韓国のYello Digital Marketing Groupに、デジタルマーケティング・スタートアップのD Majorが傘下入り

SHARE:

ydm-merges-d-major_featuredimage

アジアデジタルマーケティング業界をリードする Yello Digital Marketing Group(YDM/옐로디지털마케팅그룹)は、デジタルコンテンツのマーケティング専門企業 D Major(디메이저)をグループに統合、コンテンツマーケティングを強化すると4月30日明らかにした。

YDM は、クリエイティブ分野で独歩的なノウハウを持つ D Major の統合により、デジタルによって、消費者のエンゲージメントを促すコンテンツマーケティングを強化する。 特に3月に買収したインドネシアのデジタル広告会社アドプラス、ビッグデータ分析プラットフォーム会社レコベルなど、グループ企業との連合エコシステムを通じたシナジーを拡大し、アジア地域のデジタルマーケティング市場への支配力を強化する計画だ。

D Major は、企業経営の観点から小規模の独立企業として感じた限界を、今回のグループ参画を通じて、より早く克服することができると確信した。相互補完関係にある両社の統合により、デジタルマーケティング会社間の協力が双方の可能性を増大させ、シナジーが生まれるという戦略的な判断による。

2012年7月に設立された D Major は、従業員の半分以上がクリエイティブ人材で構成される会社で、ブランドコンテンツ制作、ソーシャルメディア戦略の開発と分析と運用、アプリケーション開発、デジタルキャンペーン、ストーリーベースのキャラクタ、コンテンツキュレーションアプリなど、総合的なデジタルマーケティングサービスを提供している。 設立からの3年間で5倍近い売上高の伸びを記録しており、現在は、Samsung、Google、現代自動車、韓国タイヤ、アモーレパシフィック(化粧品大手)、毎日乳業、起亜自動車、メガボックス(シネコン大手)、プルデンシャル生命など30社の顧客を抱える。

D Major 代表のパク・スンロク(백승록)氏は、次のようにコメントしている。

YDMのグループに参画する前、外資系メディアグループと韓国の大企業との提携に関心を持った。しかし、交渉の過程で、彼らの考える合併または買収とは、別の魅力的なビジネスモデルを見せてくれたYDMのビジョンに深く共感し、今回のグループ参画を決定した。

YDM 代表のイ・サンソク(이상석)は、次のようにコメントしている。

今回の D Major の統合は、アジアNo.1のデジタルマーケティンググループになるための重要な礎石だ。今後もYDMは、韓国企業だけでなく、アジア各国のデジタルマーケティングエージェンシーとのネットワークを着実に拡大し、強化していく予定だ。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom