バイクシェアリングのOfo(小黄車)、10億米ドル超の資金調達に向け交渉中【ロイター報道】

by TechNode TechNode on 2017.10.9

Image credit: Ofo(小黄車)

中国の自転車レンタル企業 Ofo(小黄車)が10億米ドルを超える新たな資金調達に向け交渉を行っている、とロイターが報じている

現在モスクワに滞在している同社共同設立者の Yang Pinjie(楊品杰)氏がロイターに語ったところによると、調達規模は10億米ドルを超える可能性もあるが、交渉中の銀行名は明らかにされなかった。

9月22日は世界カーフリーデーだった。この日、都市部では公共交通機関や自転車を使うか、歩くことが奨励された。Ofo は同日、ロシア、チェコ、イタリア、オランダの欧州4か国に上陸。現地企業 Velobike と緊密な連携を図っており、2018年にはモスクワでパイロット実験を開始する予定だ。

Ofo に投資するGSR Ventures(金沙江創業投資)の Zhu Xiaohu(朱嘯虎)氏
Image credit: TechNode

ofoの投資企業 GSR Ventures(金沙江創業投資)の社長である Zhu Xiaohu(朱嘯虎)氏によれば、Ofoと Mobike(摩拜単車)が合併すれば収益性の高い企業が誕生する可能性がある、と姉妹メディアの TechNode China(動点科技)が報じている

両社トップは合併の必要性については語っていない。今年6月に開催された夏季ダボス会議の場で同席したものの、Mobike の共同設立者兼社長の Hu Weiwei(胡瑋煒)氏はofoとの合併の噂を一蹴し、Ofo の設立者兼 CEO の Dai Wei(戴威)氏もまた、「合併する必要はない。この業界は市場を支配することが全てではなく、むしろ市場の中で共存することが重要」だと語っていた。

Zhu Xiaohu 氏は、自転車レンタル事業は2社の寡占状態にあり、市場占有率は両社で95%を占めている、と復旦大学で開かれた中国チーフエコノミストフォーラムの場で話した。

さらに同氏は、両社で市場の大半を占有してはいるものの、事業運営のために毎月多額の資金を投資しなくてはならず、そのため、採算を確保できる唯一の手段が合併だと続けて発言した。資本の観点からすれば、「どの会社がどこを買収するか」は大した問題ではないとも述べている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------