Local Motors(ローカルモーターズ)による3Dプリントを活用した電気自動車デザインプロジェクトの受賞作品が発表

SHARE:


オープンソースデザインに特化したマイクロモノづくりのLocal Motors(ローカルモーターズ)が開催していた3Dプリントを活用した電気自動車デザインプロジェクト「3Dプリントカーデザイン·チャレンジ」において、30ヶ国200以上のデザインが集まり、受賞作品が決定した。

Local Motors(ローカルモーターズ)は、オークリッジ国立研究所がタッグを組み、世界初の3Dプリンタ電気自動車を開発するために活動しており、同社には、Makerbot CEOのBre Pettis氏も役員として名を連ねている。

「3Dプリントカーデザイン·チャレンジ」の受賞作品は以下の通り。

最優秀作品(審査員投票)「Strati

LocalMotors-1

優秀賞(コミュニティ投票)「TaurusNut

LocalMotors-2

その他の受賞作品「Aeroblade

LocalMotors-3

Local Motors(ローカルモーターズ)といえば、アメリカのエレクトロニクス産業の大手GE(General Electric)と提携し、新しいモノづくりプラットフォーム「FirstBuild」を立ち上げており、新たな製造工程へのチャレンジを実施している。

今回のコンテストも単なるコンセプトの発表に終わらず、実現に向けてのステップを踏んでいくものと考えられる。現状、これらのデザイン案は今後、世界各国にあるマイクロファクトリーにて製造され、各地に提供されていくという。

車の作り方でいえば、自動車が1時間以内でDIY可能になる「OSVehicle」というオープンソースフレームワークも登場している。3Dプリンタでのデザインやオープンソースのフレームワークの活用が進めば、自動車の作り方は大きく変化するかもしれない。

----------[AD]----------