Werckerが450万米ドルの資金を調達、コマンドラインツールをオープンソース化

Jordan Novet by Jordan Novet on 2016.2.10

VB Insightは、VentureBeatが提供するマーケティングテクノロジーに特化した企業向け有償レポートです。日本語版は、サンフランシスコのクリエティブ・エージェンシーbtraxが提供しています。詳しくはこちらから。

上:左からWerckerのCTOのAndy Smith氏、CEOのMicha Hernández van Leuffen氏、CCOのWayne Gibbins氏 Image Credit: Gray Powell/Wercker

上:左からWerckerのCTOのAndy Smith氏、CEOのMicha Hernández van Leuffen氏、CCOのWayne Gibbins氏
Image Credit: Gray Powell/Wercker

コードのテスト及びデプロイプロセスを自動化するツールのスタートアップであるWerckerは本日、450万米ドルの資金調達ラウンドを発表した(編集部注:原文掲載1月28日)。同社はまた、GitHubのオープンソース使用許可のもと、コマンドラインインターフェース(CLI)のリリースも合わせて発表した。

「新たに調達した資金により、Werckerは大企業向けの機能を備えた製品をさらに増産することができます」と、同社設立者兼CEOのMicha Hernandez van Leuffen氏はVentureBeatのインタビューで答えた。

競合にはCodeship、CircleCI、Drone.io、Semaphore、Shippableなどがいる。

他社製品との差別化のポイントはDockerコンテナとの統合で、これによってユーザーはアプリケーションコードをひとまとめにして、簡単にサーバー間を移動させることができる。

「全てをDockerのコンテナ内で作業させることができます。開発過程の中間生成物はすべてDockerのコンテナになれるのです。」とHernandez van Leuffen氏は語る。また、Docker Hubもしくは自分のレジストリからコンテナを取り出し、出荷前にコードを作ることもできる。さらにCLIがオープンソースなので、誰でもその上でコードを作ることが可能だ。

このラウンドを率いたのはInkef Capitalで、他にもNotion Capitalが参加した。現在までにWerckerは750万米ドルを調達している。

Werckerは2011年にアムステルダムで創業し、サンフランシスコにもオフィスがある。スタッフ数は17人だ。昨年同社はOrganizations機能を導入した。同氏によると、何万人もの人々が現在Werckerを利用しているという。

WerckerはGitHub及びAtlassianのBitbucketと統合している。現在のところGitLabはサポートしていない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

“summercamp"/

Jordan Novet

Jordan Novet

サンフランシスコを拠点に活動するスタッフ・ライター。ビッグデータ、クラウド・コンピューティング、ビジネスに関する他のテクノロジーについて執筆。以前は Gigaom に所属していた。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース