エアコンに取り付けると自動でスイッチのオンオフを可能にするデバイス「tado°」がKickstarterで資金調達を達成

SHARE:


unnamed

エアコンに取り付けることでエアコンをスマート化するデバイス「tado°」が、Kickstarterでの資金調達に成功した。プロジェクトの期間はまだ6日残っているが、目標金額の15万ドル以上を集めている。

「tado°」は、Bluetooth Low Energy/iBeacon® technologyを活用している。tado°のスマホアプリと連動させることで、人が家を出たことや人が帰宅中であることを探知する。自動でエアコンのスイッチをオフにし、帰宅するより前にスイッチを入れることができる。

「tado°」は、古いものから最新のものまで、世の中に出回っているほとんどのエアコンで使えること。エアコンに取り付けることで、消費電力を平均33%も節約でき、米国の一般家庭なら、年間340ドルの節約になるそうだ。

「tado°」の価格は149ドル。Kickstarterの支援者に向けて出荷されるのは2014年の9月を予定している。