家入一真先生がネットで1000人集めるプロジェクト「6.16 #1000人の遠足 in 代々木公園」を本当に発動

SHARE:

昨晩、私のfacebookに一通のイベント招待の通知がやってきた。イベント通知はスパム気味になっていたため、あまり興味なくメッセージをみるとそこには「【友達1000人】1000人の遠足【出来るかな】」の文字が。どうやらこのプロジェクト、本当に動き出すらしい。遠足の引率をする先生は、あの家入一真氏だ。

イベントの詳しい内容はここだ。タイムラインには1カ月後の遠足にウキウキしている成人(多分)のコメントが並び、(5月17日朝の5時の時点で)参加者は190名ほどになっている。

「インターネットで1000人集めたいなー。でもね、別になんもやらないの」。家入氏がこんな言葉を漏らしていたのはつい最近のことだ。彼のアシスタントが何度も代々木公園に1000人集めたいと問い合わせして叱られている様子も散見(下記参照)されていた。

恐らく叱られたのは鶴岡裕太さんでほぼ間違いないだろう。(訂正:叱られたのは鶴岡さんではなく大川竜弥さんでした。訂正してお詫び申し上げます。)

;

CAMPFIRE立ち上げあたりからだろうか。家入氏の活動に目を奪われることが多くなった。彼の経歴にある最年少JASDAQ上場社長とか、ひきこもりとかそういった文字だけでは説明が難しい、なんともいえない世界観を感じることがある。

2011年6月頃に開催されたCAMPFIREとGrow!のお披露目パーティーで、彼が会場に向かって叫んだ「みんなーインターネット大好きですかー?」の声はいまだに耳に残っている。会場の反応悪くて連呼してたけど。

彼は今、ウェブサービスをたちあげまくる集団「liverty」や、起業家をランダムに決めちゃう「#春の起業家祭り」などいろんな起業実験をおこなっている。興味深いのは、受け取る側の価値観や感性で評価が分かれるところだ。ある人はふざけてると批判するし、ある人は新しい可能性だと賞賛する。

なにもご褒美らしきものがない中、インターネットだけで人は本当に遠足しちゃうのだろうか。もしこれが成功したら、6月16日、代々木公園には誰とも声を交わさず、ずっとTwitterでチャットしている1000人がやってくることになる。もちろん公園だから相手の位置を知る術はGPS、座標軸のみだ。

さらに家入氏はこう続ける。

;

6月16日、私は代々木公園に向かう。本当に1000人がチャットしてるのか、確かめてみたい。

※以下、イベント案内より抜粋。集まらないと家入先生はすねるそうです。

先生、1000人のみんなと遠足をしてみたいと急に思いたちました。場所は代々木公園中央広場です。 先生とのお約束は以下の通りです(wikipedia「遠足」の項より)

お昼ご飯は各自弁当を持参すること。
解散後は家にまっすぐ帰ること。家に帰るまでが遠足です。
おやつは500円までです。バナナは含めません(まるごとバナナはおやつに含みます)
ブルーシートは各自持参すること。椅子やテーブルは持ち込まないでください。
大きな音を出す、マスゲームを行う、名刺交換会などは遠足のルールに反しますので禁止します。
当日、知らない人同士はTwitterのハッシュタグ「#1000人の遠足」で会話してください。
旅のしおりは以下の物を各自印刷しご自由にお使いください。
※旅のしおりは危険なのでイベントページでご覧ください。
1000人集まらない場合先生がすねます。
雨天決行 ・時間は自由です

StartupBase Profile

家入-一真

People: 家入-一真

78年福岡生まれ。連続起業家。ロリポップなどのpaperboy&co.創業、上場後、カフェ事業を主としたパーティカンパニー設立。

渋谷カフェ・オンザコーナー、ハイスコアキッチン、代々木iri、ギャラ…

About StartupBase

----------[AD]----------