BRIDGE

タグ ペライチ

ラクスルはペライチをどう評価したーーノーコードとスモールビジネス、その課題(2/2)

SHARE:

(前回からのつづき)サポーター制度の中心となる「ペラナビ」はユニークで、パッと見た感じだとビザスクやココナラのようなクラウドコンサルプラットフォームのような形式を取っていて、相談を受ける側は直接、相談相手に掲載されている費用を払ってレクチャーを受けることができる。 サイトのコンサルから一見すると関係なさそうなZoom講座まで様々で、基本的に彼らが対象するユーザーのお困りごとを支援している内容であれ…

ペラナビはスモールビジネスの課題を教え合う互助の仕組み

(前回からのつづき)サポーター制度の中心となる「ペラナビ」はユニークで、パッと見た感じだとビザスクやココナラのようなクラウドコンサルプラットフォームのような形式を取っていて、相談を受ける側は直接、相談相手に掲載されている費用を払ってレクチャーを受けることができる。

サイトのコンサルから一見すると関係なさそうなZoom講座まで様々で、基本的に彼らが対象するユーザーのお困りごとを支援している内容であればOKで、現時点でペライチはここで手数料などの徴収はしていない。

中小企業で360万、彼らが対象にする個人事業なども含めると桁がまた一つ上がる。こういった方々の細かい課題解決は確かにコミュニティモデルでなければ対応は難しい。

ノーコードであっても操作というよりデジタルマーケティングに対する知識や考え方、こういったサポートがなければ生きた施策にならない。この点でもうひとつ課題になるのが「予算」だろう。小さな飲食店であればこれを使うことでいくら儲かるのか、そのことを考えるはずだ。

中小企業ではマーケティングなどの知識・経験も乏しく、予算をうまく立てられないケースもあると思います。費用対効果をどう考えるか、また、用途によってバラバラの中、どのようにして価格を決めましたか

橋田:まずはウェブサイトを作るという点であれば、個人・中小の価格でも払っていただきやすいような価格感(1000〜2000円程度)と考えていました。その後、機能の増加に伴い用途がバラバラの中でも、基本的なウェブサイトを作って集客するなどのマーケティング行動は最大公約数的な共通項があるとは思っています。

これまではノーコードでウェブサイトを作れる、という価値提供が主だったと想像しています。価格の件にも関係していきますが、この先、ペライチはどのような提供価値を考え、ノーコードサービスのポジションをどこに置こうと考えていますか

橋田:ペライチでは作れるのその先へ、というビジョンを掲げておりその先、具体的にはユーザーさんに成果を出していただく部分、例えば決済や申し込み、予約といった箇所に力を入れていこうと思っています。

例えば同じくノーコードでアプリを作ることができるYappliは創業当初、価格を安く抑えて多くの企業が利用できる戦略を持っていた。しかし、実態は企業がプラットフォームを使って自由自在にアプリを作れる、とはならず、価格を大きく引き揚げてサポートを手厚くする戦略に切り替えて大躍進を果たしている。

橋田氏の話では今後、10名以内のスモールビジネス事業者という基本的なユーザー像は変えないものの、上位プランとなる価格設定や、前述の決済などのオプションで次の展開を作っていくということだった。

確かに数年前と違って競合も多い分野だが、ペライチの展開を見ていると、とにかくスモールビジネスの事業者にターゲットを絞り込んで、ユーザーサポートに正面から取り組んでいる様子がわかる。ノーコードの部分では使いやすさ等ももちろんあるが、それ以上にこれらユーザーの経営課題にどこまで寄り添えるか、そこが拡大の鍵になりそうだ。

ラクスルはペライチをどう評価したーーノーコードとスモールビジネス、その課題(1/2)

SHARE:

コロナ禍によってスモールビジネス、特に飲食や観光といった分野が大きな転換点を迎えている。 日本の中小企業は 約360万社と言われるのだが、 感染症拡大の問題で大きく動いたのがデジタル化の波だ。コマースプラットフォーム「BASE」では、GMVが前年同四半期比で196%増(2020年第2四半期)と大きく跳ね上がるなど、急な売上の落ち込みをECでカバーしようとした結果は如実に数字として現れるようになった…

ペライチチームとラクスル取締役CFO、永見世央氏(上段中央)・写真提供:ペライチ

コロナ禍によってスモールビジネス、特に飲食や観光といった分野が大きな転換点を迎えている。

日本の中小企業は 約360万社と言われるのだが、 感染症拡大の問題で大きく動いたのがデジタル化の波だ。コマースプラットフォーム「BASE」では、GMVが前年同四半期比で196%増(2020年第2四半期)と大きく跳ね上がるなど、急な売上の落ち込みをECでカバーしようとした結果は如実に数字として現れるようになった。

一気に動き始めたデジタル化の波だが、10年前であればもしかしたらここまでスピーディーにコトは進まなかったかもしれない。なぜか。開発が必要だったからだ。ホームページひとつ作るにも要件を決め、受託できる開発会社に依頼し、馬鹿高い費用に怯えながら仕上がりを待つ、なんてことは日常茶飯事だった。

この状況をゆっくりと、しかし確実に変えていった概念がある。それがノーコードだ。コロナ禍における業務効率化、リモート環境へのスムーズな移行の救世主として数多くのサービスが今、注目を浴びることになった。本誌でも特集として話題をまとめている。

ペライチも国内ノーコードサービスのひとつだ。極めて小規模の事業者が開発なしに手軽にホームページを簡単に持てる体験が支持され、2015年のリリース以降、40代から50代のユーザーを中心に中小企業や個人事業主が利用しており、現時点で会員登録数は26万件となっている。そして先月10日にはラクスルとの資本業務提携を発表し、49%の株式と引き換えとする4億9,000万円の増資を公表した。ペライチによれば無事、このディールは成立したそうだ。

ラクスルはペライチをどう評価したのか。同社代表取締役の橋田一秀氏にその裏側を聞いた。(太字の質問は全て筆者、回答は橋田氏)

創業から約6年ほど、中小企業向けのウェブサービス(ノーコード系)は増えました。中でもペライチが中小企業に支持されて、またラクスルが他のサービスと違って御社を評価した点はどこにありますか

橋田:やはりページ公開までの手数が早いこととサポーター制度などで、ユーザーさんが躓くところを一緒に解消してきたからではないでしょうか?ラクスルさんの評価でいうと、具体的なユーザー像が近かったことや、ペライチに足りないマーケティングやプロダクトの両面が見えていて、そこを補完できるチーム体制のイメージがあったということだと思います。

ラクスルの永見世央氏と橋田氏は数年前に出会い、ラクスルの得意とするローカルビジネスにおける「印刷」というリアルなマーケティング手法と、ペライチが目指すウェブ・デジタルマーケティングはターゲット層が近く、ただ、山の登り方が異なるという認識を持っていたそうだ。当時から出資の話はあったものの、ラクスルは上場したばかりということもあり、企業としては出資できなかったが、変わりに永見氏が個人としてエンジェル投資することになった。これが一昨年の話だ。

具体的なシナジーに向けての取り組みについてはまだ検討中ということだったが、例えばユーザー基盤を共通させることで、双方の顧客に適切なアナログ・デジタル両面のマーケティング施策を提案することができるようになる。

可能性が広がる一方、彼らがターゲットとする小さな事業者は常にリテラシの課題を抱える。橋田氏は現状としてまだまだ問題がなくなる様子はないものの、解決方法としてコミュニティを活用する方向性を考えているという。

特に非情報系の中小企業が問題とするリテラシ問題は、この10年でスマートフォンの進化と浸透により改善されたケースをよく聞くようになりました。ペライチが提供する中小企業の現場でこの問題はどのように乗り越えようとしていますか

橋田:リテラシの問題はいつでもついて回りますが、ペライチではサポーター制度で解決しています。これはペライチに詳しい方にサポーターになって頂き、直接対面で支援する方法です。現在26万人の方々にご利用いただいていますが、これをマス層に広げようとすると、チャットやコールなどのサポートでは不足します。ひとり一人に向き合おうとすると、SEOどうしたらよいかといった一般的なものならまだしも、渋谷で10人ほどの飲食店をやっているけどどうしたらよいか、というような個別案件の相談はやはり難しいです。

(次につづく)

ラクスルがサイト制作SaaS「ペライチ」に4.9億円出資、49%の株式を取得へ

SHARE:

ウェブサイト制作をSaaS型で提供する「ペライチ」は10日、ラクスルを引受先とする第三者割当増資を公表している。調達した資金は4億9,000万円で、同日に発表されたラクスルの決算資料によれば、同社は10月初旬を目途に49%の株式を既存株主などから受け渡すことが明らかとなっている。 ペライチはインターネット技術に乏しい人でも簡単にサイト制作ができるクラウドサービス。2015年のリリース以降、40代か…

ウェブサイト制作をSaaS型で提供する「ペライチ」は10日、ラクスルを引受先とする第三者割当増資を公表している。調達した資金は4億9,000万円で、同日に発表されたラクスルの決算資料によれば、同社は10月初旬を目途に49%の株式を既存株主などから受け渡すことが明らかとなっている。

ペライチはインターネット技術に乏しい人でも簡単にサイト制作ができるクラウドサービス。2015年のリリース以降、40代から50代のユーザーを中心に中小企業や個人事業主が利用しており、今年3月時点で会員登録数は22万件。

開示された資料ではペライチの月間売り上げを約3,000万円程としており、特にパンデミック以降にプロダクト需要の成長があったことを伝えている。今後は、両社事業の親和性を基に、更なる事業開発を進めていくという。

via PR TIMES

ホームページ作成サービス「ペライチ」が資金調達、登録ユーザー数は14万人に

SHARE:

ホームページ作成サービスのペライチは1月17日、ニッセイ・キャピタル、東京理科大学ベンチャーファンド及び個人投資家を引受先とした第三者割当増資の実施を公表している。調達した資金の額や出資比率などの詳細は非公開。今回の資金調達で体制強化を進める。 2015年のリリース以降、40代から50代のユーザーを中心とする中小企業の経営者や個人事業主に利用されており、会員登録ユーザー数は14万人を突破、また、ペ…

peraichi.png
昨年10月に公開されているペライチの成長を記したインフォグラフィック

ホームページ作成サービスのペライチは1月17日、ニッセイ・キャピタル、東京理科大学ベンチャーファンド及び個人投資家を引受先とした第三者割当増資の実施を公表している。調達した資金の額や出資比率などの詳細は非公開。今回の資金調達で体制強化を進める。

2015年のリリース以降、40代から50代のユーザーを中心とする中小企業の経営者や個人事業主に利用されており、会員登録ユーザー数は14万人を突破、また、ペライチユーザーを「サポーター」として認定する「47都道府県サポーター制度」を実施しており、こちらの認定サポーターの数は約300名となっている。

via PR TIMES

「作成ページのコンテンツによる集客強化」ーーWebページ作成のペライチとコンテンツマーケティングのウィルゲートが業務提携

SHARE:

Webページ作成サービス「ペライチ」は11月10日、記事作成特化のクラウドソーシングサービス「サグーワークス」を運営するウィルゲートと業務提携を実施することを発表した。 ペライチはテンプレートを選び、文章や画像素材を設定することでホームページ制作に専門の知識がない人でもWebページを作ることができるサービス。作成したページはオプションでカスタマイズが可能。月額500円の決済機能オプションを活用し、…

写真左よりペライチ取締役の山下翔一氏とウイルゲート専務取締役COOの吉岡諒氏

Webページ作成サービス「ペライチ」は11月10日、記事作成特化のクラウドソーシングサービス「サグーワークス」を運営するウィルゲートと業務提携を実施することを発表した。

ペライチはテンプレートを選び、文章や画像素材を設定することでホームページ制作に専門の知識がない人でもWebページを作ることができるサービス。作成したページはオプションでカスタマイズが可能。月額500円の決済機能オプションを活用し、ECサイトを作るといった使い方もできる。

今回の提携は同社のユーザーが作成するWebページのコンテンツ強化による集客力向上が目的だ。この取り組みにより、ペライチのユーザーは会員ページからウィルゲートの運営する記事作成クラウドソーシング「サグーワークス」に直接記事発注をすることが可能になる。サグーワークスは受託型のサービスのため、依頼後はユーザーとライターのやりとりはなくディレクターがヒアリングや発注管理を実施する。

同社取締役の山下翔一氏に提携理由について聞いてみたところ下記のように答えてくれた。

「実際にペライチを使ってくれているユーザーさんにはパソコンの利用に慣れていない人や年配の方などリテラシーの低い方もいますが、どのような方にも沢山の人に見られるページを作って欲しいと思っています。そういった意味でWebページに合ったSEO対策やコンテンツ作成の重要性を感じて、専門家であるウィルゲートさんと提携させていただきました」(山下氏)。

サグーワークスでは最低発注料金がオーダーメイドプランの場合、最低20万円からスタートだが本提携では3万円以上からのプランで提供する。

両社は今後1年間で個人および法人200ユーザーの利用を目指していく。「オーダーメイドで対応する中でペライチユーザーの決まった悩みがあればパッケージ化して取り組む」とウィルゲートの専務取締役COOの吉岡諒氏は話す。またオンライン発注の仕組みの導入や状況に応じての利用条件などを調整し、改善していく方向性だ。

赤字転落のテント屋を救ったのは「父の思い出」と「インターネット」ーー新しい働き方で変わる小さなビジネス

SHARE:

インターネットやスマートフォンの普及につれて、企業単位でなく何気ない個人でも経済にインパクトを与える人たちが登場してきた。2017年に入ってからはインフルエンサーがライブコマース1配信で何万円もの売り上げをあげたり、クラウドファンディングで100万円以上を調達する個人もでてきている。 上田防水布店の息子、上田和貴氏もそんな新しい働き方を見つけた一人かもしれない。 現在26歳の上田氏とその兄上田祐輝…

インターネットやスマートフォンの普及につれて、企業単位でなく何気ない個人でも経済にインパクトを与える人たちが登場してきた。2017年に入ってからはインフルエンサーがライブコマース1配信で何万円もの売り上げをあげたり、クラウドファンディングで100万円以上を調達する個人もでてきている。

上田防水布店の息子、上田和貴氏もそんな新しい働き方を見つけた一人かもしれない。

現在26歳の上田氏とその兄上田祐輝氏はほぼ廃業しかけていた事業を引き継ぎ、インターネットと新しい視点を加えることでほぼゼロだった売上を月間400万円にまで引き上げることに成功した。では彼らはどのようにして事業を再生させたのだろうか?

original.JPG
シートは窓に吸盤で貼り付ける

同氏が販売しているのは実家のテント屋である上田防水布店の技術を活かした遮光断熱シート。業務用テントの365日雨や風に当たっても破れずに日光を遮断してくれる技術や素材を活かして同製品を提供している。商品はオーダーメイドで注文ごとに福井の職人が手作り。価格は1枚5600円〜23000円とホームセンターで販売している類似商品よりは若干高めになっている。

お店兼自宅.JPG

上田氏の実家は福井にある創業98年のテントやシートを制作している老舗の防水布店。主な商品の販売先は商店街の店で、業務用テントを店のサイズにあわせてひとつずつ手作り、さらに鉄骨も作って現場に取り付けしている。

2014年頃から時代の流れとともに商店街がシャッター街になり、メインのお客さんが減ってきてしまったことで上田防水布店がテントを作っても売れなくなってしまった。家族も苦しい状況に追い込まれた中、「全国に売れる商品」を作らざるをえなくなった上田氏は遮光断熱シートを販売することを思いついた。

「市場も縮小傾向で家業を継ぐことを考えていたというわけではなく、緊急だったのでなんとかしなければという思いだった」と同氏は当時を振り返る。

現在販売されている遮光断熱シートは20年前に西日がきつい子供部屋をみかねた上田家の父がテントの技術と素材を駆使して作ったもので、上田氏が何か売れるものを、と考えている際に20年間窓貼りっぱなしにしても使い続けられていたこのシートを思い出したのだ。

そしてここで彼が活用したのがインターネットだった。

当時大学生だった上田氏は2015年8月からコンサルタントの知人に紹介を受けた「ペライチ」というウェブサービスを利用してページを作成し、同商品を売り始めた。大学卒業後は好きだったギターを弾いて仕事をしながら、遮光断熱シートの販売も続けていた。当初は1、2個しか商品が売れず、暑さのピークシーズンも過ぎてしまい、10カ月程度は売り上げもない状況が続いたが、根気よく続けることで次の夏には売れ始めたという。

チラシは200枚配って1アクセス、ヤフオクは1週間で200アクセス

original (1).jpg
上田家と職人のみなさん

売れない間はとにかく金銭的にも厳しかったので、とにかくお金をかけずに告知をしたそうだ。お金のない中で家族でノウハウを編み出した。

「使ってくれそうな西日の入る家を狙ってペライチのページに誘導するような『◯◯と検索!』みたいな紙を配ったんですけど1アクセスだったんです(笑。でもそれをヤフオクで売ったら1週間に200アクセス程度あって、インターネットの可能性を感じました」(上田氏)。

「今月絶対成功しないと」という家族の苦労と覚悟もあって、2016年の夏には月間30〜40万程度、そして2017年の7月度には400万円を売り上げた。父が1人で作っていた体制も近所の人にパートを頼み、家族を入れて5人体制へと成長した。

彼はその後、この経験をさらに多くの人に広げたいとペライチに就職したそうだ。

今後は遮光断熱シートだけでなく、自らのギタリストの経験と家業の技術を活かして楽器演奏などに使用するアンプカバーを海外展開することを目指している。が、上田家の直近の目標は「家族旅行に行くこと」なのだそうだ。

ホームページ作成の「ペライチ」がランサーズと業務提携、クラウドワーカーのリスティング運用までをカバー #IVS10

SHARE:

本稿は6月6日〜7日、神戸で開催されている Infinity Ventures Summit 2017 Spring Kobe 取材の一部。 ホームページ作成ツールを提供する「ペライチ」は6月6日、神戸で開催されている Infinity Ventures Summit 2017 Spring Kobeに登壇し、クラウドソーシングのランサーズおよび4月19日に設立された子会社のQUANTとの提携を発…

2017-06-06 10.59.59

本稿は6月6日〜7日、神戸で開催されている Infinity Ventures Summit 2017 Spring Kobe 取材の一部。

ホームページ作成ツールを提供する「ペライチ」は6月6日、神戸で開催されている Infinity Ventures Summit 2017 Spring Kobeに登壇し、クラウドソーシングのランサーズおよび4月19日に設立された子会社のQUANTとの提携を発表した。

ペライチはテンプレートを選び、文字や画像を入れるだけでホームページが作成できるシンプルなサービス。リリースより2年間でユーザー数4万2000人を獲得している。

今回の提携により、ランサーズを使って仕事をするクラウドワーカーはペライチのページ作成代行から仕事の依頼を受けることができる。ペライチのユーザーはホームページを1週間以内の納品で受け取ることができる。3つの作成案の中から気に入ったものを選択し、気になった部分があれば1箇所まで修正に対応してもらえるという流れだ。

また、作成したページのリスティング広告運用も月額3万円で同社に委託することができる。予算と目標CPAからKWの選定や広告文の作成、運用、レポート提出をランサーズのリスティング専門チームが担当して提供する。

ペライチ創業者の山下翔一氏は今回の提携について下記のように語る。

「スモールビジネス事業者が好きなことや得意なことを活かして、仕事をしてほしいという思いがあります。そんな人たちのためにも、集客コストをかけずに安価で集客を可能にしたいと考えていました」(山下氏)。

将来的にはペライチ内での相互送客やクラウドワーカーの専門業種別のCVRの構成を提案できるような仕組みづくりを構想している。

簡単ウェブサイト作成サービス「ペライチ」を手掛けるホットスタートアップがニッセイ・キャピタルから4900万円を資金調達

SHARE:

ランディングページ作成サービス「ペライチ」を開発するホットスタートアップが、ニッセイ・キャピタルから4900万円の資金調達を実施した。 「ペライチ」は、簡単にウェブサイトを作成することができるウェブサービス。2015年の3月にクローズドβとしてリリース、4月に正式にリリースを開始した。サービスリリースから半年ほどで公開済のページが1万ページ以上となっているという。 「ペライチ」は一見すると、シンプ…

左からホットスタートアップ取締役の山下翔一氏、代表取締役の橋田一秀氏、取締役の香月雄介氏
左からホットスタートアップ取締役の山下翔一氏、代表取締役の橋田一秀氏、取締役の香月雄介氏

ランディングページ作成サービス「ペライチ」を開発するホットスタートアップが、ニッセイ・キャピタルから4900万円の資金調達を実施した。

「ペライチ」は、簡単にウェブサイトを作成することができるウェブサービス。2015年の3月にクローズドβとしてリリース、4月に正式にリリースを開始した。サービスリリースから半年ほどで公開済のページが1万ページ以上となっているという。



「ペライチ」は一見すると、シンプルなサービス。だが、ホットスタートアップがここまでに至るまでに様々な苦労があった。筆者が最初にホットスタートアップ代表取締役の橋田一秀氏に出会ったのは、インキュベイトキャンプ4thのときだった。

橋田氏は続くインキュベイトキャンプ5thにも参加。当時の決勝プレゼンでも現在のサービスの元となる「peraichi」という事業案をプレゼンしていた。

関連記事

だが、この後プロダクトのリリース、そして資金調達に至るまで時間を必要とすることになる。「2013年の秋には「ペライチ」でいくと固めていました。ただ、実際にはプロダクトのリリースまで1年もかかっちゃいましたね」と橋田氏は語る。プロダクトをどう定義するのか。時間をかけたのはその一点だった。橋田氏は「ペライチ」をやると決めた後、どこかしらでサービスを尖らせられないかと思案したという。

「アプリの紹介サイト用に特化しようとしたりとか、いろいろ考えました。そこに時間をとられました。当時は一人でやっていたこともあって、時間がかかりました。途中で創業メンバーが3人になり、スピードが増しました。その後も少し軸がブレそうになったんですが、結局、最初のアイデアに立ち戻ることになりました」

方向性が定まり、仲間も得た橋田氏は2014年の冬から本格的に開発に取り組み、2014年4月のサービスリリースへと至った。驚くことに、今回の資金調達まで彼らはずっと自己資金のみの、いわゆるブートストラップでやってきた。しかも、受託はしなかったという。その裏にはホットスタートアップならではの少しユニークなやり方があった。

「ここまで自己資金でずっとやってきました。受託開発はやらないことにしていたので、共同創業者の3人はそれぞれの自分の生活費を自分で稼ぐことに決めていたんです。そのため、週に2日はホットスタートアップ以外の仕事をしてもいいということにしていました」

それぞれが自らの生活費を稼ぐために仕事をしつつ、サービス開発を行う。スピードはなかなか上がらなかったかもしれないが、このしぶとさはスタートアップとしては強い。

プロダクトがまだない状態で出資を受けるのは避けていた彼らは、プロダクトのリリースが見えたタイミングで投資家へのアポイントをとりはじめた。そこで出会ったのが、ニッセイ・キャピタルの担当者だった。

プロダクトはできていなかったホットスタートアップだが、投資家の方々の関心をひいていた。「Co-Edo有言Labo」というKDDIの無限ラボのプログラムに応募して落ちたスタートアップで集まって開催する自主インキュベーションプログラムを開催。デモデイまで開催し、ベンチャーキャピタリストに審査員で来てもらっていたという。なんというか転んでもタダでは起きないメンタリティの持ち主たちだ。

ペライチ

紆余曲折へて資金調達へと至った彼らが取り組むのは、「ペライチ」というサービスが本当にスケールするかを確認する仮説検証だ。

「現在のユーザの方々には、「うまい・やすい・はやい」という価値のうち、はやいがもっともニーズとしてささっていて、課金率も高い状態となっています。今後はユーザの利用状況からテンプレートを改善したり、作成したサイトへの集客や分析をサポートする取り組みを実施していきたいと考えています」

と今後の方針を語ってくれた。本格的にスタートする体制が整った彼らの今後の動きに期待したい。