Cerevoが試作から量産まで対応するIoT開発モジュール「BlueNinja」を発表

SHARE:

BlueNinja

Cerevoが本日、Bluetoothや9軸センサなど各種センサを搭載したIoT開発モジュール「BlueNinja(ブルー・ニンジャ)」を発表した

BlueNinjaは、ハードウェア開発者を対象としたCerevoの新ブランド「Cerevo Maker series」の第2弾であり、Cerevoが独自に開発した初のシリーズ製品となる。

BlueNinjaは、BLEと東芝の低消費電力SoC「TZ1001」をメインSoCとして採用。加速度、角速度、地磁気などの9軸センサに加えて、気圧センサを搭載。リチウムイオン電池の充電・放電回路も搭載しており、BlueNinjaとリチウムイオン電池を組み合わせるだけで、アクティビティトラッカー等のIoT機器を簡単に設計・製造できるようになっている。

bn02_500

「BlueNinja」は試作から量産まで対応しており、単体については100個、1,000個単位での大量購入も可能。単体販売に加えて、デバッガ付きブレイクアウトボードを搭載した開発キットも販売する。

「BlueNinja」は本日よりCerevoの直販サイト「Cerevo official store」で受注を開始し、8月上旬に順次出荷する予定だ。同製品は8月1日・2日に東京ビッグサイトで開催される「Maker Faire Tokyo 2015」に展示され、デモも見ることができる。

----------[AD]----------