セールスフォースがIoT分野に特化した1億ドルのファンドを設立

SHARE:


salesforce

CRMソリューションを中心としたクラウドコンピューティング・サービスを提供する Salesforce.com のグループ企業であるベンチャーキャピタルSalesforce Venturesがインターネットに接続した製品を新たに作り出すスタートアップを対象とした投資ファンドを設立したと、ZDNet Japanが報じている。ファンドの規模は1億ドル。

先日、本誌では米GEがIoT分野のスタートアップを支援するベンチャーキャピタルを設立したことを報じた。Salesforce.comも、今後大きな市場となると見られるIoT分野への一歩を踏み出した。

Salesforce.com は、「Salesforce1 Platform」という独自のプラットフォームを持っている。これが、Salesforce.comにおけるInternet of Things(モノのインターネット)戦略の特徴だ。

同プラットフォームは、100% クラウドのカスタマープラットフォーム。APIファーストな設計となっており、冷蔵庫、ウェアラブルデバイス、ジェットエンジンなど、様々なユーザインターフェイスと接続して独自のアプリを構築できる。

この「Salesforce1 Platform」を活用すれば、様々なプロダクトに対してデータを活用しながらアプリを提供できるようになる。これはSalesforce.comならではの強みだろう。

----------[AD]----------