電通ベンチャーズが、スポーツ観戦用VRストリーミング技術を開発する「LiveLike」に出資

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2016.9.21

livelike_featuredimage

電通ベンチャーズは21日、ニューヨークを拠点にスポーツ観戦向けのバーチャルリアリティ(VR)プラットフォームを開発する「LiveLike」に出資したと発表した。出資額や出資比率は明らかにされていない。同社は立ち上げ期には NFL から助成金を受けているほか、これまでに複数の投資家から総額95万ドルの出資を受けている。

LiveLike は放送局向けの VR プラットフォームを開発しており、放送局は VR 撮影専用の設備を準備しなくても、既存の映像配信設備の活用で、ライブ VR 配信することが可能になる。視聴者は、iOS、Android、Gear VR に対応したアプリでスポーツの試合をライブ VR で視聴可能になる。9月13日には、Fox Sports との提携により、NCAA Football の Ohio State vs Oklahoma ゲームの、iOS、Android、Gear VR 対応のスポーツブロードキャスティングアプリ(下図)をリリースしている。

college-football-suite
クリックして拡大

LiveLike は2015年、アメリカの有名アクセラレータ・ネットワーク TechStars から輩出されたスタートアップで、今年2月に TechCrunch がスタンフォード大学のビジネススクールと共催したスタートアップ・コンペティション「1st And Future」で、「Bringing Home The Game」部門の優勝の座に輝いた。LiveLike の共同創業者で CEO の Andre Lorenceau 氏は、かつて VR コンテンツ制作会社の Innerspace VR で勤務していた経験を持つ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------