脳波を測定して快眠を促すヘッドフォン「Kokoon」、日本のオンキヨーも開発協力

SHARE:

Kokoon Egg Headphone

Kokoon Egg headphone」(以下、Kokoon)は、装着すると脳波を測定して最適な音楽を流し、入眠を促進してくれるBluetooth ヘッドフォンだ。開発を進めているのは、ロンドンのスタートアップ「KOKOON TECH」と深センのHAX。

先日、Kickstarterで目標10万ドルの資金調達のキャンペーンを開始したが、すでに80万ドルを超える額が集まる人気ぶりを見せている。

Kokoon

製品の名称に入っているEEGというのは、睡眠クリニックや病院で広く利用されている脳波を測定するセンサーのことだ。Kokoonはこれを搭載し、利用者の睡眠の状態をチェックする。チェックした結果に応じて、ヘッドフォンから快適に眠れる音楽を流すのだという。

Kokoon

記録した睡眠の状態はスマホアプリ(iOS/Android対応)からチェックすることもできる。

Kokoon

さらに、ノイズキャンセリング機能も搭載しており、車の中、飛行機の中など、場所を選ばず安眠をサポートする。

Kokoon

人間工学に基づいたデザインで、長時間装着しても蒸れたり圧迫感で不快になることもないという。装着したまま、寝返りをうつこともできるようだ。Bluetoothヘッドフォンなので、寝ている時にケーブルが頭に絡まる心配もない。イヤーパッドは、空気を循環させる仕組みや冷却ジェルで熱がこもらないようになっており、とことん快適に眠れる工夫がなされている。

Kokoon

音響技術については、日本の音響機器メーカーであるオンキヨーが開発協力を行っており、オーディオヘッドフォンとしての品質にも期待してよさそうだ。

一般発売の次期は不明だが、予定小売価格は319ドルと公表されている。現在開催中のKickstrterのキャンペーンでは、189ドルの支援で「Kokoon Egg headphone」を手に入れることができる。2016年2月の発送開始予定だ。ちなみに、脳波センサー等がついていないシンプルなBluetoothヘッドフォン「Kokoon Light」も合わせて用意されているので、お間違えのないように。

----------[AD]----------