ソーシャルネットワークを集約するeverconnect.meが正式ローンチ、富士山頂から一般公開の予定

SHARE:

【原文】

everconect.meは、すべてのソーシャルネットワークをサービスをこれ1つで管理することができる。本日(7月19日)このサービスはローンチされ、来週には、富士山頂から世界中のユーザに届けられることができるだろう。

EverConect は日本を拠点とするスタートアップで、ソーシャルコミュニケーションプラットフォームと呼ばれるeverconnect.meというサービスをローンチしている。

CrunchBaseによると、Voyage VenturesNetage IncNepture グループから総額20万米ドルもの出資を受けている。また、Red Herring誌トップ100アジアの優勝、2011年Red Herring誌トップ100グローバル·ファイナリスト、イノベーション・ウィークエンド・グランドフィナーレ2011年準チャンピオンとしてだけでなく、SF New Tech Japan Night セミファイナリストを含む、かなりの数の賞を受賞している。

EverConnectとは何か。このデジタル時代において、Facebook、LinkedIn、Twitter、Foursquare、 Google+ など、ソーシャル・ネットワーク・サービス上で存在感を示すことは、とてもチャンスなことと言える。everconnect.meは、ソーシャル・ネットワークすべてを集約し、1つのダッシュボードで操作することができ、あなたを手助けする。EverConnectはソーシャル・ネットワークだけでなく、受信箱(eメールやFacebookメッセージ、TwitterのDMなど)にも対応している。より簡単に、より素早く、より効果的にソーシャル・ネットワーク体験を実現するのだ。

EverConnectの創設者でありCEOである篠原豊氏は、次のように語った。

このサービスの、基本的な考えは15年前から持っていました。そのとき既に、誰かと連絡をとり続けるということに困難を感じていました。ビジネスやプライベートのeメールに加えて、私は友人とのやりとりにICQを使っていました。簡単に、コンタクトリストを管理できたり、コンテンツをシェアしたり、古い友人らと継続してメッセージのやりとりができる、イントラネットの拡張版のようなツールを作りたかった。年を重ねるたびに私のコンタクトリストは大きくなり、新しく刺激的なソーシャル・ネットワークは、誰かと連絡を取り合う方法を新しく作り出しています。連絡を取り合うデータの量や相手の人数に上限なく、オンライン・コミュニケーションを管理・整理できる時代のを終焉を表しています。

EverConnect は東京の本社でのクローズドなパーティーで、今日7月19日に新しいサービスを明らかにする。一般人参加者向けには7月28日に別のパーティーが開催され、everconnect.meは富士山を上りながら登山の様子を everconnect.me 経由でしてリアルタイム投稿する予定だ。この投稿更新では、世界中のソーシャル・ネットワークのユーザーと富士山頂での日の出をみる体験のシェアを意図している。28日と29日の週末、ソーシャル・メディアのユーザは、楽しさとシンプルなeverconnect.meのサービスを試してみることをお勧めしたい。 everconnect.meはまた、最初の登録ユーザ10万人に、生涯無料のプレミアムライセンスを提供してくれる。

【via e27】 @E27sg