1000万米ドルで新設されたGolden Gate Ventures、東南アジアに特化したスタートアップを支援

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

東南アジアの起業家にとって素晴らしいニュースがある。直接聞いたのだが、新設された1000万米ドルのベンチャーファンドのGolden Gate Venturesが、東南アジア−特にシンガポール、フィリピン、インドネシア、マレーシア、タイ、ハノイ−のスタートアップに重点的に投資を行うそうだ。

このファンドから主に投資されるのは、消費者向けのインターネット事業を行うスタートアップで、ウェブ、モバイル、ソーシャル、ローカル、eコマース等などのジャンルが対象となる。

Golden Gate Venturesは、Vinnie Lauria, Jeffrey Paine, and Paul Bragielという3人の有名なテック系集団によって運営されている。さらに、i/o VenturesとFounder Instituteという2つのパートナーによって新設のファンドは形成されている。投資幅は、5万米ドルから50万米ドルを計画している。

Golden Gate Venturesの投資家は、アメリカとアジア市場の起業と投資の経験を持つ。Vinnieは、高校時代から5つのスタートアップを経験している。最後は、Lefora.comというサービスを出し、10万以上のコミュニティを運営するプラットフォームを運営していた。Leforaは2010年にCrowdGatherに買収された。

Founderのうち2人の写真 Vinnie Lauria(左)Paul Bragiel(右) 画像;SFGate.com

Paulも起業家であり、Vinnieとの付き合いは長い。2人ともMeetro.comを立ち上げるなど、雑然とした起業家生活を送った(写真上)。Paulはまた、i/o Venturesの設立パートナーでもある。

アジアでの経験と繋がりは、Founders Institue SingaporeおよびスタートアップのPyrksを運営するJeffrey Paineが担当する。Jeffreyは、ジャカルタ、ハノイ、香港にFounders Instituteを新設する責任者を務めている。シドニーを拠点とするFounders Instituteの設立も進行中だ。

Golden Gate Venturesは、資金以外にもアドバイスを提供してシリコンバレーと東南アジアのネットワークや市場の架け橋となる予定だ。Vinnieは次のように説明している。

「我々のネットワークを通して、確かなアドバイスや継続的な出資、実践的な経験を提供します。そして、年に2〜3社のスタートアップにシリコンバレーにある共有オフィススペースを1、2か月ほど提供する予定です」。

Golden Gate Venturesに確認したところ、アジアのスタートアップがシリコンバレーに移るということではない。だが、Vinnieは技術—スピード、スムーズなローンチ、消費者のフィードバック開発やピボットなどの「シリコンバレー最良の方法」—を伝えたいと思っている。

「起業家はシリコンバレーの共同設立者と一緒に働くことができ、またシリコンバレーでサービスを始めるのであれば、アメリカでの体験を活かすこともできます」。

東南アジアは気候もスタートアップの生態系も熱い。2週間前(本文掲載2月20日)、ロシアのベンチャーファンド「Ru-net」が東南アジアに特化した5000万米ドルのファンドを発表した。うーん、次は誰だろう。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia