B Dash Camp 2016 Fallピッチアリーナ優勝のSimgo、サービスオペレータや販売代理店と手を組み日本市場に進出へ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.6.9

イスラエル発のスタートアップで、端末から SIM カードを入れ替えせず、クラウド側で SIM に関する情報を遠隔制御できるソリューションを開発する Simgo。昨年、札幌で開催された B Dash Camp 2016 Fall ピッチアリーナ では優勝、また、シンガポールで開催された Echelon Asia Summit では「台湾 IDEAS Show 賞」を獲得している。

同社が複数社と手を組み、7月にも日本市場に進出することが明らかになった。Simgo 自体は技術開発会社であるため、市場進出にあたってはサービスオペレータなどが必要になるが、今回はサービスオペレータ(および WiFi ルータ提供元)として香港の GWiFi、日本における販売代理店として BroadLine が手を組んだ。世界中で使える WiFi ルータ「G3000」が、楽天ヨドバシカメラなどの EC サイト上で7月21日から販売される予定だ。価格は19,800円(税別)。

Simgo は、スマートフォン、タブレット、IoT などに挿入可能な eSIM カードと、それを統合管理できるクラウドサービスを提供。異なる国や都市へ移動したときにも SIM カードを差し替えることなく、複数の SIM カードをクラウド上で管理し、条件に沿って予め設定されたモバイルキャリア・APN(アクセスポイントネーム)・料金プランを動的にに選択することができ、ユーザはローミング料金を支払う必要が無くなる。

昨年2月には、ヤフー(Yahoo Japan)の社長を務めた井上雅博氏が、Simgo の役員に就任したことが発表され、日本市場への進出についても期待されていた。井上氏は今年4月、カリフォルニア州で交通事故に遭い他界している。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------