の人工知能スタートアップ Appier は今日、シリーズBラウンドに追加で1,950万ドルを調達したと発表した。シリーズBラウンドでの同社の調達合計額は、4,250万ドルに達したことになる。

今回の追加調達に参加したのは、シンガポール Temasek Holdings の子会社 Pavilion Capital International、WI Harper Group、FirstFloor Capital、Qualgro などだ。調達した資金は、Appier の人工知能技術の開発、人材調達の強化、アジアの国際展開の追求に使われる。

Appier は、人工知能を使って、人々が一度に複数のスクリーンと、どのようにやりとりしているかを分析する企業だ。

<関連記事>

例えば、Facebook をチェックし、Eメールに返信し、今日多くの人々が Netflix をテレビで見ながら、その反応をライブでツイッターでつぶやいている。4月に Appier が発表した報告書によれば、この傾向は特にアジアで顕著であり、この地域の半分以上の人口が一人で3台以上のデバイスを持っていることが明らかになっている。

Appier は、予想分析に裏付けられた判断など、マーケティングチームが十分な情報に基づいた決断をしやすくことを目的として、前述のユーザ行動についての洞察を提供するために開発された。

同社は今日また、台湾、日本、シンガポールで Aixon Platform のパイロット・ローンチを発表した。Aixon は、Appier が人工知能によるビジネスインテリジェンスツールの発展において、大きな一歩になると位置付けているプラットフォームだ。

Appier の共同創業者で CEO の Chih-ha Yu(游直翰)氏は、発表の中で次のように述べている。

今日の企業は、以前に増して複雑で、早いペースで、相互に接続されたオフラインやオフライン環境で、事業判断をし運営なければならない。ビジネスに大きな影響を与える複雑な問題を解決するために、人工知能は最良のアプローチだ。

Appier が提供する重要なサービスの一つは、企業がデータの大海の中で必要な情報をより分けるというものだ。スマートかつ十分な情報に基づいて決断をする上で、データは驚くべき効果をもたらすが、有用なデータを見つけるには、技術とデータ分析のトレーニングを受けた社員が必要になる。

Appier はこの問題を解決しようとしている。

FirstFloor Capital のマネージングディレクター Nizar Ali 氏は、次のようにコメントしている。

データをアクション可能なものにするには、今日の企業にとって大きな問題だ。Appier は2012年の設立以来、アジアの多くのブランドに対し、彼らの消費者やデバイス横断の動きを理解するのを支援してきた。

Appier は、Grab、Naruko、Taj Hotels Reposts and Places など、アジアに500以上のクライアントを超える、アジアに特化した企業だ。

Appier はこれまでに、(すべての調達ラウンド合計で)4,950万ドルを調達したことになる。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

台湾発、デバイス横断アドテクスタートアップのAppierがシリーズBラウンドで2,300万米ドルを調達

SHARE:

台湾拠点の人工知能アドテク企業 Appier は本日(原文掲載日:11月3日)、UOB Venture Management Pte Ltd(UOBVM)、Sequoia India、JAFCO Asia、TransLink Capital、および MediaTek Ventures からシリーズBラウンドで2,300万米ドルを調達したと発表した。 <関連記事> AIを活用したクロスデバイスターゲ…

appier-sequoia-capital-funding
Appier 共同創業者で CEO の Chih-Han Yu(游直翰)氏(右)。Appier のウェブサイトから。

台湾拠点の人工知能アドテク企業 Appier は本日(原文掲載日:11月3日)、UOB Venture Management Pte Ltd(UOBVM)、Sequoia India、JAFCO Asia、TransLink Capital、および MediaTek Ventures からシリーズBラウンドで2,300万米ドルを調達したと発表した。

<関連記事>

Sequoia Capital を中心とした昨年の600万米ドルのシリーズAラウンドを含め、Appierはこれまでに合計3000万米ドルを調達している。創業3年の同社は、引き続き「革新的な製品」の開発、研究開発チームの人材増強、そしてアジアにおけるさらなる展開のためにこの資金を活用するとしている。

現在同社は、この地域の10以上の都市において事業を行っており、100人以上のスタッフを抱えている。Appier はその幅広いクロススクリーンソリューションで知られている。ここで言うクロススクリーンとは、スマートフォン、ラップトップ、タブレットといった広告を表示する様々なデバイスのことだ。

例えば、Appier は所有者が同じ複数のデバイスを識別し、異なるデバイスを使っていても、広告主が消費者に再度働きかけることを可能にしてくれる。また、同社は人工知能(AI)と機械学習を利用し、広告主の広告キャンペーンを最適化したり、ユーザが一日の異なる時間とデバイスでどのような行動をとるかを予測することもできる。

私たちはポストモバイル時代、つまりクロススクリーン時代に生きているのです。人工知能はこの複雑な問題の解決と、クロススクリーンを容易にするための最適なアプローチです。実のところ、広告は単なる第一歩です。将来私たちのAI技術により、企業の様々な難しい分析を要する問題を解決できると考えています。(共同創業者で CEO の Chih-Han Yu=游直翰氏)

Sequoia Capital India AdvisorsのマネージングディレクターであるShailendra Singh氏は「Appierは、クロススクリーンインターネット時代における非常に重要で困難な問題を解決するために、極めて優秀なAI科学者のチームを集めました」と述べた。

Appierのプレスリリースによると、同社は過去12ヶ月で300%以上、2014年6月から600%成長した。

Singh氏はこう付け加えた。

500超の広告主にもたらした成果に基づく各国での驚異的な成長から、弊社はこれからも急成長を続けていけると強く確信しています。

JAFCO Asiaのアソシエイトディレクターである Edward J. Lee 氏も Appier の過去3年間の成長を高く評価し、こう結んだ。

彼らとの提携によって日本やアジア全域への拡大をサポートできることを非常に嬉しく思います。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

クロス・スクリーン広告テクノロジーのAppierがセコイヤ・キャピタルから600万ドルを調達

SHARE:

<ピックアップ> Cross-Screen Ad Tech Startup Appier Raises $6M Series A From Sequoia Capital クロス・スクリーン広告テクノロジーのAppierがセコイヤ・キャピタルから600万ドル(100円換算で6億円)を調達しました。「クロス・スクリーン」と聞くとなかなか馴染みがないですが、要はスマートフォンやタブレット、…

Appier-Welcome_to_Appier

<ピックアップ> Cross-Screen Ad Tech Startup Appier Raises $6M Series A From Sequoia Capital

クロス・スクリーン広告テクノロジーのAppierがセコイヤ・キャピタルから600万ドル(100円換算で6億円)を調達しました。「クロス・スクリーン」と聞くとなかなか馴染みがないですが、要はスマートフォンやタブレット、PCにウェアラブルと多様化する「スクリーン」に対してワンストップで広告配信しましょう、というものだそうです。アドテクもデバイスの多様化に合わせて進化している、ということですね。台北拠点でシンガポールとサンフランシスコにオフィスを構えるそうです。

via TechCrunch 【G翻訳】

----------[AD]----------