タグ Yello

韓国の総合デジタルプラットフォームグループYello Mobile、社名をYelloに変更へ

SHARE:

総合デジタルプラットフォームグループの Yello Mobile(옐로모바일)が Yello(옐로)に社名変更する。 Yello Mobile は3月30日に株主総会を開き、第4次産業革命の時代に新しい未来価値を追加すべく、社名変更案件を議案提出する予定だと明らかにした。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届けします…

総合デジタルプラットフォームグループの Yello Mobile(옐로모바일)が Yello(옐로)に社名変更する。

Yello Mobile は3月30日に株主総会を開き、第4次産業革命の時代に新しい未来価値を追加すべく、社名変更案件を議案提出する予定だと明らかにした。

モバイルの世界のすべての情報を意味する Yello Mobile から Mobileを外し、事業領域を広げてブロックチェーン、ビッグデータ、人工知能など第4次産業革命のコア技術をベースにした新事業に本格的に進出するという意志の表れだ。

Yelo Mobile 代表取締役のイ・サンヒョク(이상혁)氏は、次のように述べている。

社名変更とブランドの統合は、 Yello Mobile が第4次産業革命の時代に革新企業に成長するための第一歩だ。関連会社と新しい跳躍を決意し、有機的に協力し、新しい時代を主導する企業に成長させたい。社名変更後の新事業の方向と戦略を段階的に発表してゆく。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

韓国Yello MobileのO2O部門「Yello O2O」が2,100万ドルを調達——宿泊やヘルスケア向けサービスを強化し、他企業買収で新分野にも参入へ

SHARE:

韓国の Yello O2O(옐로오투오)は少し早めのクリスマスプレゼントを受け取ったようだ。同社は今日(原文掲載日:12月23日)、VC の Q Capital Partners(큐캐피탈파트너스、KOSDAQ: 016600)から2,100万ドルを資金調達した。 Yello O2O は、韓国のユニコーン・スタートアップで、さまざまなバーティカルのスタートアップの持株会社にあたる、モバイルマーケテ…

yello-o2o-team-magazine-cover-photo-wide
ホテルチェーン「Avia」の雑誌表紙に掲載された Yello O2O のチーム
Photo credit: Yello O2O

韓国の Yello O2O(옐로오투오)は少し早めのクリスマスプレゼントを受け取ったようだ。同社は今日(原文掲載日:12月23日)、VC の Q Capital Partners(큐캐피탈파트너스、KOSDAQ: 016600)から2,100万ドルを資金調達した。

Yello O2O は、韓国のユニコーン・スタートアップで、さまざまなバーティカルのスタートアップの持株会社にあたる、モバイルマーケティング・スタートアップ  Yello Mobile(옐로모바일)の O2O 部門だ。オンラインで予約し、リアルでサービスの提供を受けられるしくみを提供している。現在、同社は宿泊、ヘルスケア、決済に特化している。

Yello O2O は、今回調達した資金を使って、宿泊やヘルスケア分野のサービスを強化する。また、戦略的買収計画を通じ、新しい分野でのサービスの提供も模索するようだ。

さらなる詳細について、Yello O2O にコメントを求めている。

Yello O2O の持株会社である Yello Mobile は、投資家からの評価額は40億ドルに上ると明らかにしている。

2013年に設立された Yello Mobile は、韓国のスタートアップ・エコシステムで卓越したポジションを占めるまでに、急速に成長した。この2年間は他社買収に精を出し、アジアでスタートアップ数社を買収し、マーケティング、旅行、メディア企業の一大集団を構築している。

しかし、Yello Mobile は、その複雑な株主構造に以前から批判を浴びている。同社のバリュエーションについても、業界ウォッチャーやプレーヤーから疑問が投げかけられてきた。8月には、複数の子会社を統合することで、同社が状況の改善を計画していると報道された。

またその報道で、Yello Mobile は近い将来の IPO に向けて、Yello O2O とモバイル広告プラットフォームの Future Stream Networks(퓨쳐스트림네트웍스、KOSDAQ:214270)に注力すると伝えられた。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

韓国のデジタルマーケティング企業Yello Digital Marketing、Silicon Valley Bank傘下のファンドから1,500万ドルを資金調達

SHARE:

韓国のモバイル統括企業 Yello Mobile(옐로모바일)の子会社で、デジタルマーケティングを提供する Yello Digital Marketing(옐로디지털마케팅)は、アメリカ Silicon Valley Bank(SVB)傘下の投資ファンド Partners for Growth から1,500万ドル規模の投資を受けたことを明らかにした。 今回の投資により、Yello Digital…

ydm_featuredimage

韓国のモバイル統括企業 Yello Mobile(옐로모바일)の子会社で、デジタルマーケティングを提供する Yello Digital Marketing(옐로디지털마케팅)は、アメリカ Silicon Valley Bank(SVB)傘下の投資ファンド Partners for Growth から1,500万ドル規模の投資を受けたことを明らかにした。

今回の投資により、Yello Digital Marketing は、Yello Mobile グループ内での優位性を確保し、事業をより堅固で拡大するものにしたい考えだ。

Yello Digital Marketing は、韓国および東南アジアの18社が連合したデジタルマーケティンググループで、KOSDAQ 上場の Future Stream Networks(FSN)Adqua(애드쿠아)、インドネシアの Adplus などが所属している。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

韓国のモバイル統括企業Yello Mobileが、SBIホールディングスから3,000万ドルを資金調達

SHARE:

複数のモバイルスタートアップを傘下に擁する Yello Mobile(옐로모바일)は、日本のインターネット総合金融グループである SBIホールディングス(東証:8473)から3,000万ドルを調達したことを17日明らかにした。 今回の資金調達は、昨年 Yello Mobile が締結した SBI ホールディングスとの戦略的業務提携及び投資の一環として行われたことが分かった。 SBI ホールディング…

yello-mobile-sbi-holdings
左から:Yello Mobile 代表のイ・サンヒョク氏と、SBI ホールディングスCEO の北尾吉孝氏(写真提供:Yello Mobile)

複数のモバイルスタートアップを傘下に擁する Yello Mobile(옐로모바일)は、日本のインターネット総合金融グループである SBIホールディングス(東証:8473)から3,000万ドルを調達したことを17日明らかにした。

今回の資金調達は、昨年 Yello Mobile が締結した SBI ホールディングスとの戦略的業務提携及び投資の一環として行われたことが分かった。

SBI ホールディングス CEO の北尾吉孝氏は、次のようにコメントしている。

モバイルパラダイムの革新をリードしていく Yello Mobile のビジョンと高い成長可能性に共感し、Yello Mobile の持株会社への投資を決定した。今後も Yello Mobile が、アジアのベンチャーエコシステムの構築に資する先導企業としての地位を強固にできるよう、戦略的パートナーシップを拡大していきたい。

Yello Mobile 代表のイ・サンヒョク(이상혁)氏は、次のようにコメントしている。

SBI ホールディングスからの戦略的出資を通じて、両社間のパートナーシップがより強固になった。今回の調達を海外進出を加速する契機とし、アジアのモバイル業界のリーディングカンパニーとして、さらに迅速にジャンプすることができるだろう。

Yello Mobile は昨年12月、SBIホールディングスと韓国国内のフィンテック企業連合体である「Yello 金融グループ(옐로금융그룹)」と三者間戦略的業務提携を締結している。主な提携内容は次の通りだ。

  • Yello Mobile の東南アジア・日本市場への進出時、SBI ホールディングスが自社ネットワークを活用し、人的・財務的に支援する。
  • SBI ホールディングスのマーケティング活動を成功させるため、イエローモバイルが持つデジタルマーケティングノウハウを共有する。

一方、1999年に設立された SBI ホールディングスは、インターネット金融サービスの先駆者として、証券、銀行、保険など、さまざまな金融サービスを提供している。最近では、医薬品、健康食品、化粧品の研究開発に事業領域を拡大し、世界初のインターネット金融コングロマリットを指向している。現在、5,400人余りの従業員が勤務している SBI ホールディングスは、日本を越えてアジア新興国を中心に世界20カ国と地域に進出し、アジアを代表する金融グループへと変貌を遂げている。

<関連記事>

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

韓国のモバイル統括企業Yello Mobileが、日英韓などの投資家から約58億円を調達——IPO前の最終ラウンドか

SHARE:

韓国の Yello Mobile(옐로모바일)は、プレスリリースを通じて、総額560億ウォン(約58億円)を調達したことを明らかにした。最近、Yello Mobile は、モバイルコマースの Coocha(쿠차)、コンテンツ・プラットフォームの Pikicast(피키캐스트)を筆頭に第3四半期の売上高が975億ウォン(約100億円)を記録したが、第3四半期までの営業損失が427億ウォン(約44億円…

yello-mobile-entrance

韓国の Yello Mobile(옐로모바일)は、プレスリリースを通じて、総額560億ウォン(約58億円)を調達したことを明らかにした。最近、Yello Mobile は、モバイルコマースの Coocha(쿠차)、コンテンツ・プラットフォームの Pikicast(피키캐스트)を筆頭に第3四半期の売上高が975億ウォン(約100億円)を記録したが、第3四半期までの営業損失が427億ウォン(約44億円)と不安定な状況で、今回の調達は、Yello Mobile が目標とするIPOを間近に控えたものと考えられる。

今回の投資形式は転換社債(CB)によるもので、3年満期償還(支払期日2018.12.21)の9,039,675ウォン普通株式転換条件である。転換社債の転換条件は、企業価値基準40億ドル(約4,850億円)に決定された。

今回の資金調達の内訳は次の通り。

  • アメリカ/韓国 Formation Partners Fund 2 から291億ウォン
  • アメリカ/韓国 Formation 8 Partners Entrepreneurs Fund 2 から49億ウォン
  • 日本 Gloops 創業者の梶原吉広氏から118億ウォン
  • サウジアラビア Olayan Group の子会社 Competrol Luxembourg SARL から58億ウォン
  • イギリスのファッション大手 Pentland Group から35億ウォン
  • 香港の投資会社 Pyrrho Investments から35億ウォン
  • ロンドンの個人投資家 Alessandro Tesei 氏から11億ウォン
  • 香港の投資家 Sohit Khurana 氏から2.4億ウォン

Yello Mobile の今回の資金調達は、既存投資家とともにサウジアラビア、イギリス、日本の企業が参加しており、財政的な懸念を払拭した点では肯定的に捉えられるが、Yello Mobile が指向するモバイルビジネスプラットフォーム事業に、今回の投資家がどの程度の価値を提供してくれるかは疑問だ。

一方、今回のリードインベスターである Formation 8 は、今年11月の2号ファンドを最後に Formation 8 を解体し、Formation 8 の代表パートナーであるク・ボヌン(구본웅、英語名:Brian Koo)氏が Formation グループとは別の投資活動を始める計画であることを明らかにしている。

<関連記事>

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

韓国のYDM Groupが、タイのソーシャルメディア分析スタートアップComputerlogyを買収

SHARE:

韓国のデジタル・マーケティング企業 Yello Digital Marketing Group (YDM) は、バンコクを拠点とするソーシャルメディア・アナリティクス・スタートアップ Computerlogy の株式多数を取得した。買収に関わる金額など詳細については、現在のところ開示されていない。 <関連記事> ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE …

computerlogy_featuredimage

韓国のデジタル・マーケティング企業 Yello Digital Marketing Group (YDM) は、バンコクを拠点とするソーシャルメディア・アナリティクス・スタートアップ Computerlogy の株式多数を取得した。買収に関わる金額など詳細については、現在のところ開示されていない。

<関連記事>

Computerlogy の CEO Vachara Aemavat 氏は、今回の経営統合に至った思惑について、次のように語っている。

アドテクの変化が激しいため、市場で顧客のニーズにあったプロダクトやサービスを提供するのは難しくなってきている。

このコメントに関連して、発表で、は今回の経営統合により、Computerlogy は YDM と R&D センターを協業することになるとされている。

Computerlogy は2009年に設立され、SocialEnable や TH3RE といったツールにより、ビッグデータ分析を使って消費者のインサイトを提供し、ブランドのソーシャルメディア・マーケティイングを支援してきた。Facebook Marketing Partner の称号を与えられており、Facebook のマーケティング・チームから技術支援とパートナー限定のアクセスを得ている。

今回の買収に至った YDM の思惑は、Computerlogy を東南アジアのトップ・ソーシャルメディア・マーケティング・プロバイダにすることにあるようだ。YDM は買収には積極的であり、これまでに Cauly(카울리)、AdQUA、PurpleFriends などを取得している。

YDM の CEO である Sang Seok Lee(イ・サンヒョク氏=이상혁)氏は、プレスリリースの中で次のように述べている。

Computerlogy が我々のチームに参加することで、YDM Group はデータ分析の能力を確固たるものとし、グループ傘下企業とのシナジーにより、アジアのソーシャルメディア広告市場を牽引することになるだろう。

YDM の親会社である Yello Mobile も、買収に積極的な企業として知られている。2012年に設立され、傘下のポートフォリオには74のアプリを持ち、2014年には61社もの企業を買収している。複数のアプリの累計ダウンロード数は、7月のソーシャルメディア・キュレーション・プラットフォーム Pikicast の取得を受けて、1,000万件に達した。

Yello Mobile のウェブサイトによれば、同社の社員数は2,000人、サービスを提供するユーザ数は2,400万以上に上る。

Computerlogy は、2012年の Facebook Developer World Hack で優勝している。

【via e27】 @E27sg

【原文】

韓国のYello MobileがタイのAdyimを買収、東南アジアのモバイル・アドネットワーク形成を加速

SHARE:

韓国のモバイル統括企業 Yello Mobile 傘下の Yello Digital Marketing(YDM)は、タイのオンライン・マーケティング会社 Adyim の株式を取得したことを明らかにした。Adyim は発表の中で、今後3年以内にタイ最大のオンライン・デジタル・マーケティング会社になることを目指すとしている。同社は、YDM からの財務的および技術的な支援により、それを実現したいとして…

adyim_featuredimage

韓国のモバイル統括企業 Yello Mobile 傘下の Yello Digital Marketing(YDM)は、タイのオンライン・マーケティング会社 Adyim の株式を取得したことを明らかにした。Adyim は発表の中で、今後3年以内にタイ最大のオンライン・デジタル・マーケティング会社になることを目指すとしている。同社は、YDM からの財務的および技術的な支援により、それを実現したいとしている。両者は詳細についての公開を避け、取引が大型のものであることのみを明らかにした。

(6/27 に、YDM から得られた Adyim CEO の Tanapon Subsomboon 氏のコメントを追加した。)

Adyim CEO の Tanapon Subsomboon 氏は、今回の資金調達を通じて、Adyimi が「成功が保証された技術」にアクセスできるようになると述べた。

Yello Digital Marketing の傘下に入ることで、多くの国々から仲間の起業家にであることができる。彼らはそれぞれのセグメントで、素晴らしい技術を持ったリーダーたちだ。

彼は、タイのデジタル・マーケティング業界に利益をもたらすノウハウの事例として、韓国のクラウド型レコメンデーション・サービス Recobell やモバイルアドネットワークの Cauly の名前を挙げた。

Adyim はバンコクで5年前に設立され、デジタルコンテンツ作成、ウェブサイトデザイン、モバイルアプリ開発、バイラルビデオ制作、ソーシャルメディア管理などのサービスを提供している。90人の社員からなる同社は、タイのオンライン・マーケティング業界では凌ぎを削っており、L’Oreal Thailand や Amway など350社以上のクライアントを抱えている。

タイのデジタルマーケティング業界を牽引する存在に

YDM は東南アジアで積極的に活動している。今年初めには、インドネシアのデジタルメディア・アドテク企業の Adplus やシンガポールのソーシャルメディア・マーケティング・スタートアップ Gushcloud株式大半を取得した。YDM にとって、タイは新境地となるだろう。

YDM のスポークスマンは、Tech in Asia に次のように述べた。

東南アジアは、6億人の人口を擁する、世界最大で最も世代の若い市場の一つだ。YDM Group は、国内や海外市場のデジあるマーケティング企業との提携を通じて、シナジーやグローバルネットワークを形成し、アジアのデジタルマーケティング産業を牽引していきたいと考えている。

Yello Mobile は、アジアのプレミアなモバイル・アドネトワークになりたいと考えている。将来有望かつ激しい競争を迫られているモバイルアプリを次々と買収し、それらにデジタル広告の機能を付与することで、それを実現しつつある。それぞれのアプリや企業が組み合わすることで、合計価値はより大きなものになる。Yello は Adyim が、タイで最も成長の速いデジタルマーケティング企業になるだろうと述べている。Adyim が持つアドネットワーク技術やタイのデジタルマーケティング業界に対する洞察は、Yello Mobile の注目を得る上で有力なファクターだった。

買収後も、ビジネスはこれまで通り

Adyim によれば、今年のタイのデジタル広告市場の価値は、80億バーツ(2.38億ドル)で、年間成長率は40%に達するとみられている。他の従来メディアに比べ、タイのデジタルマーケティング消費は依然として限定的であるが、さらにタイ人口のオンライン化が進むことで、これは変化していくと考えられている。YDM のタイへの積極的な投資は、そこに市場が存在することを明らかに示している。

今回の買収は、概してタイのデジタルマーケティングのエコシステムに良い影響を与えると、Subsomboon 氏は考えている。YDM が提供するツールや技術は、Adyim がこの業界により多くの仕事と成長をもたらすと共に、タイのデジタルマーケッターの競争力を上昇させるのに役立つだろう。

健康的な競争は、タイのデジタル産業の成長スピードを上げるのに役立つだろう。(Subsomboon 氏)

買収後も、Subsomboon 氏は Adyim の CEO に留任し同社の所有権を持ち続ける。Subsomboon 氏は発表の中で次のように述べている。

過去数年の間に、協業を申し出てきた海外の複数のマーケティング・グループの中で、将来我々のビジネスを成長させると最も強くアピールしてきたのが、YDM でした。YDM のユニークなビジネス哲学と共に、Adyim は独立して経営を続けます。

Tech in Asia に対しては、彼は次のように付け加えた。

Adyim の社風に変化は無いだろう。これからも、家族のような社風を守っていきたい。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

韓国のYello Digital Marketing Groupに、デジタルマーケティング・スタートアップのD Majorが傘下入り

SHARE:

アジアデジタルマーケティング業界をリードする Yello Digital Marketing Group(YDM/옐로디지털마케팅그룹)は、デジタルコンテンツのマーケティング専門企業 D Major(디메이저)をグループに統合、コンテンツマーケティングを強化すると4月30日明らかにした。 YDM は、クリエイティブ分野で独歩的なノウハウを持つ D Major の統合により、デジタルによって、消費者…

ydm-merges-d-major_featuredimage

アジアデジタルマーケティング業界をリードする Yello Digital Marketing Group(YDM/옐로디지털마케팅그룹)は、デジタルコンテンツのマーケティング専門企業 D Major(디메이저)をグループに統合、コンテンツマーケティングを強化すると4月30日明らかにした。

YDM は、クリエイティブ分野で独歩的なノウハウを持つ D Major の統合により、デジタルによって、消費者のエンゲージメントを促すコンテンツマーケティングを強化する。 特に3月に買収したインドネシアのデジタル広告会社アドプラス、ビッグデータ分析プラットフォーム会社レコベルなど、グループ企業との連合エコシステムを通じたシナジーを拡大し、アジア地域のデジタルマーケティング市場への支配力を強化する計画だ。

D Major は、企業経営の観点から小規模の独立企業として感じた限界を、今回のグループ参画を通じて、より早く克服することができると確信した。相互補完関係にある両社の統合により、デジタルマーケティング会社間の協力が双方の可能性を増大させ、シナジーが生まれるという戦略的な判断による。

2012年7月に設立された D Major は、従業員の半分以上がクリエイティブ人材で構成される会社で、ブランドコンテンツ制作、ソーシャルメディア戦略の開発と分析と運用、アプリケーション開発、デジタルキャンペーン、ストーリーベースのキャラクタ、コンテンツキュレーションアプリなど、総合的なデジタルマーケティングサービスを提供している。 設立からの3年間で5倍近い売上高の伸びを記録しており、現在は、Samsung、Google、現代自動車、韓国タイヤ、アモーレパシフィック(化粧品大手)、毎日乳業、起亜自動車、メガボックス(シネコン大手)、プルデンシャル生命など30社の顧客を抱える。

D Major 代表のパク・スンロク(백승록)氏は、次のようにコメントしている。

YDMのグループに参画する前、外資系メディアグループと韓国の大企業との提携に関心を持った。しかし、交渉の過程で、彼らの考える合併または買収とは、別の魅力的なビジネスモデルを見せてくれたYDMのビジョンに深く共感し、今回のグループ参画を決定した。

YDM 代表のイ・サンソク(이상석)は、次のようにコメントしている。

今回の D Major の統合は、アジアNo.1のデジタルマーケティンググループになるための重要な礎石だ。今後もYDMは、韓国企業だけでなく、アジア各国のデジタルマーケティングエージェンシーとのネットワークを着実に拡大し、強化していく予定だ。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

韓国の健康医療機器販売スタートアップOpen Medicalが、モバイル事業M&A会社のYello Mobileに傘下入り

SHARE:

韓国のモバイル特化型M&A事業会社 Yello Mobile(옐로모바일)傘下の Yello O2O(옐로오투오)は、健康医療機器スタートアップ Open Medical(오픈메디칼)をグループに引き入れ、ヘルスケア O2O の分野に本格参入すると発表した。 Open Medical は、ホームケア、病院用医療機器、医療消耗品、健康機能食品など1.6万種類の商品を備える韓国の代表的な健康医…

openmedical_featuredimage

韓国のモバイル特化型M&A事業会社 Yello Mobile(옐로모바일)傘下の Yello O2O(옐로오투오)は、健康医療機器スタートアップ Open Medical(오픈메디칼)をグループに引き入れ、ヘルスケア O2O の分野に本格参入すると発表した。

Open Medical は、ホームケア、病院用医療機器、医療消耗品、健康機能食品など1.6万種類の商品を備える韓国の代表的な健康医療機器のショッピングモールである。 ホームケアを中心に、一般消費者から病院、老人ホーム、企業などさまざまな顧客層を獲得しており、ダイソーモール(다이소몰)HealthGift(건강선물닷컴)など20以上の提携モールにコンテンツを提供している。

2011年12月のローンチから半年で黒字転換し、2015年第1四半期には、前年同期比178%の売上増を記録するなど、医療機器分野サイト一位の座を守っている。

Yello Mobile は、Open Medical の傘下入りを契機に、ヘルスケアO2O分野の市場に積極的に乗り出す計画だ。特にモバイル病院検索アプリケーション「GooDoc(굿닥)」や病院用CRM専門企業「Weaver Soft(위버소프트)」など、その分野をリードする傘下スタートアップ間の相互協力関係を構築し、B2BとB2Cを網羅する全分野での競争力を確保する計画だ。

Open Medical は、現在 Yello O2O 傘下の企業に医療機器や専門医療機器商品を供給しており、今後、Yello Mobile 傘下のショッピング・プラットフォーム「Coocha(쿠차)」などにも人気商品を流通させ、傘下事業者間のシナジーを模索する計画だ。

Open Medical は、Yello Mobile に傘下入り前から、Yello O2O 傘下の Weaver Soft、GooDoc、Babitalk(바비톡)などとバナー広告の交換、共同仕入れなどで連携し、サイトの競争力向上と売上拡大を達成してきた。

Yello O2O 代表のチェ・テヨン(최태영)氏は、次のようにコメントしている。

今回の Open Medical の傘下入りにより、ヘルスケアO2O全分野にわたる総合的な競争力を強化した。今後、一般のお客様はもちろん、企業まで網羅するこの分野の代表企業として成長できるだろう。

Open Medical 代表のシン・ジェホ(신재호)氏は、次のようにコメントしている。

Yello Mobile のビジョンと事業の方向性に十分に共感し、家族になることを決めた。Yello O2O と力を合わせて今年の売上規模を前年比4倍以上の成長させる。

Open Medical は、現在の一般消費者向けのサービスを病院など企業ユーザーまで対応できるように運営体制の拡大を準備しており、中国、ベトナムなどアジア市場を中心に医療機器やマッサージ器などの輸出も本格化させている。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

韓国の目覚ましアプリ「AlarmMon」のMalangStudioが台湾進出を本格化

SHARE:

韓国のスタートアップ統括企業 Yello Mobile(옐로모바일) 傘下の Malang Studio(말랑스튜디오)は、台湾の有力モバイルキャリア Far EasTone(遠伝電信)のデジタルマーケティング子会社 Hiiir(時間軸科技)と合弁企業を設立し、台湾市場への進出に乗り出す。 <関連記事> ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイ…

hiiir-malang-studio_featuredimage

韓国のスタートアップ統括企業 Yello Mobile(옐로모바일) 傘下の Malang Studio(말랑스튜디오)は、台湾の有力モバイルキャリア Far EasTone(遠伝電信)のデジタルマーケティング子会社 Hiiir(時間軸科技)と合弁企業を設立し、台湾市場への進出に乗り出す。

<関連記事>

Malang Studio は21日、台北で Hiiir や台湾の有力広告会社、広告主、メディアが参加する中、合弁会社設立のための覚書、広告代理店契約、キャラクター使用ライセンス契約を締結したことを明らかにした。

今回の合弁会社設立は、Yello Mobile のメディア・コンテンツ・グループの海外進出を本格化させる上での布石として、Malang Studio と Yello Mobile が保有するモバイルアプリを台湾の現地合弁会社を通じて販売する計画だ。Malang Studio は3月までに、AlarmMon(알람몬)1kmMagicDay(매직데이)Dieter(다이어터)などのモバイルアプリを台湾でリリース、6月までに現地法人の設立を完了する。

この日、Malang Studio の代表を務めるキム・ヨンホ(김영호)氏は、次のように抱負を述べた。

Malang Studio は、Yello Mobile のモバイルメディア・コンテンツ・グループの海外進出成功に向けて努力している。その最初の試みとなる台湾への進出を皮切りに、今後、Malang Studio がアジアで事業を拡大していく姿に期待してほしい。

一方、Hiiir の代表である John Yeh(葉建漢)氏は次のようにコメントした。

Far EasTone グループが持つインフラとリソースを総動員し、Yello Mobile と Malang Studio のモバイルアプリの台湾進出を支援する計画だ。Yello Mobile のコンテンツと、我々の広告ソリューション Qbon(優惠牆)を組み合わせ、台湾のモバイル広告市場の1位の座を目指したい。

Malang Studio は昨年4月に Yello Mobile に合流、世界市場展開に拍車をかけている。世界市場での成果が認められ、「2014 大韓民国コンテンツ大賞」では、海外進出成功賞創業新人部門賞、文化体育観光部長官賞を受賞し、昨年10月には、中国で開催された「MARS互連網創新創業大賽」スタートアップ京津大会で1位を獲得、最終選考に選ばれ、決勝大会では「Best Creative 賞」を受賞している。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom