500 Startupsが3号ファンドを組成して8500万ドルを調達、ヤフージャパンや電通も参加

SHARE:
1059980314_52e5d1f6e1_z
Image Credit : Dave McClure – Ignite Seattle 4 / stewtopia

<ピックアップ>Dave McClure’s 500 Startups Closes Fund III With $85M

アジア圏や日本で開催されるテクノロジー系カンファレンス等で見ないことはない、ぐらい言ってもよいほどのアジア通・ベンチャーキャピタリストと言えばDave McClure氏の運営する500Startups(以下、500)です。その名の通り、500のスタートアップを作るという理念で2010年4月に設立され、現在は500社どころか1200社もの企業に出資、支援をする巨大アクセラレーターになっています。国内でも有名なTwilioや、国産パーソナルモビリティのWHILLなどが500出身企業として挙げられます。

そんな500が新しいファンドを組成しました。サイズは8500万ドルで、電通やヤフー(ジャパン)といった国内企業も参加。マレーシア政府が支援しているキャピタルも参加していることから、アジア重視な方針なのかなと思いつつ、特にそういう記述は見当たりませんでした。

さすがに今年中に350社から400社への投資を予定しているということですから、特別どこをという話ではなく、グローバル全体で優れた企業を支援する、ということになるのかもしれません。ちなみに今回のファンドは1億ドルを目標にファンドレイズしたようですが、結果的に目標には到達せず、Dave氏のコメントにもある通り非常に厳しい道のりだったようです。

via WSJ

----------[AD]----------