勉強ノートまとめアプリ「Clear」のアルクテラス、The Global EdTech Startup Awardsの日本予選で優勝——ロンドンの世界決勝に出場へ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.12.20

日本予選審査員を務めた、データビークル代表取締役 最高技術責任者の西内啓氏(左)、EduLab 取締役副社長兼 CMO の和田周久氏(中央)から副賞目録を受け取る、アルクテラス代表取締役の新井豪一郎氏(右)
Image credit: Masaru Ikeda

The Global EdTech Startup Awards(GESA)は、毎年ロンドンで開催される、世界最大の EdTech コンペティションだ。2014年、イスラエルの EdTech スタートアップインキュベータ MindCET による主導のもと、それぞれ EdTech インキュベータ であるEU の Open Education Challenge と、イギリスの EdTech UK によって共同創設された。

先ごろ、その日本予選が東京で開催され8社が参加、勉強ノートまとめアプリ「Clear」のアルクテラスが優勝した。アルクテラスは来年1月23日、ロンドンで開催される GESA の本選(世界決勝)にファイナリストとして出場する。日本予選を主催した EduLab からは副賞として、アルクテラスにロンドン本選参加のための東京⇄ロンドン間往復航空券が進呈された。

GESA には、世界70以上の国・地域から600社を超える EdTech スタートアップが参加しており、決勝にはファイナリスト15社が出場する予定。最も将来有望なスタートアップに加え、今年からは Innovation(技術革新)、Literacy(読み書き能力の向上)、Artificial Intelligence(AI)の3つの新たなトラックが設けられ、それぞれの特別賞が贈られる。

記者会見で Clear のプレゼンテーションを行う新井豪一郎氏
Image credit: Masaru Ikeda

アルクテラスは2010年10月、リゾート開発・運営大手の星野リゾートでスキーリゾート事業責任者などを歴任した新井豪一郎氏(代表取締役)が、慶応ビジネススクールで同期だった白石由己氏(取締役副社長 COO/CFO)と共同創業。同社が2013年12月にローンチした Clear は、教科や単元別に他ユーザとノートを共有できるサービスで、ウェブのほか、Android や iOS のアプリとして提供されている。

ローンチから約4年を迎え、アジア圏におけるダウンロード数は160万件以上で、うち日本におけるダウンロード数は120万件を超えた。日本の中高生人口が約700万人であることを考えると、5人に1人は Clear を使っている計算になる。加えて、タイ、台湾、中国、インドネシア、インドでサービスを展開している。2018年以降には、インド、ブラジル、ベトナムに進出する計画だ。

アルクテラスは、Clear 以外にも、塾向けの指導ツール「カイズ」や東京・大田区の住宅街で志樹学院という個別指導塾を営んでいる。2015年に7月にはスターティアなどから約1.3億円を調達、昨年にはシリーズ B ラウンドで朝日学生新聞社や Z 会から1.1億円を調達している。先月には、代々木ゼミナール教育総合研究所と協業し、教育機関向け授業支援ツール「ClearS」を導入展開することを発表している

<関連記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------