女性特化YouTuberプロダクションのスリーミニッツ、グローバル展開を見据えてガールズコンテンツを発信するオールブルーと業務提携

SHARE:

main

女性特化YouTuberプロダクションのスリーミニッツが、博報堂DYグループのオールブルーとガールズコンテンツを活用した関連ビジネスのメディア領域とPR領域で業務提携したと発表した。

女性を中心としたインスタグラマーやYoutuberのマネジメントやネットワークを構築し、さらにライフスタイル動画マガジン「MINE BY 3M」を運営しているスリーミニッツ。MINE BY 3Mは月間ユーザーリーチ数は3,000万人に到達し、さらに外部メディアとの連携を通じて連携先に最適化されたコンテンツを供給しようとしている。

提携先であるオールブルーは、日本のガールズポップカルチャーに関する情報を英語で発信する「TokyoGirls’Update」を運営。Facebookページが500万Likeを越えるなど、日本のカルチャーシーンをグローバルに発信しているメディアとなっており、訪日外国人向けの情報サイトとして音楽やファッション、食文化や観光などの領域の情報発信に力をいれている。

今回の提携によって、日本のカルチャーやトレンドを世界に発信するとともに、企業のインバウンドマーケティングに向けたマーケティングデータを活かす戦略をサポートしていく。また、スリーミニッツに所属するインフルエンサーやYoutuberなどとオールブルーのガールズアイドルやアーティスト、モデルなどが連携することで、国内外のPRやブランディングにも寄与していく。

MINE BY 3M

スリーミニッツといえば、先日の B Dash Camp 2015 Fall in Kyoto において発表したとおり、社外取締役に俳優でプロデューサーのマシ・オカ氏が就任するなど、グローバル展開に向けた体制づくりを行っており、今回の提携もまさにグローバルを見据えた提携であると同時に、本格的なグローバルコンテンツ制作に向けた一手であろう。

同時に、インバウンドによる訪日外国人をターゲットとしたビジネスとして、動画コンテンツ制作と発信での広告のみならず、MINE上でのソーシャルビデオコマースを実施するとも語っていたとおり、コマースを展開する上で国内のみならず海外展開があることによる広がりも可能性は大きい。コンテンツ制作、広告収益のためのパートナーとして、かつグローバル向けの情報を通じて、日本のカルチャーシーンの発信をより強化できることになるだろう。

こうした動きをみていくに、動画単体のみならずマネジメントやプロダクション機能、コマース機能、メディア事業など複数事業を展開していきながらビジネスをスケールさせていくモデルがみてとれる。女性Youtuberのミシェル氏も本人がセレクションしたアイテムが定期購読できるサービスを展開するなど、動画広告だけではない多角的な展開を見せている。

スマホによる動画コンテンツが活況を見せているなか、ビジネスモデル構築のための新たな一手となるか、注目していきたい。