Bytedance(字節跳動)、米事業のパートナーをOracleに選定【報道】

SHARE:
Image credit: Alexey Malkin / 123RF

Bytedance(字節跳動)は、Tiktok の関連取引にあたり、Microsoft よりも Oracle を選択した、と Bloomberg が15日報じた。これは、Tiktok アメリカ事業の売却ではなく、Oracle が Tiktok の株式を購入するというパートナーシップに似たものになりそうだ。

重要視すべき理由:Bytedance は Tiktok の重要な資産である同アプリのアルゴリズムを売却するつもりは無かった。役員がトランプ大統領と密接な関係を持つ Oracle との取引は、ホワイトハウスからの承認を勝ち取る確率を高めるための方法と見られた。

詳細:中国政府が技術輸出を制限する新しいルールを発表する前、両社は Tiktok のアメリカ事業を約250億ドルと評価したと、この報道で引用された情報筋は述べている

  • South China Morning Post が13日に報道したところでは、Bytedance は Tiktok のコンテンツレコメンデーション機能を支えるアルゴリズムを売却や譲渡しないことを決定した。
  • 売却先の候補として名前が上がっていた Microsoft や Walmart とは、彼らの申し出を断ったことを Bytedance は13日の声明で確認した。

Bytedance は本日、Microsoft に対し Tiktok のアメリカ事業を売却しないことを知らせてくれた。我々の提案は、国家安全保障上の利益を保護しながら、Tiktok ユーザにとって良いものであったと確信している。(Microsoft 声明)

背景:8月下旬ごろ、中国当局は技術輸出規制を更新し、Tiktok が使用している技術を含む一部技術の輸出を禁止した。Bytedance はすぐに遵守することを約束した

  • 中国国務院が2001年に発行した技術輸出規制によると、企業は一部技術を輸出する前に2つの省庁の承認を求めなければならず、その決定プロセスには最大30日かかる可能性がある。
  • トランプ大統領は9月15日以降、アメリカ企業が Bytedance との取引を禁止するよう命じ、Bytedance が11月12日までに Tiktok のアメリカ事業を売却または分社化することを要求した。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】