宇宙ゴミを掃除するAstroscale、シリーズDのエクステンションラウンドで3,000万ドルを調達——米国に進出へ

SHARE:
ELSA-d
Image credit: Astroscale

宇宙活動の⻑期的持続可能性を念頭に、宇宙ゴミの除去サービスを提供する Astroscale は、コロラド州デンバーに新しいオフィスを開設したと発表した。この戦略的なアメリカ拠点は、同社のシンガポール、日本、イギリス拠点に次ぐものだ。

新オフィスのオープニングと合わせ、Astroscale はシリーズ D のエクステンションラウンドで3,000万米ドルを追加調達した。このラウンドの投資家は、INCJ、ジャパンコインベスト投資事業有限責任組合2号(三井住友トラストインベストメント)、スペース・エースタート1号投資事業有限責任組合(エースタート)、協創プラットフォーム開発1号投資事業有限責任組合(東大 IPC)、エンジェル投資家の平尾丈氏。

今回の追加調達により、Astroscale のシリーズ D ラウンドの調達合計額は8,000万米ドルに達し、累積調達額は1億3,200万米ドルに達した。

<関連記事>

Astroscale の創業者で CEO の岡田光信氏は、次のように述べている(以下、日本語原文ママ)

アストロスケールにとって、米国拠点の開設は、従業員や顧客にとっても多くの恩恵をもたらす、非常に重要なマイルストーンであると捉えています。米国はこれまで、宇宙交通管制(STM)や軌道上デブリの低減に積極的に取り組んできました。米国に拠点を構えることで、グローバル課題であるデブリ問題について、政策立案者や業界リーダーとの密なコミュニケーションが可能となり、持続的な解決策に向けて考察を深められると考えています。

Astroscale アメリカは事業開発と技術成長に特化し、マネージングディレクターの Ron Lopez 氏がリードする予定。Lopez 氏は、アメリカ空軍やボーイングで勤務するなど、宇宙航空分野で25年を超える政府および業界での実績があり、Honeywell Aerospace では防衛宇宙分野のアジア太平洋チームをリードしてきた。

同社のグローバル経営陣は、その他、NASA のワシントンで約15年の勤務経験のある GCOO(グローバル最高執行責任者)の Chris Blackerby 氏のほか、グローバルスタートアップ数社で金融・人事チームを率いた経験を持つCFAO(最高財務責任者兼最高総務責任者)の牧野愛氏、航空宇宙業界の専門家で、特にヨーロッパの宇宙業界に詳しい CCO(最高営業責任者)の John Auburn 氏らで構成されている。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------