Frog Designが考える、2015年のテックトレンド予測

SHARE:
Image by Symo0 on Flickr
Image by Symo0 on Flickr

<ピックアップ>4 Tech Trends That Will Define 2015, Selected By Frog | Co.Design | business + design

Frog Designが、2015年のテックトレンドについてのまとめを行っています。そのなかで、Fast Campanyが紹介しているものをいくつかピックアップ。

TEXTILES GET TECHY

2014年はウェアラブルに関する議論が多く起こりましたが、2015年はウェアラブルの先にある、服がスマートになるのでないか、という流れです。IoTの流れは、テキスタイルにも起き始めており、衣類や服そのものがネットとつながり、身体データや活動計をもとにしたライフスタイルが起きてくるかもしれません。そうした意味では、ウェアラブルをさらに一歩踏み込んだ具体的な動きが2015年は起こりそうです。

3-D PRINTING IN THE KITCHEN

日本でも次第に一般化しつつある3Dプリンタ。海外ではもうすでに2000年代後半からデジタルファブリケーションに関する議論が起きています。その中で、次に起きる議論は、キッチンに3Dプリンタが入ってくること、つまり、食べられる何かを出力したりするフードプリンティングの可能性です。すでに、日本でも麹をプリントしたり、CES2015ではチョコレートを出力するプリンタも出展されたりしています。より身近になっていくデジタルファブリケーションの動き、注目です。

MICRO-FARMING GOES MAINSTREAM

マイクロファーミング、つまり家庭菜園やまちなかでの野菜の栽培などの動きが、いま世界中で起こり始めています。デジタルファブリケーションなどのテクノロジーの進化は、新しい自給自足の生活環境を作り出していっています。スマートフォンで植物の成長をモニタリングし、コントロールするアプリやハードウェアを開発しているNiwaがKickstartetrにプロジェクトを掲載し、15万ドル以上ものファンディングをしていることからも、多くのニーズがある動きなのかもしれません。「マイクロファーミング」、今年のキーワードになるかもしれません。

他にも、Frog Designの特設サイトには、これらを含めた11のトレンドをまとめています。「MOBILIZING THE NEXT 4 BILLION」、「4D PRINTING ASSEMBLES ITSELF」、「DIGITAL CURRENCY REPLACES LEGAL TENDER」などなど、熟読したい見出しが満載のサイトになっていますので、こちらもぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

----------[AD]----------