BRIDGE

タグ whytelist

ユーズドファッションを中心にしたフリマ型オンラインコミュニティ「LISTOR」、モバイルコマースの領域へ

SHARE:

Facebookアカウントを利用した顔がみえるオンラインフリーマーケット「Whytelist」が、「LISTOR(リストア)」へとサービスの名称を変更した。 同サービスはWhytelistを1年ほど運営する中で、サービス上で扱われるアイテムの中でも特にファッションアイテムに対するユーザのニーズが強いことがわかり、ユーザのニーズに合致したサービスの提供を行うためにブランドイメージの刷新を図る。これま…

listor

Facebookアカウントを利用した顔がみえるオンラインフリーマーケット「Whytelist」が、「LISTOR(リストア)」へとサービスの名称を変更した。

同サービスはWhytelistを1年ほど運営する中で、サービス上で扱われるアイテムの中でも特にファッションアイテムに対するユーザのニーズが強いことがわかり、ユーザのニーズに合致したサービスの提供を行うためにブランドイメージの刷新を図る。これまでのユーザは、LISTORへと変更されても継続してサービスを利用できるとのこと。

LISTORへと名称変更と同時に、iPhoneアプリをリリース。ユーザは最短1分という短い時間で簡単にストア開設が可能になり、iPhoneのカメラで撮影した写真を商品写真に使用したり、オリジナルのカバー画像を設定して自分のストアを彩ることができる。

listor ui

Facebookの登録情報を活用する点は変わらず、相手の顔が見えるやりとりができる点やLISTORがお金の仲介に入ることによって、ユーザに安心や安全なショッピング体験を提供する。

Love itと呼ばれるお気に入りをする機能も変わらず存在しており、ユーザはストアオーナーとLove itしたり、コメントすることでコミュニケーションを撮ることも可能となっている。

同サービスはiPhoneアプリ以外にも、これまで通りPC上からも利用可能となっている。

listor pc

LISTORを運営するWhyteboardは、昨年末に三菱UFJキャピタル株式会社および、ベンチャーユナイテッド株式会社を引受先とし総額約5000万円の第3者割当増資を実施している。この資金調達により、現在注目のモバイル領域におけるコマースサービスの開発に注力し、開発体制の強化、広告宣伝を積極的に行なっていく方針だという。

モバイル、ファッション領域のサービスといえば昨日リリースしたばかりのモバイルコマース「Origami」や、女性向けフリマアプリ「Fril」などが思い浮かぶ。これらのプレイヤーがファッションやモバイルコマースにおける体験をどう変化させていくのか、注目したい。

----------[AD]----------

Whytelistで、誰でも簡単にオンラインストアを開設できる

SHARE:

【翻訳 by Conyac】【原文】 Incubate Fundから資金をうけて設立されたWhytelistは、Facebookユーザが簡単にオンラインショップを開設したり、フリーマーケットに出店したりできるeコマースツールだ。現在は日本国内でのみ展開している。面白いことに、Whytelistは傘からインスピレーションを受けたという。 そう、傘だ。設立者の碇和生氏は、かつて東京で忘れ物の傘や「捨て…

【翻訳 by Conyac】【原文】

Incubate Fundから資金をうけて設立されたWhytelistは、Facebookユーザが簡単にオンラインショップを開設したり、フリーマーケットに出店したりできるeコマースツールだ。現在は日本国内でのみ展開している。面白いことに、Whytelistは傘からインスピレーションを受けたという。

そう、傘だ。設立者の碇和生氏は、かつて東京で忘れ物の傘や「捨てられた」傘にまつわる一風変わったビジネスをしていた。彼はこうした傘を集め、東京の渋谷にあるカフェやレストランで無料のレンタル傘サービスを提供した。碇氏によれば、ある人にとって「使い物にならなくなった」物は、他の誰かにとっては使い道があるかもしれないと感じた。言い換えると、ある人にとって不要なものは、ある人にとっては宝だということだ。

その後、彼はソーシャルメディアやファッショントレンドに強みをもつWhytelistを設立した。ヤフーオークションのような既存のサービスはすでにあったが、碇氏は「複雑ではなく、使いやすいインターフェイス」を作りたかったと言う。また、ヤフーオークションでは匿名のユーザによる問題が多発していた。

ローンチ以来、Whytelistは数千人規模のユーザに利用されている。実際にフリーマーケットも開催しており、今年の終わりにはモバイルアプリを開始する予定だ。

日本のeコマースの割合は、小売全体の3%程度だが、Whytelistがその中で特別なのは、日本以外の人々にアピールできるサイトデザインを持ち、実店舗も反映しているため、実生活でのショッピングとかけ離れていないということである。また、Whytelistは日本のファッショントレンドを多くとり入れており、ファッションに興味を持つ人々を魅了している。

しかし、服や電子機器、食材といった商品をインターネット上で販売する起業家的な「ブログショップ」が1万店以上ひしめき合うシンガポールで、Whytelistがどのように大規模なeコマース活動を成功させ、そして世界へ拡大していくのか、興味深いことになりそうだ。

【via e27】 @E27sg

StartupBase Profile

whyteboard-inc-

Company: whyteboard-inc-

ソーシャルフリマサービス「Whytelist」の開発・運営海外スタートアップの日本国内向けローカライズ事業

About StartupBase

----------[AD]----------

Whytelist、Gift Kitchen、Creatty、SAKELIFE、多様なコマース系スタートアップが「これからのEC」をテーマにピッチ祭り![ライブブログ]

SHARE:

Startup Datingが毎週水曜夜にNOMAD NEW’S BASEで開催している「Startup Dating Salon」。先週の会計系スタートアップに続き、今週はコマース系スタートアップ数社にお越しいただき、ピッチをしてもらった。 実名制とストーリー性のソーシャルフリマサービス ・whytelist 最初にピッチをしてくれたのは、オンラインフリーマーケット「Whytelis…

Startup Datingが毎週水曜夜にNOMAD NEW’S BASEで開催している「Startup Dating Salon」。先週の会計系スタートアップに続き、今週はコマース系スタートアップ数社にお越しいただき、ピッチをしてもらった。


実名制とストーリー性のソーシャルフリマサービス

whytelist

最初にピッチをしてくれたのは、オンラインフリーマーケット「Whytelist」。「どこで買うかではなく、誰から買うか」コンセプトにしているソーシャルフリマサービスだ。ユーザはアカウントを解説すると、10分ほどで出品ができるため、リスクなくスタートさせることができるという。

同サービスは実名制とストーリー性を売りにしている。Facebookと連携しているためユーザは実名となっており、どんな人が商品を売っているかがわかる。販売されている商品の情報がスペックだけだと味気ないので、その商品についてのストーリーを大事にしている。そうすることで、Facebookのいいねがついてバイラルを生んだり、商品に対する価値観が変わることを考えているそうだ。CtoC、オンラインのマーケットプレイスの課題には、「出品が面倒」「相手が匿名なので不安」「出品しても満足に売れない」といったものがあった。Whytelistはこの課題の解決を目指している。

「Search」から「Discovery」へとオンラインコマースは変わっていきます。EC化されていない市場がまだまだ存在するので、そこをオンライン化し、ウィンドウショッピングするような感覚で商品と出会う。そんなリアルに近い購買体験をオンラインで実現していきたいと考えています。

とWhytelistを運営するWhyteboard Inc.の碇氏は語ってくれた。

whytelist

贈り物から幸せを提供するカタログ作成・ギフトサービス

Gift Kitchen

続いてピッチをおこなったのは「Gift Kitchen」。贈る相手にあわせてカタログを作成、自由にギフトを選んでもらえるようにするサービスだ。Yahooを退職したデザイナーとエンジニアの二人で立ち上げている。

二人はギフトにおける問題を解決したいと思ってサービスを立ち上げた。その問題とはギフトを贈るイベントごとは数多く存在しているのに、贈り物をしたことのない人は2割ほど存在しているという。人々の平均のギフトを贈る回数は年間6回ほど。しかし、贈ったそのギフトは本当に喜んでもらえたのか?それが重要だとピッチを行った株式会社LEMOの小川氏は語ってくれた。小川氏によると、もらったギフトを「いらない」と思った女性の割合はじつに45%にものぼるという。せっかくプレゼントをしたのに、お互いが不幸になってしまってはもったいない、それを解決したいと考えたそうだ。

その問題を解決するために、Gift Kitchenでは、複数の贈り物候補を相手に送り、相手にほしいプレゼントを選んでもらうという、喜んでもらいやすい仕組みを提供している。この仕組みならいらないプレゼントを贈り互いに不幸になってしまう確率が低下するという。バレンタインデーでの贈り物や、友達同士での軽いプレゼントなど、カジュアルギフトの市場規模は3.6兆円であり、さらにこの市場は成長中だという。

Gift Kitchenはギフトへの人々の障壁を取り除き、贈り物をする毎日の習慣となるような身近なものにしていきたいと考えています。そして、贈り物をしたら贈った側、贈られた側双方に幸せな気分になってもらう。そうすることで幸せな毎日が提供できるのでは、そんなことを考えています。

gift kitchen

クリエイター向けギャラリーサービス

creatty

「Creatty」はデザインやアート、ハンドクラフトなどの「ものを作る人」がオンラインのギャラリーを通じて、世界に作品を発信できるサービス。ピッチをおこなってくれたConnehito株式会社、代表取締役社長の大湯氏は、アートやデザインが好きでこのサービスをスタートさせたという。

クリエイターやアーティストにとって、ポートフォリオを見せる場はオンラインに移ってきている。Creattyは、まだオンラインに出てきていないアーティストをオンラインに登場させることを目指して活動しているそうだ。同サービスは英語対応しており、現在、8ヶ国で利用されているという。

Creattyは本日のEC的な視点に合わせて、新しい動きを発表してくれた。大湯氏はECでモノを売るときに大切なことは、「プロダクトの機能やデザインといったクオリティがとても高い」「プロダクトが持つストーリーに感動する」ことの2つだと考えているという。Creattyが新しく提供する「Creatty Store」では、アーティストがデザインをサービス上にポストすると、ポストされたデザインをもとに、Creatty側が工場と提携し、デザインのプロダクションを実施するというものだ。アーティストにとってはデザインをポストするだけで収益をえることができるそうだ。

この新サービスは11月中にプレ公開し、12月より販売開始をする予定となっているそうなので、クリエイター、アーティストの知り合いがいるという方は、ぜひ教えてあげてほしい。

Creatty

日本酒の定期購入サービス

SAKELIFE

告知記事には掲載していなかったが、飛び入りで「SAKELIFE」がピッチをおこなってくれた。厳選された日本酒を毎月顧客に届ける日本酒の定期購入サービスだ。日本酒の種類は、全部で5000銘柄を超えているにも関わらず、居酒屋で飲むことができるお酒は5、6種類ほど。美味しいお酒は数多くあるが、それを自分で探すことは至難の業。そんな顧客の代わりに美味しい日本酒を今キュレーションし、届けるのがSAKELIFEのミッションだ。

日本酒のほかにもメルマガを配信している。日本酒は飲む状況によって味が変わり、酒器によっても味は変わる。日本酒は温度が5度ごとに味が変わるという飲み物であるため、美味しくお酒を飲んでもらうには飲み方に関する情報も重要になるため、そうした情報も一緒に提供している。今のシーズンだと鍋とか、秋刀魚に合うお酒はなんなのかといった情報がメルマガで届くそうだ。

酒屋の25代目の高橋氏と、本日ピッチをおこなってくれた生駒氏の二人で立ち上げたこのサービスは、お客さんと継続した関係を構築できる定期購入というモデルを用いて日本酒のコンシェルジュのような立ち位置でお酒を提供している。SAKELIFEはオフラインのイベントにも力を入れ、コラボレーションをしているそうなので、日本酒とコラボしたい方はぜひ連絡してみてほしい。

SAKELIFE

日本発クラウドファンディングサービス

CAMPFIRE

最後には飛び入りでCAMPFIREの石田氏によるピッチもおこなわれた。Startup Datingのサロンイベントは飛び入り歓迎なので、ぜひみなさんも飛び入りでピッチをしにきてほしい。

CAMPFIRE


来週もまたテーマを決めてサロンイベントを開催する予定。テーマとゲストが決定したらこちらで告知します。

----------[AD]----------