オーストラリアのスタートアップAurora Labsが開発する金属を出力可能な低価格3DプリンターがKickstarterに登場

SHARE:


Aurora Labs
オーストラリアのスタートアップAurora Labsは、金属を出力できる低価格の3Dプリンターを開発、Kickstarterでキャンペーンを開始した。すでに目標額の10万豪ドルの2倍以上の金額を集めている。

これまでも金属を出力するタイプの3Dプリンタはあったが、数千万円といった価格帯のため、個人が利用するのはかなり難しかった。しかし同社のそれは今回、4,499豪ドル(約43万円)という個人でも手が届く低価格から購入できる。

同社が開発したこの3Dプリンタは、ステンレス鋼、インコネル、ハステロイ、真鍮、銅などの金属粉を素材に造形ができる。

Aurora Labs
解像度は50〜100µmで、コインのような小さな造形物でも細かな模様まで再現できるようだ。

同プリンタはサイズや機能が異なる4タイプ(S1、S2、S2+、S-T)が用意される。「S1」と「S2」の作業台のサイズは、150mm x 150mm x 200mmと同じだが、「S1」が2種類の素材を同時に扱えるのに対し、「S2」では同時に3種類の素材を扱うことができる。

Aurora Labs
更に上位の「S2+」では、3種類の素材を同時に扱えるだけでなく、作業台のサイズも180mm x 180mm x 500mmと一回り大きく、ロケットエンジンのパーツのような、より大きな造形物を作成することができる。そして「S-T」は作業台のサイズは「S2+」と同じだが、扱える素材に「チタン」が加わるようだ。

価格はそれぞれ、「S1」が4,499豪ドル、「S2」が6,999豪ドル、「S2+」「S-T」は7,999豪ドルから購入できるが、送料は別途必要。2015年の3月以降に出荷開始の予定だ。

----------[AD]----------