しくみデザイン、体を動かすだけで音楽を奏でることができる新世代楽器アプリ 「KAGURA」を1月に世界同時リリースすると発表

SHARE:

140107_CES_demo

福岡を拠点に活動しているしくみデザイン。Intel® Perceptual Computing Challenge 2013において、新しいインターフェイスを開発しグランプリに選ばれたことで世界中に注目を集めた、デジタルクリエイティブ集団だ。

グランプリに選ばれた「KAGURA」は、新世代の楽器アプリで、奥行き認識機能をもったインテル®RealSense™3D カメラを利用することで、人の動きやジェスチャーなどを見分けて分けて自在に楽器を奏でることができ、動くだけで誰でも音楽が奏でることができるアプリだ。

この「KAGURA」が、満を持して2015年1月14日に日本初のインテル® RealSense™3D カメラ対応アプリとして世界同時にリリースすると発表した。プロのミュージシャンから子供まで、誰でのKAGURAを使うことで自由に音楽を奏でることができる。

「ダンサーが音に合わせて踊るのではなく、逆に踊ることで音楽を生み出したり、ボーカルやヒューマンビートボクサーが自分の声を楽器にしてパフォーマンスをしたり、あるいは、新しいDJやVJの表現になるかもしれない、今までとは全く違った新しい楽器の概念を作り出す新世代の楽器アプリになれる」

同社代表取締役の中村俊介氏は語る。時代に合わせた新しいインターフェイスと、それに合わせた新しい音や映像の可能性を追求するしくみデザイン。リリースで実際にアプリを触れるのを楽しみにしたい。

----------[AD]----------