中国版AirBNB“Duanzumi”を発表 [LAUNCHPAD]

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】
前回のStartupWeekend北京の勝者でありDuanzumiの創業者であるBetty Tongは、Launchpadで一番に通過して表彰された。Duanzumiは端的に言うと中国版AirBNBである。すなわち、短期間レンタル用の部屋を紹介するウェブサイトである。

中国にはAirizu(爱日租)など、有名なAirBNBクローンが複数ある。Duanzumは2010年11月に設立され、既にそこそこの取引と十分な部屋の確保があると思われる。

空き部屋の短期レンタルは、中国の広告サイトのSoufan.comやGanji.com(赶集网)系列のYoutx.com(游天下)、Mayi.com等の不動産ポータル間で競争が徐々に激化してきている。もちろんこれはシリコンバレーが注目する新規ベンチャーのAirBNBの資産価値が10億米ドル以上と評価されてからのことだ。これらクローンサイトの多くは、系列元のサイトにある不動産を1泊ベースで家主に無断で単に転載しているだけだと、批判されている。

AirBNBと同じように、Duanzumiは宿泊者が部屋に到着した後にのみ、部屋の所有者から取引手数料を請求する。Duanzumiはまた、休日の旅先候補である三亜、アモイ、北京、西安、秦皇島といったところなどを焦点にしている。

【via Technode】 @technodechina