THE BRIDGE

タグ Zehitomo

ハイパーローカル顧客獲得支援のZehitomo、プロとユーザのAIマッチング最適化を開始——紹介のスピードアップ、一部フリーミアム化が可能に

SHARE:

プロに仕事を依頼できるサービス「Zehitomo(ゼヒトモ)」は13日、仕事を引き受けるプロと、仕事を依頼したいユーザの双方の満足度向上に向け、AI を活用したマッチング最適化サービス「スピードマッチ」をリリースした。 Zehitomo は2015年7月、日本の JP Morgan および Citi に勤務していた Jordan Fisher 氏と James McCarty 氏が共同創業(当時の…

プロに仕事を依頼できるサービス「Zehitomo(ゼヒトモ)」は13日、仕事を引き受けるプロと、仕事を依頼したいユーザの双方の満足度向上に向け、AI を活用したマッチング最適化サービス「スピードマッチ」をリリースした。

Zehitomo は2015年7月、日本の JP Morgan および Citi に勤務していた Jordan Fisher 氏と James McCarty 氏が共同創業(当時の社名は JAM Group)。2016年にマッチングプラットフォームの Zehitomo をローンチ。仕事を依頼したいユーザと、カメラマン・ヨガ講師・英語講師・トレーナーなどのプロフェッショナルをつなぐマッチングプラットフォームだ。

いわゆるクラウドソーシングやオンラインアウトソーシングと違い、Zehitomo では、ユーザが役務提供を受けられるサービスを検索するのではなく、ユーザが投稿した要望に対して、サービス提供者側であるプロからチャット形式で提案をオーダーメードで受けられる仕組みとなっている。

(一般的なマッチングサービスのように)仕事の受注者と依頼者の間に介在して、オフラインでつながってしまえる所から手数料をもらうのは難しいと考えた。それだけでは価値が提供できないし、受注者と依頼者が直接つながってしまえば、中抜きされる可能性もあるからだ。

Zehitomo では、ユーザとの受け答えから得られた仕事のニーズを元にプロに質問をする。プロには Zehitomo に料金を払ってもらってユーザに提案をするので、真剣に仕事を受けようとする人からしか、ユーザに提案が届かないのが特徴。プロは新規顧客の開拓ツールとして使っている。(Fisher 氏)

一方で、そんな Zehitomo にも課題があった。プロとユーザの数のバランスだ。ユーザの依頼にスムーズにマッチングさせるには、ハイパーローカルなサービスである以上、出来るだけ多くの場所に多くのプロを確保する必要がある。一方で、プロからユーザに提案した際、実際に採用され仕事がの受発注が成立するのは、提案10回に対し1回程度だそうで、プロ側には残りの9回分が徒労に終わるかもしれないという精神的なハードルが生じてしまう。

今回導入されるスピードマッチにより、プロは予め設定した条件に基づきユーザへの自動提案が可能になり、提案後の採用(仕事の受発注)の確度が高まる。また、ユーザにとっては、よりスピーディーに、かつ、自身のニーズにあったプロからの提案が受けられるようになるメリットがある。プラットフォームである Zehitomo にとっては、プロとユーザの数のバランスを最適化できるようになり、サービスをよりスケーラブルに育てることが可能となる。まさに〝三方良し〟である。

これまで真面目に仕事を受けたいという人(プロ)を中心に使ってもらってきたが、もっと、すべての人がプロになれるようなサービスを作りたい。そのために、どういった仕事にどういうプロがよりマッチングしやすいか、どういう人がユーザとエンゲージメントする可能性が高いかをモニタし、アルゴリズムをチューニングしていく。(Fisher 氏)

ユーザに対しては、料金を支払って能動的に提案をしてきたプロに加え、Zehitomo のシステムが AI により適合すると判断したプロの情報も表示されるようになる。ちょうどサーチエンジンの検索結果のように、広告出稿されたリンクが検索結果より上位に表示されるような形だ。AI で自動マッチングされて表示されたプロは、もしユーザに発注相手として選ばれた場合には、提案による料金が発生しないためフリーミアムのような扱いとなる。

Zehitomo で扱うスキル種別には現在、100ほどのバリエーションがある。ユーザから依頼のあった仕事の種類によって、どの地域のどのプロを推薦するかは、郵便番号などをキーに独自のアルゴリズムで抽出しているという。Fisher 氏によれば、Zehitomo には現在のべ15万人のプロが登録していて(スキル種別1つへの登録を1人とカウントしているため、例えば、1人のプロが2つのスキルに登録している場合はのべ2人とカウントされる)、ユーザからは月に1万件程度の仕事の依頼があるという。2017年12月から今年1月までで、仕事依頼の数はおよそ10倍に増えたそうだ。

Zehitomo は2017年7月にシードラウンドで1.5億円、2018年6月にシリーズ A ラウンドで4億円を調達している。

----------[AD]----------

地元密着ビジネス向け顧客獲得支援のZehitomo、VCらから4億円を調達——ローンチから1年半で、依頼件数/週は1,000件以上にまで成長

SHARE:

仕事を依頼したい人と、専門職のフリーランスや中小企業の人々などを繋げる顧客獲得プラットフォーム「Zehitomo(ゼヒトモ)」を運営する Zehitomo は、500 Startups Japan、KLab Venture Partners、Draper Nexus Ventures、ベクトル、みずほキャピタル、SMBC キャピタル、Social Starts、および複数の個人投資家から総額4億円…

Zehitomo のチームメンバーと今回参加した投資家の人々
Image credit: Zehitomo

仕事を依頼したい人と、専門職のフリーランスや中小企業の人々などを繋げる顧客獲得プラットフォーム「Zehitomo(ゼヒトモ)」を運営する Zehitomo は、500 Startups Japan、KLab Venture Partners、Draper Nexus Ventures、ベクトル、みずほキャピタル、SMBC キャピタル、Social Starts、および複数の個人投資家から総額4億円を調達したと明らかにした。調達が完了したのは5月でラウンドは不明だが、Social Starts がシリーズ A ラウンドに特化したファンドであることから、シリーズ A ラウンドと推定される。

今回の調達は Zehitomo にとって、2017年7月に1.5億円を調達したシードラウンドに続くものだ。500 Startups Japan、Draper Nexus Ventures、KLab Venture Partners の3社は前回に続く出資参加となる。Zehitomo は調達した資金を使って一層のサービズ強化を目指し、事業成長を加速させる優秀な人材の積極的採用、プロフェッショナルなスキルを持つフリーランスへの認知向上のため、マーケティング強化を実施するとしている。

Zehitomo は2015年7月、日本の JP Morgan および Citi に勤務していた Jordan Fisher 氏と James McCarty 氏が共同創業(当時の社名は JAM Group)。2016年にマッチングプラットフォームの Zehitomo をローンチした。Zehitomo は、仕事を依頼したいユーザと、カメラマン・ヨガ講師・英語講師・トレーナーなどのプロフェッショナルをつなぐマッチングプラットフォームだ。現在、対応言語は日本語と英語。

いわゆるクラウドソーシングや、オンラインアウトソーシングとの大きな違いは、Zehitomo では、ユーザが役務提供を受けられるサービスを検索するのではなく、ユーザが投稿した要望に対して、サービス提供者側であるプロフェッショナルからチャット形式で提案をオーダーメードで受けられる点だ。

Zehitomo では料金決済時の手数料は発生せず、プロフェッショナルがユーザに応募提案する際に手数料を課金している。つまり、プロフェッショナルは役務に対する料金を総取りでき、Zehitomo に支払う料金は新規顧客の獲得時のみに限定できるわけだ。プロフェッショナルにとってはリピーター客とのやりとりに、その都度プラットフォームに連絡を仲介してもらったり、手数料を支払ったりする必要がなくなる。

2016年のサービスローンチから約1年半を経て、現在 Zehitomo に登録されているプロフェッショナルの登録者数は50,000人以上、依頼者からの依頼件数は週あたり1,000件以上で、月間80万人以上が Zehitomo の web サイトにアクセスしているという。

----------[AD]----------

地元のプロとユーザをつなぐ提案応募時課金型マッチングプラットフォーム「Zehitomo」、VC4社などからシードラウンドで1.5億円を資金調達

SHARE:

地元のプロフェッショナルとユーザをつなぐ提案応募時課金型マッチングプラットフォーム「Zehitomo」を運営する Zehitomo は26日、500 Startups Japan、Draper Nexus Ventures、アコード・ベンチャーズ、KLab Venture Partners、複数の個人投資家から1.5億円を資金調達したことを明らかにした。これに先立ち、同社は運営会社名も JAM G…

Zehitomo のチームメンバーと今回参加した投資家の人々
Image credit: Zehitomo

地元のプロフェッショナルとユーザをつなぐ提案応募時課金型マッチングプラットフォーム「Zehitomo」を運営する Zehitomo は26日、500 Startups JapanDraper Nexus Venturesアコード・ベンチャーズKLab Venture Partners、複数の個人投資家から1.5億円を資金調達したことを明らかにした。これに先立ち、同社は運営会社名も JAM Group から Zehitomo に変更したことを明らかにしている。

Zehitomo は2015年7月、日本の JP Morgan および Citi に勤務していた Jordan Fisher 氏と James McCarty 氏が共同創業。2016年にマッチングプラットフォームの Zehitomo をローンチした。Zehitomo は、仕事を依頼したいユーザと、カメラマン・ヨガ講師・英語講師・トレーナーなどのプロフェッショナルをつなぐマッチングプラットフォームだ。現在は東京都内を中心にサービス展開しており、昨年のローンチからの10ヶ月間で、ユーザ〜プロフェッショナル間を仲介した提案数は1万件に上り、提案金額の合計は3.5億円以上に上るという。

Zehitomo

いわゆるクラウドソーシングや、オンラインアウトソーシングとの大きな違いは、Zehitomo では、ユーザが役務提供を受けられるサービスを検索するのではなく、ユーザが投稿した要望に対して、サービス提供者側であるプロフェッショナルからチャット形式で提案をオーダーメードで受けられる点だ。

Zehitomo では料金決済時の手数料は発生せず、プロフェッショナルがユーザに応募提案する際に手数料を課金している。つまり、プロフェッショナルは役務に対する料金を総取りでき、Zehitomo に支払う料金は新規顧客の獲得時のみに限定できるわけだ。プロフェッショナルにとってはリピーター客とのやりとりに、その都度プラットフォームに連絡を仲介してもらったり、手数料を支払ったりする必要がなくなる。

Zehitomo では、誰もが個人の選択肢を限定されることなく理想とするプロと繋がるサービスを提供することで、専門性に特化したフリーランスや中小企業はもちろん、すべての人にとって働きやすい社会を構築したいとしている。

----------[AD]----------