100億ドル評価、シェアリングスペース事業「WeWork」の売上拡大方法

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2015.9.7

7426611218_ab0025ae3c_z
Image Credit : WeWork SF / u-suke

<ピックアップ>WeWork, the $10 billion startup that rents space to other startups, wants to rent you a place to live

個人的に注目しているニューヨーク拠点のスタートアップ、WeWorkの収益状況がBusiness Insider(というか、The Informationのレポート)に出ておりましたのでメモ。

レンタルスペースおよびオンライン・ワーキングコミュニティを運営している同社がシリーズEとなるラウンドまでに集めた資金は9億6900万ドル。2010年2月創業で、直近のラウンドは今年の6月で約4億3400万ドルを集めています。評価額は100億ドル、いわゆるユニコーンですね。

現在サイトを確認すると16カ国で展開、4つの料金体系で、プランによって使えるスペースの占有時間が異なります。それ以外にもLinkedInのようなオンラインコミュニティも運営しており、いわゆるUberやAirbnbなどと同様のシェアリング/オンデマンド経済で伸びてきたスタートアップと言えます。米国で活動している友人の話によれば、とにかくオフィスリノベーションが素晴らしく、まあ、シンプルにいって彼らの提供するスペースがカッコイイんだとか。

ところでこちらのビジネスですが、新たにWeLiveという共同生活スペースの計画があるそうです。ワーキングスペースの次は生活スペースも提供、という具合ですね。

そのプレゼンテーション資料情報によると、2014年の同社の売上計画が7500万ドルに営業益が420万ドルで、ここから新事業により、2018年には売上を29億ドル、営業益を9億4200万ドルにジャンプアップさせるそうです。PLで鉛筆舐めるのはよくありますが、さすが創業5年でここまで成長させただけあって、伸び予測が半端ないです。

メディアとの相性も良さそうな共同スペース事業については、冒頭にも書いた通り興味あるテーマなので、引き続きウォッチしてまいります。

via Business Insider

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------