ヒラリー・クリントン氏選挙キャンペーンのCTOにGoogleのプロダクトマネージャーが就任

SHARE:
Image by UMWomen on Flickr
Image by UMWomen on Flickr

<ピックアップ>Hillary Clinton Hires Google Executive as Tech Chief | Re/code

アメリカで本格化してきた大統領選挙。目玉はヒラリー・クリントン氏ですが、先日キャンペーン活動のCTOに、GoogleのディレクターであるStephanie Hannon氏が就任したと報道されています。同氏は、Googleの内部でシビックイノベーションプロダクトのマネジャーに取り組んでいた人物で、アメリカ各地のNPOとの連携を図る部署に所属していた人物とのこと。

これまでにも、アメリカでは政府内部にチーフデータサイエンティストを設置し民間企業出身者を採用したり、CIOを就任したヴィヴェック・クンドラ氏などが知られています。

また、オバマ選挙ではSquareを使った献金やSNSを活用したキャンペーン活動など、選挙の現場に、テック出身者が自身の技術を駆使して新しい取り組みを行う事例が多くあります。日本でも、ネット選挙が解禁したのちに、選挙の現場にスタートアップが関わったり、新しいテックサービスを使って広報活動を行いはじめるようになってきました。

テック出身者が政府や行政内部に就職し、その後に民間企業に戻るといった動きが起きると、新しい官民連携が起きるのではないでしょうか。

via Re/Code

----------[AD]----------