可能性は無限大。親指サイズの極小有機ELディスプレイ「TinyScreen」

SHARE:


041607d0bdfe2f4009d8b7545e25184b_large

世の中のデバイスが高性能化を進める一方で、小型化をつきつめようとするデバイスもまた存在する。

64cb5fdcba5941247e20f389331c83f3_large

TinyScreen」と名付けられたそのディスプレイは、Androidベースの専用プラットフォーム「TinyDuino」と接続することで、様々な情報を表示することができる。さらにレゴのように部品を接続していくことで、スマートウォッチやゲーム機、ビデオプレイヤーとしても動作させることが可能だ。

7d647499c3285a3fc1280112269062bd_large

もちろん使いこなすには若干のプログラミング知識が必要となりそうだが、ひと味違ったガジェットを自分で作る楽しみは何にも代えがたい魅力だろう。また組み込み用のディスプレイとして考えれば、導入含めかなりコストパフォーマンスが良い製品とも考えることができそう。

なお現在支援を集めているKicksterterでは、最もシンプルなディスプレイのみの場合で25ドル、プラットフォーム付きの基本キットが55ドルなどとなっている。

2014-10-16_1829

また前述の通りスマートウォッチのキットやゲーム機用のキットなども存在しており、全部入りで460ドル。出荷は2015年2月の予定で、米国外にも5ドルの追加で配送可能だ。

----------[AD]----------