宇宙ゴミ掃除技術などのアストロスケールHD、東証グロースに上場へ

SHARE:
Image credit: Astroscale Holding

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。

宇宙ゴミ(スペースデブリ)の除去サービスを提供するアストロスケールホールディングスは1日、東京証券取引所への新規上場申請を実施し、承認されたことが明らかになった。市場区分はグロースで証券コードは186A。2,083万3,300株を公募し、276万株売り出す。なお、オーバーアロットメントは312万4,900株。主幹事は三菱 UFJ モルガン・スタンレー証券とみずほ証券、上場予定日は6月5日。

価格の仮条件は5月20日に決定し、ブックビルディング期間は5月20日から5月24日を通して実施される。最終的な公開価格決定日は5月27日。

公募を含む上場時の発行済み株式総数が1億1,169万2,500株で、想定価格の720円から算出した企業評価額はおよそ804億円規模。同社公開の有価証券届出書によれば、2023年4月期の通期売上高は17億9,299.1万円で経常損失は93億1,400.1万円となっている。

アストロスケールホールディングスは、2018年11月に合同会社として設立され、2018年12月に株式会社へと改組された。宇宙デブリを対象とした除去技術や、人工衛星の軌道変更・維持などのサービスを提供している。事業はもともと、2013年5月に設立されたシンガポール法人の Astroscale が運営していたが、組織再編により、アストロスケールホールディングスが親会社となった。

主要株主は、創業者で CEO の岡田光信氏を筆頭に(26.78%)、INCJ(16.53%)、エースタート(3つのファンドを通じて合計6.25%)、ジャフコ(東証:8595、4.27%)、グーニーズ(前澤友作氏の資産管理会社、3.14%)、三菱電機(東証:6503、2.57%)、COO の Chris Blackerby 氏(2.54%)、日本グロースキャピタル投資法人(野村スパークス・インベストメントが運営、2.45%)、THE FUND(1.92%)、MMA 投資事業有限責任組合(1.35%)、三菱 UFJ キャピタル(1.34%)と続く。

アストロスケールのこれまでの軌跡>

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録