中国のAirbnbクローン「Airizu(愛日租)」がサービスを閉鎖

SHARE:

closedドイツの投資家Samwer兄弟が支援するAirbnbクローンのAirizu(愛日租)は中国市場への参入を目指していたが、サービスを閉鎖したことが分かった。現在、サイトのURL(Airizu.com)へのアクセスはWimduへリダイレクトされる。

Wimduはヨーロッパに拠点を置く旅行レンタルサイトでSamwer兄弟の会社であるRocket Internetにより立ち上げられた。

2ヶ月ほど前にAirizuは従業員の80%をレイオフし、Samwer兄弟が同サービスへの資金提供を中止したといわれていた。この報道によると(中国語)、Airizuにはまだ従業員が20名おりWimduの宿泊先に関する管理を行っているという。

2011年にローンチされたAirizuは、中国の旅行レンタル分野へいち早く参入したサービスの1つだった。Samwer兄弟により設立されたことから、ユーザを獲得し注目を集めたところで早々と他社に売却されるだろうと見られていた。報道によると中国の主要なオンライン旅行サービスの1つであるELong(芸龍)とHomewayがAirizuの買収提案をしたがSamwer兄弟により拒否されたという。拒否の理由は期待より提示価格が低かったからだと噂されている。

中国におけるAirbnbのようなサービスに関していえば、ゲームは始まったばかりのようだ。クラシファイドサイトのGanji(趕集)からスピンオフしたMayi(螞蟻)は1000万米ドルの立ち上げ資金を調達している。またもう1つ、Mayiの中心的メンバーが退社して設立したXiaozhu(小猪)も1000万米ドルの資金を調達したと主張している。さらに大きなところでは、Tujia(途家)が4億元(6500万米ドル)を調達した。オンライン不動産サービス大手の1つSoufunはYoutianxia(遊天下)を設立した。

【via Technode】 @technodechina

【原文】