【リーク情報】Uberの2015年ネット売上は前年比3倍の15億ドル(1800億円)、損失の状況も

Takeshi Hirano by Takeshi Hirano on 2016.1.17

<ピックアップ> Report: Uber was on track to top $1.5 billion in revenue last year

ペイウォールタイプで各種リーク情報が並ぶサイト、The Informationに巨大化の一途をたどるUberの売上情報が掲載されていたようです。ログイン後の情報をかいつまんだ記事がBusiness Insiderに掲載されていましたのでそちらを拝借させていただきます。TIのAmir Efrati記者が伝える情報はこんな感じでなかなかしびれます。

  • 総予約(Gross booking)2014年は29億3200万ドル。2015年のQ1が14億9900万ドルでQ2が21億3100万ドル。
  • ネット売上(Net revenue)2014年は4億9530万ドル。2015年Q1が2億8730万ドルで、Q2が3億7590万ドル。
  • オペレーティングコストは2014年が6億6070万ドル。2015年は上半期だけで7億4380万ドル。
  • 損失(Losses)はGAAP(米国会計基準)で賠償なども含め、2014年が6億7140万ドル。2015年Q1が3億8510万ドルでQ2が6億210万ドル。

ちなみに2015年末にロイターの記事でUberの売上情報についてはこんな記事が出ていました。

<参考記事>

Uberの資金調達関連資料がメディアに流れてしまったようです。情報をキャッチしたロイターによると、今年の予約売上は108億4000万ドル(約1兆3000億円)を見込んでおり、翌年には261億2000万ドルに到達するとのこと。

この当時の情報からすると手数料が20%見当で2015年のネット売上は20億ドル程度では、という予想でしたが、Amir Efrati記者のキャッチした情報では15億ドルほど(120円換算で1800億円)だったということです。総予約数についてはロイター情報と照らし合わせても、おおよそ3倍の年次成長のようですからほぼほほ2紙の情報はあってるっぽいです。まあ、誤差で5億ドル(600億円)というのはざっくりすぎますが、あくまでリーク情報ですので参考値です。

もちろん損失も半端なく、銀行にまだ41億ドルもあるというのに、これがなくなりそうな勢いというのはアメリカ・シリコンバレースタートアップのデカさを感じざるをえません。

世界を変えてやる!という言葉の使い方については今後気をつけます。

シェアリング・オンデマンド経済の旗手であり、ユニコーン筆頭のUberが今後どのようなIPOを見せてくれるのか、そして事業がどこまで成長するのか、大変楽しみです。

via Business Insider
via The Information

“summercamp"/

Takeshi Hirano

Takeshi Hirano

ブロガー。TechCrunch Japan、CNET JAPANなどでテクノロジー系スタートアップの取材を続け、2010年にスタートアップ・デイティング(現THE BRIDGE)を共同創業。1977年生。(株)THE BRIDGE代表取締役

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース