4,000サイトが導入、1行のスクリプトでウェブサイトを多言語化できる「WOVN」が有料版の提供を開始

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2015.2.11

WOVN

昨年9月にインタビューした、たった一行のJavascriptコードを追加するだけでウェブサイトを多言語化できる「WOVN」(ウーヴェン)。現在、WOVNを導入するドメイン数は4,000サイト。多言語化されたページの数は12万ページに及びます。昨年9月時点では100ページ程だった1日に多言語化されるページ数は、今では600〜700ページにまで増加しています。

月額1,900円からの有料プランを開始

WOVN-premium-plans

そんなWOVNが、2月16日から開始するのが有料版の提供です。無料版も引き続き使えますが、多言語化が無料なのは5ページまで。その他には、一部のウィジェットのカスタマイズなどが可能です。新たに開始する有料版プランは、「STARTUP」「BUSINESS」「ENTERPRISE」の3つ。

この中で最も安価なのがSTARTUPで、月額料金は1,900円です。100ページまで多言語化できて、全てのウィジェットのカスタマイズが可能。また、WOVNのJavascriptが導入されているページのHTMLが更新されると、それを検出して翻訳内容を自動でアップデートしてくれる機能も。STARTUPプランでは1言語に限られる自動機械翻訳は、それ以上のプランでは3言語以上に対応します。

ENTERPRISEの価格は要問い合わせ。上述した各種機能に加えて、サーバーのカスタマイズやA/Bテストへの対応など、今後も様々な機能を充実させていく予定です。

今春に予定するライブラリの公開でSEOを強化

以前にWOVNを紹介した際に聞かれたのが、WOVN導入サイトのSEO対策について。これに関しては既にGoogleにインデックスされるところまで内部テストで確認がとれており、チューニングが出来次第にリリースされます。また、今春にはライブラリを公開し、それを使うことで完全なSEO対策が施せるようになると言います。

WOVNを運営するミニマル・テクノロジーズ(Minimal Technologies)は、そのチームもどんどんグローバル化させている模様。ファウンダーでCEOの林鷹治さん、共同ファウンダーでアメリカ人のジェフ・サンドフォド(Jeff Sandford)さん。また、新たにフランス人のエンジニア、また台湾人のセールスの人材が加わり4人チームになりました。

現在、日本国内のWOVN導入サイトによるニーズが高いのが、中国語、韓国語、スペイン語の順です。今後は、日本国内の大規模サービス向けのエンタープライズ版の営業と開発に注力していく予定です。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------