クラウドマニュアル作成ツール「Teachme Biz」運営のスタディストが日本ベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタルから総額1億5千万円を資金調達

by Junya Mori Junya Mori on 2015.12.18

teachme biz

クラウド型マニュアル作成・共有ツール「Teachme Biz(ティーチミー・ビズ)」を提供するスタディストが、日本ベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタルから総額1億5千万円を資金調達した

今回調達した資金は、営業やサポート体制の増強、新機能の開発に加えて、海外展開も視野に入れた体制構築にあてる。スタディストは2015年4月に三菱東京UFJ銀行によるビジネスサポートプログラム「Rise Up Festa」にて優秀賞を受賞。今回の資金調達は、「Rise Up Festa」受賞企業への第一号投資案件となる。

「Teachme Biz」は、2013年9月にサービスを開始。以来、導入企業が順調に増加し、2015年12月現在、有償での導入社数は600社に達している。これは、前年同月の約10倍にあたる数字。「Teachme Biz」は今年大きく成長している。

「Teachme Biz」の有償での導入社数が600を超え、キャッシュを産み始めているスタディストが資金調達へと踏み切ったのは、サービスの性質が関係している。

業務ノウハウはお金に近いもの

鈴木氏「サービスの形は完成していて、すでにキャッシュも産み始めています。「Teachme Biz」は各社の効率を左右する情報である業務ノウハウを預かっているもので、私たちはお金に近いものを預かっていると思っています。そのため、ちゃんと安心して導入していただくために、資本金もしっかりとあること、ベンチャーでも信頼できる企業であることをアピールしなければいけないと考えました」

そうスタディスト代表取締役の鈴木悟史氏は語る。導入社数も増え、中には導入検討のためにスタディストのオフィスに視察に来る会社もいるという。スタディストにとって、会社としての信頼度を高めるために必要な資金調達だった。もちろん、調達の理由はそれだけではない。

鈴木氏「有償で利用していただいている600社をメンバー8人で対応している状態です。これまでは効率化を重ねることで対応してきましたが、そろそろ限界に近いため、体制の強化を行っていきます。また、スタディストでは今後、より幅広いニーズに対応するため、多言語対応等の新サービスも展開予定です。海外に出るための体力をちゃんとつけておきたい、そう考えての調達です」

さらに、「Teachme Biz」は社内マニュアルとしての使い方に加えて、サービスのオンラインヘルプとして用いられる事例も増えてきている。有償ユーザの約17%がオンラインヘルプとして同サービスを利用しているそうで、今後、違うサービスとして見せていくことも考えているそうだ。



モバイル端末、通信SIMカード、モバイルルーター一式をセットにした「ワンストップパッケージ」

main-1024x417

「Teachme Biz」は、同サービスのライセンスと合わせて、モバイル端末、通信SIMカード、モバイルルーターなどの一式をセットにした「ワンストップパッケージ」の提供も開始している。端末は、iPod touch、iPad mini 4、Surface3から選択、SIMカードはSORACOMのサービスを利用する。

「Teachme Biz」を導入する場合、企業は端末を新規に調達する必要があり、初期投資の負担が大きいことが課題となっていた。さらに、端末の設定を自社で行う、料金の支払がライセンス費用、通信料金、端末料金など複数に支払う必要があるなど、導入障壁があった。

「ワンストップパッケージ」では、利用料の1ヶ月分の初期設定費用と月々の月額3,980円~4,980円/台のランニングコストのみで、モバイル端末や通信SIMカードの初期設定が完了した状態で納品される。利用料金の支払いに関しても、一括での対応が可能となる。

「Teachme Biz」を導入したモバイル端末で他のクラウドサービスを利用することも可能なため、より多くのユーザがクラウドサービスを利用し始めるきっかけにもなりそうだ。さらに、スタディストは「ワンストップパッケージ」の提供に加えて、オフラインでの説明、体験機会も増やそうと考えている。

鈴木氏「『Teachme School』というのをやろうと思っています。実際にサービスの一通りのサイクルを体験できる場を作ろうかと。オフラインでサービスを体験してもらって、試してみてもらわないと信用しないという方も多いですから。訪問しての説明なども増やしていきたいですね」

と徹底的にサービスの導入障壁を下げていく考えだ。「Teachme Biz」は今後、飲食業や小売業、物流業へのサービス導入をさらに加速していく。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------