米国や韓国で展開する社内向け匿名SNS「Blind」が日本に本格上陸ーーAmazonやNAVERなどが活用

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2015.8.10

社内向け匿名SNS「Blind」
社内向け匿名SNS「Blind」

さまざまなSNSが存在する中で、一昔前では考えられなかった「実名によるやり取り」や「顔写真の公開」などへの抵抗が低下しています。特に仕事でFacebookやTwitterを活用する場合、本来出会う機会がないような人と繫がったり、思わぬビジネスチャンスに繫がったりと、実名制のメリットを感じる人も少なくないでしょう。

一方で、実名で活用するが故にストレスが発生しうる人間関係に、職場や上司との関係が挙げられます。肩書きや役職といったステータスがまとわりつく現実。企業の規模が大きければ大きいほど、社員間や上司と部下の距離は広がり、もはや本音で話すことができない環境に頭を悩ます人も多いはず。

海外ではAmazonやNAVERも活用

そんな課題へのソリューションとして登場したのが、会社員向けSNS「Blind(ブラインド)」です。米国デラウェア州を拠点とするTeamblindは、8月17日から日本市場におけるBlindの本格ローンチを発表しました。

日本以外にも、主に米国と韓国の大企業を対象に展開するBlind。ユーザー登録には、勤務先の個人メールアドレスが必要で、各コミュニティに属していることが認証されたユーザーだけがアクセスできます。ユーザー認証をきちんと行いながら、ニックネームで利用できるため、入社年次、肩書きや建前といったしがらみを取り除き、気軽かつオープンなコミュニケーションが実現するとのこと。

そのFacebookページを見てみると、Blind上でAmazonのグループが作成されたことが投稿されていたり、また韓国では、NAVERやLG電子といった企業が活用しています。日本では、業界専用の「ラウンジ」の一つに、大手総合商社に勤める社員を対象とした「商社ラウンジ」が開設されています。

「発信者が判明することがない」という安心感

Blindが、Amazonのような巨大企業にも活用される訳は、ユーザーに「誰が何を投稿したのか」が絶対に判明することがないという安心感があるからだと話すTeamblind 日本代表のYoonさん。Blindでは、ユーザーの如何なる個人情報も保管しておらず、この安心できるユーザー体験の実現に開発リソースの大部分を費やしているとのこと。

「Blindは、既にアメリカおよび韓国でサービスを拡大しています。そのため、AmazonやGoogleなど特定企業はもちろんのこと、IT業界のグローバルラウンジなど、企業や業界におけるフラットなコミュニケーションをグローバルなスケールで展開していく予定です」

同様のサービスには、以前に取材したDeNA エンターテインメント事業部が手掛ける「Flat(フラット)」があります。先行して展開する日本発のサービスに対して、Blindがどのように差別化していくのか見守りたいと思います。

【追記】
8/10(月):Yoonさんのコメントを追加しました。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------