WiFi自動接続アプリのタウンWiFi、ビッグデータを活用した「WiFiパーソナライズ接続機能」搭載ーーより個々の環境に適した接続を提供

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2018.7.12

townwifi.png

WiFi自動接続アプリの「タウンWiFi」は7月10日、WiFiビッグデータを活用したWiFiパーソナライズ接続機能を搭載したと発表している。

「タウンWiFi」のリリースは2016年5月。国内外200万以上のWiFiスポットに自動で接続できるWiFi自動接続アプリで、ダウンロードすると街中の無料WiFiに自動で接続し、通信保護機能によりWiFiをより安全に利用することができる。2018年4月時点でのダウンロード数は300万に到達。

今回搭載したWiFiパーソナライズ接続機能では、アプリ利用状況からそのユーザーのWiFi利用方法を独自に測定し、必要度や通信速度などユーザーごとのニーズに応じた接続をすることが可能になる。

また、時間帯毎の空きWiFi、混雑及びその見込みがあるWiFiを把握し、ユーザニーズに応じての接続・切断を自動で実施してくれる。これまでタウンWiFiが蓄積してきた混雑状況や接続速度、必要度合いなどに関するビッグデータを活用することでより快適なWiFi環境を提供する。

また本機能の搭載と同時に既存の「遅いWiFiに接続しない」機能も改善された。これまでは、WiFi接続時のみの速度チェックにより接続・切断が行われていたが、一度繋がった後も監視を継続することで、ユーザーが求める速度でのWiFi提供を目指せるようになっている。

via PR TIMES

 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------