映画「ロボコップ」のスーツ製作にStratasys製3Dプリンタが活躍

SHARE:


映画「ロボコップ」のスーツ製作にStratasys製3Dプリンタが活躍
大手3DプリンタメーカーのStratasys社は、映画「ロボコップ」のスーツ制作において、同社のマルチマテリアル3Dプリンタ「Objet500 Connex」が重要な役割を担ったと発表した、とWebサイトで報告している。

実際のスーツの製作を手がけたのは、映画の特殊効果を専門に扱うハリウッドの制作会社「Legacy Effects」。同社はこれまでにもStratasysの3Dプリンティング技術を活用、数多くの印象的な映画キャラクターに命を吹き込んできた実績があるそうだ。

ヘルメットからブーツに至るまでのスーツのあらゆるパーツをマスターモールドパターンとして3Dプリンタで作成、これらを鋳型として、さまざまなシーンに応じたスーツを作成したという。

映画「ロボコップ」のスーツ製作にStratasys製3Dプリンタが活躍

Legacy EffectsのリードデザインエンジニアであるJason Lopes氏は

「3Dプリンティングでは作業を対称にして行なうことができます。つまり、スーツの左側全体を造形してから鏡像にして、同じように右側を出力するのです。これらすべてを1つのファイルからマウスをクリックするだけで実行できますが、手作業でできるものではありません。」

とコメント。

スーツ製作における3Dプリンタの活用が手作業でのパーツ製造より格段に速く効率的にできることを説明している。

このJason Lopes氏が、Stratasysの3Dプリンタを活用したロボコップのスーツ制作について解説した動画も公開されている。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録