ByteDance(字節跳動)、シンガポールへ数十億ドル規模の投資を計画【報道】

SHARE:

TikTokを運営するByteDance(字節跳動)はアジア拠点をシンガポールに移すようだ。Bloombergが金曜日に報じたもので、向こう3年でシンガポール支社に対し数十億ドル規模の投資を計画しているという。

詳細情報:今回報じられている投資計画は、同社グローバル展開の一環であると言われている。Bloombergのレポートによれば、同社はシンガポールにてデータセンターの設立も想定しており、数百以上もの職種に対する雇用創出が期待されているという。

  • Bytedanceは現在シンガポール支社にて、400人の社員が開発、セールス、マーケティング部門に従事している。
  • 同社はシンガポールにおけるデジタル銀行の営業ライセンス申請をしていることが明らかとなっている。同ライセンスを保有することで、同社は中小企業や小売以外の顧客などから資金を預かり、銀行サービスを提供することが可能となる。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】