女性向け”メディア化”が進む写真共有アプリ「Snapeee(スナッピー)」

SHARE:

Snapeee his

女性に特化した写真共有アプリ「Snapeee(スナッピー)」を運営する株式会社マインドパレットは、同アプリ内に旅行会社エイチ・アイ・エス(H.I.S.)が運営するH.I.S.の公式アカウントを開設し、第1弾のタイアップキャンペーンを開催する。

今回、H.I.S.の公式アカウント開設を記念してフォトコンテストを実施。旅行先で撮影した写真だけでなく、ストックされてフォトアルバムに蓄積している旅先での思い出写真も、H.I.S.限定スタンプでアレンジし、フォトコンテストに参加することが可能だ。

snapeee_HIS

投稿された写真は、キャンペーンページ上の「みんなの写真」コーナーに掲載されていく。ほかのユーザたちがどのような写真を投稿しているのかを見ることができ、気に入った写真に「かわいい」ボタンを押すこともできる。

photo snapeee

先日、Snapeeeは最新のファッショントレンドを提案するWEGO(ウィゴー)の公式アカウントを開設し、限定スタンプの提供をスタートした。アジア圏を見渡すだけでも、写真アプリは数多く存在する。その中で、ユーザに使ってもらうためにはより多くの接点を持つ必要がある。

WEGOの公式アカウントではファッションを、H.I.S公式アカウントでは旅行先や旅行の仕方など、アプリ内の公式アプリによってSnapeeeの女性ユーザに向けておすすめのライフスタイルを提案していくことができる。これはユーザにとって、写真共有機能以外に、Snapeeeを使用するインセンティブになりそうだ。

Snapeeeは、2011年5月に運営をスタートし、今年の5月には日本のVCら6社からシリーズBの資金調達を実施している。