BRIDGE

タグ ByteDance(字節跳動)

中国で拡大する声の市場、ByteDance(字節跳動)が次に狙う「AIナレーション」の世界

SHARE:

<ピックアップ> 字节跳动通过新 App 番茄畅听入局长音频市场 ニュースサマリー:北京に拠点を置き、TikTok(抖音)を運営する ByteDance(字節跳動)は6月8日、AI がテキストのナレーション生成を行うオーディオブックアプリ「Fanqie Changting(番茄暢聴)」をリリースした。 重要視すべき理由:オーディオコンテンツ市場は中国で急成長。オンラインオーディオの消費者数は201…

「Fanqie Changting(番茄暢聴)」

<ピックアップ> 字节跳动通过新 App 番茄畅听入局长音频市场

ニュースサマリー:北京に拠点を置き、TikTok(抖音)を運営する ByteDance(字節跳動)は6月8日、AI がテキストのナレーション生成を行うオーディオブックアプリ「Fanqie Changting(番茄暢聴)」をリリースした。

重要視すべき理由:オーディオコンテンツ市場は中国で急成長。オンラインオーディオの消費者数は2018年には4億1,600万人に達し、今年は62億人民元(約940億円)規模に達すると予測。ByteDance はオーディオコンテンツ領域でも AI を活用し、事業を拡大しようとしている。

詳細情報:TikTok 以外にも多くの事業を展開する ByteDance が AI オーディオブックアプリ「Fanqie Changting」をリリース。開発元は Zhending Technology(臻鼎科技)だが、実際のコントロールは ByteDance CEO Zhang Yiming(張一鳴)氏と言われている。コンテンツの多くは人間ではなく AI によってナレーションされている。

  • Fanqie Changting は、月額18人民元(約270円)、3ヶ月で50人民元(約760円)、6ヶ月では99人民元(約1,500円)で販売している。有料メンバーはオーディオブックをダウンロードして広告無しで聴くこと、他のアプリ内購入に使用できるゴールドコインの形で報酬を獲得するオプション等がある。
  • ファンタジー小説など幅広い本を備えており、ユーザーは標準・感情・ブティックの男性または女性の AI ナレーションから選択することが可能。
  • これにより、ByteDance は中国の長編オーディオの領域に足を踏み入れることとなる。現在は Ximalaya(喜馬拉雅)、Lychee FM(またの名を Lizhi=荔枝)、Dragonfly FM(蜻蜓 FM)などのプレイヤーが支配している。
  • Tencent(騰訊)も、今年の4月に独自の統合ポッドキャスト、オーディオブック、一般的なロングオーディオプラットフォームをリリースしたばかり。

背景:ByteDance はオンライン教育市場に対しても AI を活用した幼少期向けオンライン教育アプリケーション「GuaGuaLong English(瓜瓜龍英語)」「GuaGuaLong Mind(瓜瓜龍思維)」を4月にリリース。新規事業として、AI を活用したアプリ・サービスを近年多く展開している。

<関連記事>

via TechNode 中文版(動点科技)

執筆:國本知里/編集:岩切絹代・平野武士

----------[AD]----------

パンデミックで拡大、ByteDanceが狙う「中国・640億ドルAIオンライン教育市場」

SHARE:

ピックアップ:TikTok maker launches its own AI tutor in online education push ニュースサマリー:ショートムービアプリ「TikTok」を運営するByteDanceは、幼少時向けAIオンライン教育アプリケーション「GuaGuaLong English」・「GuaGuaLong Mind」を4月にリリースした。同社は2018年より、同事業へ…

pexels-photo-4144224.jpeg
Photo by Julia M Cameron on Pexels.com

ピックアップ:TikTok maker launches its own AI tutor in online education push

ニュースサマリー:ショートムービアプリ「TikTok」を運営するByteDanceは、幼少時向けAIオンライン教育アプリケーション「GuaGuaLong English」・「GuaGuaLong Mind」を4月にリリースした。同社は2018年より、同事業へ本格参入しており既に200以上の商標登録を実施しているとされる。

重要視すべき理由:ByteDanceはニュースアプリToutiaoや、ショートムービーアプリTikTokなどの機械学習技術を強みに成長を遂げてきた。インドにおいても同社はAIを活用した教育コンテンツ事業を推し進め、BtoBコミュニケーションツールLarkでも中英自動リアルタイム翻訳を搭載するなどAI事業に力を入れていることが分かる。今後は元々の強みであるAI技術により、中国の教育領域でもプラットフォームを強化し、中国の教育業界で新規参入者としてシェア拡大を狙っている。

詳細情報:ByteDanceは、2020年4月にGuaGuaLong EnglishとGuaGuaLong Mindの2つの教育アプリをリリース。GuaGuaLong Englishは2〜8歳の子供に英語を教えることを目的に、GuaGuaLong Mindは3〜6歳の子供たちに数学を教えることを目的として立ち上げられた。

  • GuaGuaLongは恐竜をイメージして作られているAIチューターのブランド。GuaGuaLong Englishでは、単語を誤って発音している場合をAIで検出することを鹿野としているのが特徴。専用アプリを通した月額・年額制のサービスとなっている。
  • 中国の国家知的財産局によると、ByteDanceは2018年から「GuaGuaLongコーディング」から「GuaGuaLong書道」までの200以上の「GuaGuaLong」商標を登録。
  • 中国のオンライン教育市場は2020年までに4,538億元(640億米ドル)の価値があると予測されており、幼稚園から高校までの幼稚園から高校までのオンライン教育ユーザーの数は今年までに約3770万人に達する。

背景:中国では、教育用アプリのデイリーアクティブユーザーが8700万人から1億2700万人と46%急増している。K-12教育プラットフォームのデイリーアクティブユーザーは、コロナパンデミックの間に2300万人増加。

中国の教育市場はニューオリエンタルエデュケーションやTALエデュケーショングループなど、3〜4社のトップ企業でも、幼稚園から高校生までのオンライン教育の市場シェアは5%未満しか占めていない。ByteDanceなどの新参者が業界を統合し、トッププレーヤーになる可能性がある。

執筆:國本知里/編集:平野武士

----------[AD]----------

Bytedance(字節跳動)、TikTok(抖音)のCEOにディズニー元幹部を抜擢——米国での懸念噴出に対応か

SHARE:

人気の短編動画アプリ「Tiktok(抖音)」を運営する Bytedance(字節跳動)は19日、Tiktok の CEO に元ウォルト・ディズニー・カンパニーのストリーミング部門元幹部 Kevin Mayer 氏を任命したと発表した。 重要視すべき理由:同社は、中国企業による所有であることをめぐる懸念に対処する取り組みを強化している。Bytedance は4月、サイバーセキュリティのベテラン Ro…

Photo credit: Alexey Malkin / 123RF

人気の短編動画アプリ「Tiktok(抖音)」を運営する Bytedance(字節跳動)は19日、Tiktok の CEO に元ウォルト・ディズニー・カンパニーのストリーミング部門元幹部 Kevin Mayer 氏を任命したと発表した。

重要視すべき理由:同社は、中国企業による所有であることをめぐる懸念に対処する取り組みを強化している。Bytedance は4月、サイバーセキュリティのベテラン Roland Cloutier 氏を CISO(最高情報セキュリティ責任者)に任命した。また昨年には、YouTube の元幹部 Vanessa Pappas 氏などアメリカで幹部を任命するなど、Tiktok を中国の運営から切り離す努力を強化している。

  • Mayer 氏は Bytedance の上級職にも就いており、Bytedance の中国本社が現在も Tiktok を厳しく管理していることを示唆している。

詳細情報:Bytedance が18日に発表した声明によると、同社は Mayer 氏を Bytedance COO 兼 Tiktok CEO に任命した。

  • Mayer 氏は、Bytedance の創業者兼 CEO Zhang Yiming(張一鳴)氏の直属となり、同社のグローバル展開を指揮することになる。また、Mayer 氏は Bytedance の企業開発、営業、マーケティング、広報、セキュリティ、コンテンツモデレーション(不適切コンテンツの監視)、法務を担当することになると同社は述べている。
  • Mayer 氏は18日にディズニーを退任し、Bytedance には6月1日に着任する。
  • 声明によると、Tiktok の前身である Musical.ly の創業者であり、現在 Musical.ly の社長を務める Alex Zhu(朱駿)氏 は、Bytedance の製品・戦略担当 VP に就任する。

Mayer 氏はグローバルビジネスを成功させた豊富な経験を持ち、世界中のユーザのクリエイティビティを刺激するという我々のミッションに最適な人物だ。世界で最も実績のあるエンターテインメント経営幹部である Mayer 氏は、Bytedance の製品ポートフォリオを次のレベルに引き上げる上で適任だ。(Bytedance の創業者兼 CEO Zhang Yiming 氏)

背景:Mayer 氏は、ディズニーの複数のストリーミング事業を担当する子会社 Direct-to-Consumer & International の会長を務めていた。11月に開始したストリーミングサービス「Disney+」のグローバルローンチを主導し、5ヶ月で5,000万人以上の加入者を集めた。

  • Bytedance は、時価総額が約1,000億米ドルと推定される世界で最も評価額の高いスタートアップの1つであり、中国以外の市場での存在感を精力的に拡大している。創業者の Zhang 氏は3月、国外事業を引き継いだ
  • Tiktok は中国との関係をめぐってアメリカでの監視の目が厳しくなっている。調査会社 Sensor Tower によると、アメリカでダウンロード件数1億7,200万件に達したアプリが国家安全保障上のリスクをもたらす可能性があるかどうかについて、アメリカの議員数人が疑問を呈している
  • Tiktok は今年3月、セキュリティとプライバシーに関する懸念に対処するため、アメリカのオフィスにコンテンツモデレーションのトランスペアレンシーセンターを設置すると発表した

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

ByteDance(字節跳動)、動画編集アプリ「Viamaker」の日本語版などローンチし世界展開を開始

SHARE:

「TikTok」の運営で知られる ByteDance(字節跳動)は、中国で人気の動画編集アプリ「Viamaker」を海外市場で静かに立ち上げた。 重要視すべき理由:アプリストア調査会社の Sensor Tower のデータによると、Viamaker の 中国版「剪映」は、90日以上にわたり、中国の Apple アプリストアで最もダウンロードされた無料アプリのトップ10にランクインしている。 Sen…

「Viamaker」
ByteDance(字節跳動)

「TikTok」の運営で知られる ByteDance(字節跳動)は、中国で人気の動画編集アプリ「Viamaker」を海外市場で静かに立ち上げた。

重要視すべき理由:アプリストア調査会社の Sensor Tower のデータによると、Viamaker の 中国版「剪映」は、90日以上にわたり、中国の Apple アプリストアで最もダウンロードされた無料アプリのトップ10にランクインしている。

  • Sensor Tower によると、同アプリは3月に500万ダウンロードを記録した。
  • このアプリの人気は、短編動画アプリ TikTok の中国版「剪映」や「Xigua(西瓜)」など、ByteDance のビデオストリーミングサービスに弾みをつけるかもしれない。

詳細情報:Google Play のアプリページによると、ByteDance は4月24日に Viamaker のサービスを開始し、29日午後時点でダウンロード数が10万件を超えている。

  • 同社 web サイトによれば、Viamaker の海外版は現在、英語、日本語、韓国語、ポルトガル語の4言語に対応している。
  • 中国語版は1年ほど前から提供を開始している。ユーザは Douyin のアカウントを使って Viamaker にログインし、Viamaker から Douyin に動画を投稿することができる。また、ユーザは Viamaker 上の動画を他のユーザと共有することもできる。
  • Viamaker の動画編集インターフェイスは剪映と同じだが、ユーザアカウントシステムと動画共有機能が存在しない。

背景:このアプリを開発したのは、ByteDanceが2018年に3億米ドルで買収したスタートアップ Shenzhen Lianmeng Technology (臉萌科技)だ。

  • Shenzhen Lianmeng Technology はビューティー自撮りアプリ「FaceU」で最初に有名になり、アプリストアトラッカーの Qimai(七麦)によると、2016年と2017年の初めに中国のアプリストアの無料アプリチャートでトップになった。
  • ByteDance は先日、同社の創業者兼 CEO の Zhang Yiming(張一鳴)氏が海外事業の責任者に異動したことで、リーダーシップを大幅に再編成したと発表した

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

「TikTok(抖音)」運営のByteDance(字節跳動)、時価総額は1,000億米ドルに到達か【報道】

SHARE:

Financial Times は、TikTok および Douyin(抖音)開発元の Bytedance (字節跳動)の時価総額は現在、最近の中国企業株式のセカンダリーマーケットにおける同社の株価に基づいて計算すると、最大で1,000億米ドルに上ると推定されると報じた。 重要視すべき理由:この最新の評価額は、2018年時点の評価額750億米ドルよりも約3分の1程度高くなっている。 詳細情報:Fi…

上海の Bytedance(字節跳動)ビル受付で働くスタッフ
Image credit: TechNode/Emma Lee

Financial Times は、TikTok および Douyin(抖音)開発元の Bytedance (字節跳動)の時価総額は現在、最近の中国企業株式のセカンダリーマーケットにおける同社の株価に基づいて計算すると、最大で1,000億米ドルに上ると推定されると報じた。

重要視すべき理由:この最新の評価額は、2018年時点の評価額750億米ドルよりも約3分の1程度高くなっている。

詳細情報:Financial Times は3月30日、複数の関係者の情報を引用し、最近同社の株式がセカンダリーマーケットで売却された後、複数の投資家が非公式的ながら Bytedance に対し900億米ドルから1,000億米ドル程度の評価額を付けたと報じている

  • 投資家向けレターを引用した報道によれば、これらの投資家にはニューヨーク拠点の投資会社 Tiger Global が含まれ、同社はこの21ヶ月間、評価額を将来フリーキャッシュフローに対し低い割引率で算出し Bytedance の株式を購入してきたとされる。
  • 2018年、ソフトバンクや General Atlantic などの投資家が Bytedance に約30億米ドルを出資した際には、評価額は750億米ドルだったと Bloomberg が報じている。Bytedance のスポークスパーソンは3月31日、TechNode(動点科技)の問合せに対し、「この評価額を確認していない」と語った。
  • Financial Times の報道によると、Tiger Global は Bytedance の評価額が約半分であった頃から株式の購入を開始し、セカンダリーマーケットでの購入を通じて持分を増やしているという。
  • Bytedace は、この取引についてコメントを拒否した。
  • Tiger Global は投資家向けレターの中で、Bytedance が2017年に中国のオンライン広告市場の約4%を掌握したと述べ、今年は約19%を掌握すると予測している。市場調査会社 eMarketer によると、中国のデジタル広告支出総額は今年810億米ドルに達すると予想されている

背景:Financial Times は昨年10月、Bytedanceが今年第1四半期に香港での IPO を視野に入れていると報じた。同社は当時この報道を否定し、近日中に株式を公開する予定はないと述べた。

  • Tiger Global の中国市場における投資先には、オンラインサービスプラットフォームの Meituan-Dianping(美団点評)、EC 大手の Alibaba(阿里巴巴)、配車サービスの Didi Chuxing(滴滴出行)などがある。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

「TikTok(抖音)」運営のByteDance(字節跳動)、米議会の監視強化に対応しトランスペアレンシーセンターを開設へ

SHARE:

「TikTok」は11日、「トランスペアレンシーセンター」を開設し、同短編動画プラットフォームのセキュリティとプライバシーに関する懸念に対処するため、アメリカオフィスにコンテンツの節度を保つための「トランスペアレンシーセンター」を開設する予定であると発表した。 重要な理由:中国企業が運営する TikTok は、アメリカ議会による監視強化に直面している。彼らはコンテンツ検閲と、アメリカ人ユーザの個人…

Photo credit: Alexey Malkin / 123RF

「TikTok」は11日、「トランスペアレンシーセンター」を開設し、同短編動画プラットフォームのセキュリティとプライバシーに関する懸念に対処するため、アメリカオフィスにコンテンツの節度を保つための「トランスペアレンシーセンター」を開設する予定であると発表した。

重要な理由:中国企業が運営する TikTok は、アメリカ議会による監視強化に直面している。彼らはコンテンツ検閲と、アメリカ人ユーザの個人情報が中国政府に共有される可能性について懸念している。

  • TikTok は大幅な成長を遂げており、特に10代から支持されている。中国版では「TikTok(抖音)」と呼ばれるこのアプリは、2019年に7億3,800万回以上ダウンロードされ、世界で2番目にダウンロードされたアプリとなった。
  • アメリカで直面している監視は、ソーシャルアプリ「Grindr」がアメリカの投資家への売却前に直面していたものと類似している。マーケティングインテリジェンス企業 CB Insights によると、TikTok の事業を分割するならば、同事業を運営する ByteDance(字節跳動)のバリュエーションに大きな打撃を与える。マーケティングインテリジェンス企業 CB Insights によれば、Bytedance のバリュエーションは2018年に780億米ドルと世界で最も高いバリュエーションをつけた。

詳細情報:TikTok は11日の声明で、ロサンゼルスのオフィスにコンテンツモデレーションセンターを設置し、外部のエキスパートによって同アプリがどのようにプラットフォーム上のコンテンツの節度を保っていくか示す予定である、と発表した。

  • 声明によると、このセンターでは、同社のコンテンツモデレーターがどのようにアップロードされたビデオを評価し、違反の可能性があるものを特定しているか、またユーザからの苦情や批判がどのように処理されているか、専門家が監視できるようになるyていだ。
  • センターは5月上旬にオープンする。同社によれば、初期段階では TikTok のコンテンツモデレーションにフォーカスし、ソースコードの調査や、データプライバシーやセキュリティに関する取り組みへと広げていく予定だ。
  • また同社は、サイバーセキュリティの専門家 Roland Cloutier 氏を4月に入社する最高情報セキュリティ責任者として採用したことも発表した。Linkedin のプロフィールによれば、Cloutier 氏は給与計算サービス企業 ADP の最高セキュリティ責任者を務めていた。
  • TikTok のアメリカゼネラルマネージャー Vanessa Pappas 氏は、声明の中で「当社が身を置く業界や産業は急速に進化しており、当社のシステム、ポリシー、慣行は完璧ではないことを認識している。よって、継続的な改善に取り組んでいく。」と述べている。

背景:TikTok はこの数ヶ月間、アメリカでのコンテンツ検閲や中国政府の関連する問題への懸念に対処するため、取り組みを強化している。

  • 同社は12月、史上初のトランスペアレンシーレポートを発表し、2019年上半期には(中国公安など)法執行機関を含む中国政府からのユーザ情報のリクエストは一切受け取っていないと述べた。
  • The Guardian は昨年9月、TikTok がモデレーターに対して、中国政府によって政治的にセンシティブなものだとみなされる動画を検閲するよう指示したと、Tiktok のガイドラインを詳述する漏洩文書を引用して報道した。Bytedance は昨年11月、このガイドラインが昨年5月に廃止されたと説明した

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国大手初、Bytedance(字節跳動)が音楽ストリーミング「Resso」をインドなどに投入

SHARE:

短尺動画アプリ「TikTok」の開発元として知られる Bytedance(字節跳動)、インドとインドネシアで音楽ストリーミングアプリ「Resso」をリリースした。このアプリが提供するのは、同社が「ソーシャルミュージックストリーミングサービス」と呼ぶものだ。 重視すべき理由:この動きは、中国のテック大手が初めて音楽ストリーミングの領域に参入するもので、Spotify や Apple Music と競…

「Resso」
Image credit: Bytedance(字節跳動)

短尺動画アプリ「TikTok」の開発元として知られる Bytedance(字節跳動)、インドとインドネシアで音楽ストリーミングアプリ「Resso」をリリースした。このアプリが提供するのは、同社が「ソーシャルミュージックストリーミングサービス」と呼ぶものだ。

重視すべき理由:この動きは、中国のテック大手が初めて音楽ストリーミングの領域に参入するもので、Spotify や Apple Music と競合することになる。

  • しかし同社は、TikTok で使われている楽曲について、Universal Music、Sony Music Entertainment、Warner Music Group といった世界最大レーベルとの間に目下著作権問題を抱えている
  • Bytedance は、本拠地である中国以外の高成長市場にフォーカスしている。中国向けに開発された音楽アプリ「Yinyuebang(音楽榜 )」は、ほとんど進展していないようで、Apple の中国 App Store からはまだダウンロードすることができない。
  • インドは、Bytedance の稼ぎ頭である Tiktok の最大の市場だ。Tiktok は中国国内では「Douyin(抖音)」として知られている。
「Resso」
Image credit: Bytedance(字節跳動)

詳細情報:Resso は現在、Apple のインドとインドネシアの App Store、および Android デバイスで利用できる。

  • このアプリにより、ユーザはプレイリストを作成し、各楽曲のページにコメントできる。歌詞をソーシャルメディアで共有することも可能だ。
  • TechCrunch によると、このアプリは Sony Music Entertainment、Warner Music Group、Merlin and Beggars Group、そしてインドのパブリッシャーである T-Series、Saregama、Zee Music、YRF Music などとの提携関係を確立している。
  • フリーミアムモデルにより、無料アカウントでは広告付きで 128kbps に制限されたストリーミング品質となる。一方、広告無しのプレミアムアカウントは99インドルピー(約144円)/月で、256 kbpsの再生品質を提供し、楽曲をダウンロードすることができる。

背景:市場調査会社 Counterpoint によると、世界の音楽ストリーミング市場は、Spotify(市場シェア35%)と Apple Music (2019年前半時点で市場シェア20%)が支配している。

  • インドの音楽ストリーミング業界のユーザベースは2月時点で2億人だが、The Next Web によると、インド市場は月間1億5,000万人のアクティブユーザを抱えるローカルサービス Gaana が支配している。
  • 一方、インドネシアの音楽市場は2018年現在、世界の音楽市場の0.2%にあたる4,120万ドルの市場規模しかなかったが、Spotify と Tencent の QQ Music(QQ 音楽)がすでに同国に参入している。インドネシアは世界で4番目に人口の多い国で、インターネット普及率は64.8%で上昇を続けている。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国Bytedance(字節跳動)、リモートワーク追い風にG Suiteの競合サービス公開へ【報道】

SHARE:

Bloomberg は10日、Bytedance(字節跳動)がエンタープライズ向けメッセージングアプリ「Lark(中文名:Feishu=飛書)」のメジャーアップデートを今月すぐに準備し、Google のオフィスコラボレーションキット「G Suite」と似たようなものになるだろうと伝えた。 重視すべき理由:Bytedance は、短尺動画アプリ「Douyin(抖音)」やニュースアグリゲータープラット…

「Lark(中文名:Feishu=飛書)」
Image credit: Bytedance(字節跳動)

Bloomberg は10日、Bytedance(字節跳動)がエンタープライズ向けメッセージングアプリLark(中文名:Feishu=飛書)」のメジャーアップデートを今月すぐに準備し、Google のオフィスコラボレーションキット「G Suite」と似たようなものになるだろうと伝えた。

重視すべき理由:Bytedance は、短尺動画アプリ「Douyin(抖音)」やニュースアグリゲータープラットフォーム「Jinri Toutiao(今日頭条)」を超えた、新しい収益源を積極的に模索している。エンタープライズ向けサービスは、同社の将来の計画においてますます重要な役割を果たす。

  • データプラットフォーム「Statista」によると、グローバルコラボレーションソフトウェア市場は2019年に114億米ドルの収益を上げ、2023年までに136億米ドルに成長すると予想されている。
  • 現在、グローバルコラボレーション市場は、Microsoft、Google、Slack などが支配している。中国では「DingTalk(釘釘)」を運営する Alibaba(阿里巴巴)と「WeChat Work(企業微信)」を運営する Tencent(騰訊)が最大のプレーヤーである。

詳細情報:Bytedance は Lark をアップデート、クラウドベースのファイル管理とドキュメントおよびスプレッドシートの編集に焦点を合わせる予定。Bloomberg によると、今月中に中国で公開を開始する予定だという。

  • 現在、Lark アプリはメッセージング、ファイルストレージ、ビデオチャットなどの機能を提供。これらの機能は Slack に似ている。

背景:昨年4月、北京に拠点を置く Bytedance は、海外市場で Lark の提供を開始。 2019年末までに、チームの規模を1,000名にまで拡大する計画であると報告された

  • 中国企業が従業員に在宅勤務を奨励した新型コロナウイルスの流行の中、リモートワークアプリは中国市場で注目を集めたSensor Tower のデータを引用したレポートによると、Lark は2月に中国の App Store で22,000件以上ダウンロードされるピークを迎えた。
  • 3月初め、中国で最も人気のある Tencent のメッセージングアプリ「WeChat(微信)」は、アプリ内で Lark へのリンクをブロックし始めた。ユーザは Lark リンクを手動でコピーしてブラウザに貼り付けてアクセスする必要がある。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Bytedance(字節跳動)が動画アプリ「Huoshan(火山)」をTikTokブランドに統一

SHARE:

中国企業「Bytedance(字節跳動)」は1月8日、動画アプリ「Huoshan(火山)」のリブランディングを発表。同社が開発する別アプリ「Douyin(抖音/TikTok)」とブランドを統一することが決定した。 重視すべき理由: 飽和状態にある中国の短尺動画市場で、Douyinの成長が減速。BytedanceはHuoshanのコアユーザーセグメントからDouyinへのユーザー巻き込みを行ってきた…

technode.com-bytedance-rebrands-huoshan-as-douyin-huoshan-version-douyin-huoshan-version-1-scaled
Screenshot of Douyin Huoshan version’s official website. (Image Credit: TechNode)

中国企業「Bytedance(字節跳動)」は1月8日、動画アプリ「Huoshan(火山)」のリブランディングを発表。同社が開発する別アプリ「Douyin(抖音/TikTok)」とブランドを統一することが決定した。

重視すべき理由: 飽和状態にある中国の短尺動画市場で、Douyinの成長が減速。BytedanceはHuoshanのコアユーザーセグメントからDouyinへのユーザー巻き込みを行ってきた。加えて、競合アプリであるTencent(騰訊)傘下「Kuaishou(快手)」の買収も試みてきた。

  • 調査会社「Quest Mobile」のレポートによると、2つのプラットフォーム間の競争が激化していることを示している。DouyinとKuaishouを併用しているユーザー数は2019年6月時点で約1億5880万人であり、前年比で118.4%増加している。

詳細:ブランド変更後、「Douyin Huoshan Version(抖音火山版)」として引き続き独立して運営され、Bytedanceからの支援が増える。

  • Douyin Huoshan Versionで高品質のコンテンツを作成するクリエイターは、プラットフォームからの追加サポートを受けられる資格を持つ。同プログラムは2つのアプリで合計100億ビューのトラフィック、およびコンサルティングサービスと独占的パートナーシップの機会を約束するものとなる。
  • Douyin Huoshan Versionは、大規模なフォロワーを持つコンテンツクリエーターの数を増やすことを目指していると述べている。発表によると今後6か月で少なくとも10人のコンテンツクリエーターが1,000万人以上のユーザーをフォローし、100人のクリエーターが100万人を超えるフォロワーを獲得するように目指すという。
  • 「ブランド変更は、HoushanとDouyinが既存ユーザーに対してより良いサービスを提供し、両プラットフォームのコンテンツを充実させることを目的としている」とDouyinのZhang Nan氏は述べている
  • Huoshanは2019年末時点で5,000万人のデイリーアクティブユーザーがいる。
  • Bytedanceはコメントを控えている。

背景: 2016年4月に発売されたHuoshanは、Jinri Toutiao(今日頭条)のチームによって作成されたもので、TechPlanet(Tech 星球)のレポートによると、Bytedanceによる短尺動画サービスの実験的な位置付けであった。

  • TechPlanetのレポートによると、主に短尺動画に焦点を当てているDouyinとは異なり、Huoshanの最も収益性の高いビジネスの1つはライブストリーミングであるとのこと。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

短尺動画「Douyin(抖音)」、デイリーアクティブユーザ4億人を突破

SHARE:

訂正と補足:記事初出時にDouyin(抖音)をTikTokと表記していましたが正しくは原文の通り、こちらのニュースは中国国内で展開しているDouyin(抖音)の情報になります。グローバルで展開しているTikTokとは異なる情報なので修正してお知らせいたします Bytedance(字節跳動)は1月5日にリリースした2019年版年次報告書で、短尺動画アプリ「Douyin(抖音)」のデイリーアクティブユ…

Douyin-cover-1170x500.jpg

訂正と補足:記事初出時にDouyin(抖音)をTikTokと表記していましたが正しくは原文の通り、こちらのニュースは中国国内で展開しているDouyin(抖音)の情報になります。グローバルで展開しているTikTokとは異なる情報なので修正してお知らせいたします

Bytedance(字節跳動)は1月5日にリリースした2019年版年次報告書で、短尺動画アプリ「Douyin(抖音)」のデイリーアクティブユーザ数(以下、DAU)が4億人を超えたと発表した。

重要視すべき理由:Douyinは現在、ライバル関係にある短尺動画プラットフォーム「Kuaishou(快手)」との熾烈な競争に直面している。Kuaishouは6月に「戦闘モード」に入り、1月末までにDAUを3億人に引き上げるという。

  • 調査会社Quest Mobileのレポートによると、DouyinとKuaishou両方を利用している2019年6月のユーザ数は前年比で2倍以上増加し、1億5,880万人となった。

詳細情報:年次報告書によると、DouyinのDAUは7月に発表された3億2,000万人から25%以上急増した。

  • また、年次報告書において、より高いロイヤルティを求める世界的な大手音楽レーベルと膠着状態にある中、Bytedanceはオリジナル楽曲の導入を促進したと強調している。2019年に最も頻繁に使用された10曲のうち上位9曲は、中国の独立系ミュージシャンによって作曲されている。
  • さらに、Douyinの教育コンテンツに関する統計も明記されている。昨年1,490万件近くの教育向け短編ビデオが作成され、それぞれ平均10万人のユーザが閲覧した。

背景:Tencent(腾讯)から支援を受けるKuaishouと激しい競争が繰り広げられている中、Bytedanceはユーザベースの成長を堅調に維持することができている。

  • Bytedanceが運営するアプリ全体の2019年上半期DAUは、前年同期比で16.7%増加し7億人になったと同社は7月に語った
  • LatePostの報道によると、Kuaishouは2019年12月、Tencentがリードする30億米ドル規模のシリーズFラウンドをほぼ完了させた。
  • Kuaishouは10月に目標を大きく2つに分けた。1つ目は旧正月が2020年1月24日に開催される前に、ピーク時のDAUを3億人にすること。2つ目は春節後3か月で平均DAUを3億人にすることである。
  • この目標を達成するために、Kuaishouは11億人民元相当の賞金を用意し、China Central Televisionが開催する毎年恒例のテレビイベントであるSpring Festival Gala(春節聯歓晩会)を大々的に宣伝する予定だ。Kuaishouは同イベントの独占的インタラクティブパートナーである。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------